adsense
adsense
pickup

WBC世界ミドル級チャンピオンのジャーモル・チャーロさん。自身の上に位置するチャンピオンにフランチャイズチャンピオンのカネロ・アルバレスがおりますがカネロがフランチャイズチャンピオンに認定されたことは自分には関係ないことだと話しておりますな。

体格差が気になるなぁ・・・ジャーモル・チャーロvs.デニス・ホーガン予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

チャーロは今週末にニューヨークのバークレイズ・センターにてデニス・ホーガンとの防衛戦を控えておりますな。

WBCのフランチャイズチャンピオンとはかなりおかしな制度で、複数階級にわたるチャンピオンであるカネロはスーパーミドル級やライトヘビー級のタイトルマッチでもこのベルトがかけられるものの負けたとしても勝った方はフランチャイズチャンピオンになれるわけではないと言う意味がわからないチャンピオンですな。

"リアルなボクシングファンなら俺にはそれはどうしようもないことだと知ってるよね。WBCには自分たちで作り上げたルールがある。彼らはそのことを長年やってきてるんだ。俺たちはカネロがフランチャイズチャンピオンになったことに対しては関係がなかったよ。カネロがフランチャイズチャンピオンになって俺が正規チャンピオンになったのは金を得られない宝くじに当たったような気分だな。ベルトってのはただのトロフィーだ。俺のレガシーこそがベルトよりも意味のあるものだ。ボクシングを知ってる人なら理解してくれる。わからない人でも後からわかるようになるさ。"

チャーロも不遇やな。

ヒューストンの剛腕ヒットマン…ジャーモル・チャーロ!!

続いて元IBF世界ヘビー級王者のチャールズ・マーティンさん。12月のアンソニー・ジョシュアとのリマッチに臨むアンディ・ルイスに触発されてまた世界タイトルを取り戻したいと話しております。

マーティンはかつてIBFタイトルを獲得したものの初防衛戦で英国期待のロンドンオリンピック金メダリストのアンソニー・ジョシュアに2ラウンドでKOされて王座陥落しておりましたな。サウスポーの強打者ということでヘビーではめずらしいサウスポーのチャンピオンです。

ジョシュアはそのあとウラジミール・クリチコに勝利してWBAタイトルを吸収、さらにはWBO王者のジョセフ・パーカーを下してWBOタイトルも獲得しましたが今年の6月にアンディ・ルイスにまさかのKO負けを喫して初黒星。リマッチが確実視されておりますが打たれ弱さが取りざたされておりますな。

"俺たちはルイスと一緒に毎日汗と涙を流してきたんだ。俺がツータイムチャンピオンになるのは俺の義務だと思っているよ。そしてそれは真実なんだよ。1夜にして俺たちはキングになれる。人生が変わるんだ。この世界ではストロングに行きないといけない。強く歩いてストロングに生きないとね。毎朝鏡で確認してるよ。"

マーティンさんパワーだけやからなぁ。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ホワイトさんしれっと復帰…ディリアン・ホワイトVSマリウシュ・ワフ予想

adsense
おすすめの記事