adsense
adsense
pickup

ライト級プロスペクトで12月14日にニューヨークにてIBF世界ライト級チャンピオンのリチャード・コミーと対戦することになった指名挑戦者のテオフィモ・ロペスさん。コミーの時代は終わると語っておりますな。

テオフィモさん試練の予感…リチャード・コミーvs.テオフィモ・ロペス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ロペスはホンジュラス系の元オリンピアン。強打を誇っておりますが前回の試合となった中谷正義戦では中谷の長いワンツーに苦戦して顔面を腫らしながらなんとか判定勝ちで勝ち抜いておりましたな。

そしてコミーはライト級最強のパワーを持つ強打者。なのでテオフィモにとっては最もタフなテストになると思いますがテオフィモがここで勝つようだとWBO.WBA.WBCチャンピオンのワシル・ロマチェンコとの試合も叶いそうですな。

"ついにまたマディソン・スクエア・ガーデンに戻ることができたね。俺はガーデンでいつも初めての世界タイトルを取りたいと思っていたんだ。この試合が俺に向けられてる多くの批判を黙らせる試合になるしリングでの俺のパフォーマンスをみんなが支持することになる。コミーのことはチャンピオンとしてリスペクトしてるけど俺たちがリングに上がればあいつは終わりになる。試合の当日に俺が正式にライト級を牛耳ることになるよ。"

ロマチェンコに勝ってからやろ笑笑。

傲岸不遜なホンジュラスのニューヨーカー!テオフィモ・ロペス!

続いてアイルランドのアマチュアとして13回ナショナルチャンピオンになったパディ・ドノバンさん。今年プロに転向しておりウェルター級で試合をしておりますがトレーナーにはアンディ・リーを迎えており10月11日にロンドンでプロデビューするそうで、ボブ・アラムさんが太鼓判を押しています。

ドノバンはサウスポーでアンディ・リーもサウスポーの元WBO世界ミドル級王者。右フックのカウンターを主武器とするアイリッシュで元オリンピアンのリーをトレーナーにしてるんですね笑笑。

リーは選手として同じくトップアマのマット・コロボフを下してWBOタイトル決定戦に勝利しビリー・ジョー・サンダースに負けて陥落して再起戦を挟んで引退しましたな。キャリアの中では当時無敗のマット・コロボフを下しておりピーター・キーリンとも激闘の末引き分けております。以下は本人のコメントです。

”アラムのような伝説的な人からこのような言葉を聞けて嬉しいね。スポットライトに当てられてうれしいしみんなにいい試合を見せないとならないよ。俺はいつか複数階級制覇王者になれると信じてる。今はナーバスではないし試合前にはナーバスになるんだろうけどキャリアを始めるために必要なことだよ。”

プロで始めてやるのは怖い。。。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

これは激戦になると思うぞ…ファン・フランシスコ・エストラーダvs.デウェイン・ビーモン予想

adsense
おすすめの記事