adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年9月26日にコネチカット州で行われたWBC.WBA.IBF世界スーパーウェルター級王座統一戦

WBC王者ジャーメル・チャーロvs.WBA.IBF王者ジェイソン・ロサリオの一戦です!!

目が離せない試合になるぞ…ジャーメル・チャーロvs.ジェイソン・ロサリオ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はチャーロの初防衛戦。チャーロはツータイムチャンピオンで双子チャンピオン。破壊的なハードパンチャーでカウンターを得意としており、トニー・ハリソンをリマッチでノックアウトしましたな。

ロサリオはドミニカのハードパンチャーでこれが初防衛戦。今年の1月にフィラデルフィアにてジュリアン・ウィリアムスをまさかのノックアウトで下してタイトルを獲得。大きなチャンスを掴みましたな。

そしてこの試合は開始からチャーロがダウンさせるなどアグレッシブにくるもののロサリオも前に出てボディを軸に反撃。しかし6ラウンドにカウンターを浴びてダウンすると8ラウンド開始早々にジャブをボディに受けてダウン!立ち上がれず、チャーロが統一チャンピオンとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

ロサリオさんウィリアムスにまさかの圧勝…ジュリアン・ウィリアムスvs.ジェイソン・ロサリオ

試合経過

1ラウンド

チャーロはジャブをついてロサリオはガッチリガードを固める。

そしてチャーロはいきなりの右スイングを出して詰めてくると左フックをテンプルにヒット!ロサリオはサイドに流れてバランスを崩したロサリオに右を打ち下ろしてロサリオはダウン!

ロサリオにはダメージはなく、チャーロも深追いしない。

ロサリオは前に出てきて左右ボディを打ち込んでくる。

チャーロは左右フックを出してきて自信満々で試合を進める。

2ラウンド

チャーロはガードの上からワンツーを打ち込む。

そして前に来られるとクリンチしてジャブをコネクト。

さらにボディを打ち込んでここまではワンサイド。

ロサリオは飛び込んできてワンツーを打ち込んでくる。

チャーロはタイトにガードしてロングレンジをキープ。

ドミニカの破壊者!ジェイソン・ロサリオ!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ロサリオはジャブをついてきてのしのし前に来る。

そして射程圏内に入るとみるからに重い右を放つ。

チャーロは打ち終わりに左フックをかえしてパンチが鋭い。

ロサリオはプレッシャーをかけてきてアグレッシブ。

そして間合いを詰めると左右ボディを打ち込んでくる。

4ラウンド

チャーロは右クロスからの左スイングを放つ。

そしてガードに右を当ててロサリオもボディを返す。

チャーロは出てくるところに綺麗にジャブを合わせる!

ロサリオはジャブをついてきてなかなか食い下がっている。

チャーロは左フックをカウンターして下がりながらの試合となる。

鉄人男が殺人級パンチ…ジャーメル・チャーロvs.チャールズ・ハットリー

5ラウンド

ロサリオは前に出てくると相討ちのタイミングでジャブを打つ。

そしてプレッシャーをかけてきてチャーロは手数が少ない。

チャーロはスペースがなかなかなくて打ちにくい。

ロサリオはガードの上からでもコンビネーションのフックを打つ。

そして動き出しにジャブを打つがチャーロが右クロスをお返し!

6ラウンド

ロサリオは出てきてプレッシャーをかけてくる。

チャーロはガードの上にジャブをついてサイドに回る。

しかしロサリオはなかなかガードも高くてチャーロは苦戦。

ロサリオは間合いを詰めるとコンビネーションを思い切って打つ。

チャーロはクリンチで封じてカウンターを狙う。

そして終了間際にチャーロがジャブに合わせるカウンターの左フックを当てて追撃の右を当てるとロサリオはふらついてダウン!これは効いた!

ロサリオさん接近戦あかんね…ジェイソン・ロサリオvs.ホルヘ・コタ

7ラウンド

ロサリオはまだダメージがあるものの前に来る。

チャーロは下がって一撃のワンパンチを狙っている。

そしてボディを差し込んで右ストレートをコネクトする。

ロサリオは組みつかれても右フックをねじ込む。

チャーロは右ボディを当ててフットワークを使う。

8ラウンド

開始早々ガードを固めてきたロサリオにチャーロはジャブを上下にヒット!

そしてボディへのジャブがまともにストマックに入るとロサリオは背中からダウン!息ができない様子で立ち上がれずノックアウトとなりました!

なんじゃこのパンチ!? ジャーメル・チャーロvs.エリクソン・ルビン

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

所感

ボディをジャブでKOは初めて見たわ…

これは新鮮でしたね。まぁそれまでもかなり良いボディもらってたし、折れかけてた肋骨が折れてしまったとかそんな感じなんだろうなとは思うけども。

ロサリオは全然悪くなかったし、個人的な採点ではトントンだった。チャーロもかなりやりにくそうだったし、統一チャンピオンの名に恥じない試合だったな。

チャーロはこれで名実ともにスーパーウェルター級最強。残るのはララとテイシェイラだけどその前にルビンだな。ルビンを蹴散らすようならもう手がつけられないわ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

褐色のツイン爆撃機…ジャーメル・チャーロ!

adsense
おすすめの記事