adsense
adsense
pickup

WBA.WBC世界スーパーミドル級チャンピオンのカネロ・アルバレスさん。今週末に指名挑戦者のアブニ・イルディリムとの試合を控えておりボクシングは階級につき、1人のチャンピオンになるべきだと話しておりますな。

カネロさんならチョチョイのちょいやろ…カネロ・アルバレスvs.アブニ・イルディリム予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カネロはスーパーミドル級統一を目指しており、昨年末に無敗のカラム・スミスをワンサイドで下してWBA.WBCタイトルを獲得。5月にはWBOチャンピオンで無敗のビリー・ジョー・サンダース、今年の後半にはIBFチャンピオンのカレブ・プラントを倒して正真正銘のチャンピオンになることをゴールとしてましたな。

"団体があることには理由があるんだよ。ボクサーは結局のところみんな世界チャンピオンを目指してるんだ。みんなが世界タイトルを狙ってきてるよ。みんな世界タイトルのベルトを巻きたいんだよ。みんな不満はあるけど世界タイトルを狙ってる。だったらそれを作り出す政治的なことはあり得るよね。そのことについては俺は特に意見はないな。暫定王座とか色々あるけどあのようなものは取り除かれるべきものだと思うよ。一つの階級につき1人の世界チャンピオンであるべきだ。俺たちはそのことに時間をかけて取り組まないとね。"

カネロの政治力ならそれも簡単にできてしまいそう。

メキシコのドル箱スター…カネロ・アルバレス!!

続いてクルーザー級プロスペクトのリッチー・リベラさん。オーランドにてカムバックしてくることをアナウンスしておりますな

クルーザー級は昨年大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰して負けてまた引退。4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの決勝でユニエル・ドルティコスを下したブリエディスが戴冠。WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。

"俺は全てのものを取りに行く。オーランドではランニングも楽だし違ったアニマルになれているね。ハートフォードでは思うようにトレーニングできなかったんだ。もちろんランニングのクオリティとかは違うけどね。ソリッドなスパーリングができているし家族を残してオーランドに来るのはタフだったけど価値があったね"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

グロワッキはリスキーやな…ローレンス・オコリーvs.クリシュトフ・グロワッキ予想

adsense
おすすめの記事