adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2013年フロリダで行われたスーパーウェルター級ノンタイトルマッチ10回戦

ジャーメル・チャーロVSホセ・アンヘル・ロドリゲスの一戦です!

この頃はまだつけ込めたな…ジャーメル・チャーロvs.チャーリー太田

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はチャーロのコンテンダーとしての試合。ここまで無敗のチャーロは双子として有名な弟の方。テクニシャンとして知られており、ノックアウト率は高くないですが硬質なパンチは威力がありますな。

ロドリゲスはニューヨークのサウスポーでシルバーボーイのニックネームを持つコンテンダー。17勝のうちノックアウトは2度だけとかなり独特なレコードで元IBF北アメリカチャンピオンですな。

そしてこの試合は開始からロドリゲスが前に出てきてチャーロのスペースを奪ってきてやりにくい試合を強いる展開に!チャーロはジャブで対抗して苦戦したものの10ラウンドにアッパーをかましてロープダウンさせると追撃で一気にストップしました!

それではこの試合を振り返ります!

ジャブでボディKOかよ…ジャーメル・チャーロvs.ジェイソン・ロサリオ

試合経過

1ラウンド

チャーロはジャブをコツコツついてサイドへと回る。

そしてガードを固めてきてなかなかスタイリッシュ。

ロドリゲスはサウスポーでワンツーをボディへ。

チャーロはワンツーからの左フックをガードの外から当ててロドリゲスはふらつく!

ロドリゲスは組みついてきてジャブをコツコツ伸ばす。

2ラウンド

ロドリゲスは手数を出してきてジャブをガードに当てる。

しかし見るからにパワーがなく、あまり怖さはない。

チャーロはジャブをコツコツ打ち込んで上下に散らす。

そしてサイドに回ってくるが左ストレートをもらう。

ロドリゲスはワンツーを打ち込んでそのままホールド。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ロドリゲスはワンツーを打ち込んでそのままホールド。

そしてフックを打ち込んできてチャーロはワンツーを打ち下ろす。

チャーロはスペースをもらえずなかなかやりにくい。

ロドリゲスはアグレッシブに来て左リードを打つ。

しかしチャーロもワンツーを返してきて下がる。

ブエノスアイレスのエル・ボクシ!ブライアン・カスターノ!

4ラウンド

チャーロは出てきたところにジャブを合わせる。

そしてワンツーを打ち下ろしてきてそのままホールド。

ロドリゲスは左のリードを軸に前に出てきてくみつく。

チャーロはワンツーをガードの上に当ててロドリゲスを止める!

しかしロドリゲスもアッパーをねじ込んでやりにくい。

5ラウンド

チャーロはジャブをコツコツ当ててサイドに回る。

ロドリゲスはジリジリ出てきて左右フックをねじ込む。

そしてプレッシャーをかけてきてチャーロはジャブを返す。

ロドリゲスはワンツーを伸ばしてチャーロは外す。

チャーロは押し込まれてもワンツーを返してパンチは鋭い。

6ラウンド

チャーロは前に来られるとホールドしてやり過ごす。

そしてボディと打ち下ろしを当ててコーナーに押し込む!

ロドリゲスはワンツーを打ち込んできて前に来る。

そしてフックを振り抜いてきて組みついてもボディをねじ込む。

チャーロはジャブをついてきてすぐにサイドへ回る。

よっしゃ。3試合目もやろう!トニー・ハリソンvs.ジャーメル・チャーロ2

7ラウンド

チャーロはジャブをボディに当ててきてすぐにサイドへ。

そしてロングのジャブを当ててきて顔を弾いてくる!

さらにワンツーを突き刺してきてロドリゲスはフックを返す。

ロドリゲスはワンツーを打ち込んでボディを狙う。

チャーロは鋭い目つきで前に来てカウンターのジャブを狙う。

8ラウンド

チャーロはワンツーを打ち下ろしてきてすぐに下がる。

ロドリゲスはボディをねじ込んできてインサイドに来る。

そしてインサイドでフックを打ち込んで頭から突っ込む。

チャーロはワンツーを打ち込んでパンチはとても速い。

そしてジャブをコツコツ当ててきてすぐに下がる。

なんじゃこのパンチ!? ジャーメル・チャーロvs.エリクソン・ルビン

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

チャーロはコツコツジャブをついてきてガードを上げる。

ロドリゲスはフックからのボディを打ち込んで前に来る。

チャーロはジャブとワンツーを返して下がっていく。

ロドリゲスは左のリードで思いっきり飛び込んでくる。

そして頭をつけてきてインサイドに入ろうとしてくる。

10ラウンド

チャーロはワンツーをガードに打ち込んで間合いを取る。

そして右ストレートからの左アッパーをクリーンヒット!

さらに右ストレートからのコンビネーションでロドリゲスはロープダウン!

チャーロは出てくるところにジャブを合わせてくる。

さらにロープに追い込んで左ボディを打ち込むとロドリゲスはフラフラ。

さらに右アッパーをねじ込むとストップとなりました!

鉄人男が殺人級パンチ…ジャーメル・チャーロvs.チャールズ・ハットリー

所感

フィニッシュはすごいね。

チャーロの場合は少し試合がもどかしくなりがちなんだけどその時代は特にそうやね。決定的なシーンが来るまではあまり波がない試合になるんだよな。

最近ではそのような傾向は無くなってきて爆発力がかなり強まっている。今回の試合でも10ラウンドに見せた切れ味のあるカウンターが全てを決めたよね。

やはりこのブラザーズは見栄えが良い勝ち方をするから人気も出るな。バッドボーイであることは間違い無いけどそこも含めてカリスマティックや。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

褐色のツイン爆撃機…ジャーメル・チャーロ!

adsense
おすすめの記事