adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2011年オクラホマで行われたライトヘビー級ノンタイトルマッチ10回戦。

アイザック・チレンバvs.マキシム・ブラソフの一戦です!

スミスを止めれないだろ…ジョー・スミス・ジュニアvs.マキシム・ブラソフ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はチレンバのアメリカでの試合。IBOのスーパーミドル級タイトルを保持していたチレンバはマラウイのコンテンダー。とてもディフェンスが優れているタイプでするすると回るアウトボクサーですな。

ブラソフはここまで無敗のロシアのコンテンダー。ロシアのサマラを主戦場としているコンテンダーですがチレンバほどの相手との試合の経験はなく、WBCアジアのタイトルを獲得しておりますな。

そしてこの試合は開始から前にくるブラソフにチレンバがワンツーとジャブを駆使してアウトボクシング!そしてひょいひょい逃げ回ってブラソフは8ラウンドに2度ダウンさせたものの追撃をかわされて激戦の末にチレンバが判定を手にしました!

それではこの試合を振り返ります!

コバレフさんディフェンスマスターに手こずる…セルゲイ・コバレフvs.アイザック・チレンバ

試合経過

1ラウンド

ブラソフは開始から前に出てプレッシャーをかける。

そして左ガードをだらりと下げてきて自信満々。

チレンバはワンツーを打ち込んでジャブをボディに打つ。

ブラソフはボディを打ち込んでジリジリと前に来る。

しかしチレンバはジャブをダブルで当てて動き出しを狙う。

2ラウンド

チレンバはジャブをコツコツ打ち込んでくる。

そして間合いをとってロングのジャブをコネクト!

ブラソフは頭を振って前に来て組みついてくる。

チレンバはショートのアッパーを打ち込んでセレクトがいい。

そしてジャブを伸ばしてきてサイドへと回っていく。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

チレンバはワンツーを打ち込んでジャブを打ち込む。

そしてワンツーからのフックをガードに当ててくる。

さらに右アッパーを打ち込んでワンツーを伸ばす。

チレンバは左フックをガードに当てて手数を出す。

そして打ち終わりに組みついてきてスペースを与えない。

ロシアのクラッシャー!セルゲイ・コバレフ!

4ラウンド

ブラソフはプレッシャーをかけてきてフックを打ち込む。

しかしホールドされてしまい、チレンバがとてもうまい。

チレンバは遠い間合いからワンツーをボディに打ち込む。

そしてフックを打ち込んできて長いジャブをヒット!

ブラソフはインサイドでアッパーをねじ込んでくる。

5ラウンド

ブラソフはワンツーをいきなり打ち込んで先制攻撃!

そしてサイドに回ってアングルを変えようとしてくる。

チレンバはホールドしてまともに打ち合わない。

そして右ボディを打ち込んできてワンツーをガードに当てる。

そしてサイドに回ってブラソフをコントロール。

6ラウンド

チレンバは右アッパーを打ち込んでショートでガードに当てる。

そして組みつかれてもボディをコツンと返してくる。

ブラソフは組みついてきてフックをそのままねじ込む!

ブラソフはプレッシャーをかけて前に出てくる。

チレンバは間合いをとって出てきたところにジャブを当てる。

平坦な12ラウンド…ドミトリー・ビボルvs.アイザック・チレンバ

7ラウンド

ブラソフは前に出てきて強引にフックを狙う。

チレンバは出てきたところにワンツーを振り抜いてくる。

そして下がって打ち終わりに左フックを伸ばす。

ブラソフは組みついてきてそのまま押し込もうとする。

チレンバは左右フックをガードの上から当ててくる。

8ラウンド

チレンバはジャブを伸ばしてそのままサイドへ。

しかしブラソフは追いかけて右クロスをヒット!チレンバはダウン!

チレンバはクリンチきてかなり効いているが右を返す。

そして左フックを返すが打ち終わりにフックを浴びてまたもダウン!

チレンバはクリンチしてきてなんとかこのラウンドをやり過ごす。

これが王者とそうでない者の差なのかな…クリシュトフ・グロワッキvs.マクシム・ブラソフ

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

チレンバは左右フックを返してすぐにサイドへと回る。

そしてワンツーを打ち込んで動き出しを狙ってくる。

ブラソフは強引に前に出てきて押し込みにくる。

チレンバは組みついてきて右をガードに打ち込む。

そしてサイドへと回ってジャブを動き出しに狙ってくる。

10ラウンド

ブラソフは前に出てきて左フックを打ち込んでくる。

そしてクロスをねじ込んで多少打たれても止まらない。

チレンバは右を伸ばしてより正確にパンチを当ててくる!

さらに出てきたところに払うようにワンツーを打つ。

そして左フックをガードに打ち込んでクリンチ。

判定は96-92が2人、95-94が1人の3-0でチレンバ!

ちなみに僕は95-93でチレンバでした!

ラミレスの回転は素晴らしい…ヒルベルト・ラミレスvs.マキシム・ブラソフ

所感

マラウイやるねぇ…

デッドヒートでしたね。チレンバがダウンした後も大崩れせずに乗り越えた試合かなと思います。ブラソフも決して悪くはなかったけどね。

ただもう少し強引に仕留めに行っても良かったね。てゆーかそうしないと勝てなかったろうし、リベンジしてるけどこの試合はもったいなかったな。

2人とも今でも世界を狙える位置にいるしこの試合が10年ほど前って感慨深いな。コンテンダー同士の試合は上を目指す同士でなかなか熱いよね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

全弾フルスイングの闘牛!ジョー・スミス・ジュニア!

adsense
おすすめの記事