adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2012年ラスベガスで行われたWBC世界ミドル級タイトルマッチ

王者フリオ・セサール・チャベス・ジュニアvs.ダイヤモンド王者セルヒオ・マルティネスの一戦です!

レイザーボディか…セルヒオ・マルティネスvs.サウル・ローマン

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はチャベスの4度目の防衛戦。メキシカンの伝説のチャンピオンであるフリオ・セサール・チャベスの息子さんのチャベスは質量のあるフィジカルが武器。真のチャンピオンとされるマルティネスを迎えましたな。

マルティネスは元スーパーウェルター級チャンピオンでもある2階級制覇チャンピオンでミドル級最強の男。チャベスのことを毛嫌いしており、試合前からバットでも持ってこいと挑発しておりましたな。

そしてこの試合は開始からマルティネスがワンツーとジャブを駆使してアウトボクシング!圧倒的にリードを広げていくもののチャベスは耐えて12ラウンドにフックでダウンさせる展開に!しかしマルティネスはふらつきながらも耐えて打ち返して判定勝ちを勝ち取りました!

それではこの試合を振り返ります!

チャベスの全盛期…セバスチャン・ズビクvs.フリオ・セサール・チャベス・ジュニア

試合経過

1ラウンド

サウスポーのマルティネスは開始からアグレッシブにワンツーを打つ。

そして前に出てきてチャベスはがっちりとガードを固める。

マルティネスのハンドスピードは速く、ジャブを打つ。

そして左ストレートを飛ばしてきて間合いを取る。

チャベスは近づくとパンチが飛んできてなかなか詰められない。

2ラウンド

マルティネスはジャブをコツコツついてガードに当てる。

そして左右フックをガードに当ててサイドに回る!

チャベスは笑っているがスピードにはかなりの差がある。

チャベスは左右ボディを打ち込んで押し込みに来る。

マルティネスもボディで応戦してガードを下げる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

マルティネスはジャブをボディについてだらりとガードを下げる。

そして下がって出てくるところにアッパーを合わせる。

そしてフックを打ち込んでサイドへと回っていく。

チャベスはついていけずに、ジャブを打つと左をもらう。

マルティネスはワンツーを打ち込んですぐに下がる。

マージーサイドの不屈のチャレンジャー!マーティン・マレー!

4ラウンド

マルティネスはワンツーを打ち込んでガードに当てる。

そしてどんどん手数を出してきてスピードを見せる。

チャベスはフックを打ち込んでインサイドに来る。

そして頭をつけて来るとフックをショートで打ち込む。

マルティネスは軽くワンツーを打ち込んで上下に打ち分ける!

5ラウンド

マルティネスはジャブをボディに当てて前に出て来る。

そしてワンツーをねじ込んできてガードの上に当てる。

チャベスはしっかりとガードするものの回転力にも差がある。

マルティネスはサイドに回ってワンツーをボディへ。

そして顔面にジャブを返してパチンと弾いて来る!

6ラウンド

マルティネスはガードを下げてサイドへと回る。

そしてジャブをコツコツついて頭をつけて来る。

チャベスはガンガン前に出て来るが捉えられない。

マルティネスは絶えずサイドに回ってチャベスはフックを返す。

そしてボディを打つがマルティネスはジャブを返す。

ドラ息子勝ちを拾う…フリオ・セサール・チャベス・ジュニアvs.ブライアン・ベラ1

7ラウンド

マルティネスはジャブをボディに当てて前に来る。

そしてアウトボクシングしながら下がらせて理想的な展開。

チャベスはガードを固めて下がってタジタジになる。

マルティネスは左右ボディを打ち込んでパンチのセレクトが上手い!

そしてワンツーを打ち込んできて大きく間合いを取る。

8ラウンド

マルティネスはフェイントをかけてボディにジャブを出す。

そしてジャブをボディについてすぐに下がっていく。

チャベスはほとんどついていけず、ワンサイドになる。

マルティネスは少し左目尻をカットするが問題なさそう。

マルティネスは淡々とパンチを出してポイントを取る。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

マルティネスはワンツーをボディに打ち込んでくる。

そしてサイドに回って左ストレートをガードに当てる。

さらに左ストレートからの右フックを打ち込む!

マルティネスはボディを差し込んですぐにサイドへ。

そしてジャブをついてきてクロス気味に当ててくる。

チャベス父伝説を成す…フリオ・セサール・チャベスvs.メルドリック・テイラー1

10ラウンド

チャベスはガードを固めてプレッシャーを強めてくる。

しかしマルティネスはガードの上にワンツーを当てる。

そして間合いを取り、マルティネスにとっては簡単な試合。

マルティネスは左のリードを当ててすぐにサイドへ。

そして動き回ってとにかく的を絞らせてくれない。

11ラウンド

マルティネスはジャブをコツコツ出して顔を弾く。

そして下がってフットワークを絶えず使って来る。

チャベスはよく絶えているがあまりにも被弾が多い。

マルティネスはワンツーをガードに当ててボディにも打つ。

そして出てきたところにジャブを打ち込んでくる。

12ラウンド

チャベスはガードを固めてジリジリ間合いを詰める。

マルティネスはジャブを突いてすぐに間合いを取る。

そして左のリードを当ててサイドへと回っていく。

しかしチャベスは右のロングフックを当ててマルティネスはふらつく!

チャベスはガンガン前に出てきて左フックを当てると追撃でマルティネスはダウン!

大盛り上がりとなるアリーナだがマルティネスは立ち上がって打ち返す。

マルティネスはフラつきながらも打ち返して左ストレートを打ち込む。

判定は118-109が2人、117-110が1人の3-0でマルティネス!

ちなみに僕は118-109でマルティネスでした!

哀しみのマルティネス。膝がダメだったな…セルヒオ・マルティネスvs.ミゲール・コット

所感

最後のダウンは痺れたで…

マルティネスが圧勝してるんですけど、最後のダウンは良かったね。あのダウンはチャベス・シニアとテイラーの試合を思い出してしまったわ。

でもこの後チャベスはマリファナで陽性になってるんだよな。2人の道は交錯することはなかったし、この試合が2人の全盛期と言えるかも。

にしてもマルティネス強いね。フットワークがアラフォーとは思えないしハンドスピードもすごかった。この後急に衰えるけどこの試合は最高だったね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

伝説の続きのドラ息子!フリオ・セサール・チャベス・ジュニア!

adsense
おすすめの記事