adsense
adsense
pickup

WBC世界ヘビー級暫定チャンピオンでイングランドの強豪であるディリアン・ホワイトさん。次戦は8月にアメリカでコンテンダーのジャーメイン・フランクリンとの試合をやることで話が進んでるそうですな。

熱いリベンジや…アレクサンドル・ポベトキンvs.ディリアン・ホワイト2

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ホワイトはボディスナッチャーのニックネームを持つしつこいボクサーでデオンテイ・ワイルダーへのチャレンジを3年間ほど待っていた健気な選手。昨年アレクサンドル・ポベトキンにまさかのノックアウト負けを喫してしまったもののリマッチではノックアウトしており、他に負けた試合はロンドンオリンピック金メダリストでWBA.WBO.IBFチャンピオンのアンソニー・ジョシュアのみですな。以下はフランクリンのコメントです。

"ホワイトはパンチを打つ時にとてもオープンになるよね。だから彼は2度も負けてしまってるんだよ。ポベトキンは彼のことをアッパーで捕まえていた。あのパンチはパンチャーからもらうにはあまりにもハードなパンチだよ。時に彼は確かなパンチを確かなファイターからもらってるね。彼は時に良いパンチを受けて耐えてるからガラスの顎とは言わないよ。でも良いタイミングで良いパンチを貰えばダメージは与えられるね。"

ホワイトさんついに参戦か。

抉りまくるボディ・スナッチャー!ディリアン・ホワイト!

続いてスーパーライト級プロスペクトのマイケル・ダッチオーバーさん。イバン・ベニテスとの試合をアナウンスしておりますな。スーパーライト級WBO.WBC統一王者にかつてはホセ・ラミレスが君臨。IBF王者のジョシュ・テイラーとWBA王者のレジス・プログレイスの2人はWBSSトーナメントの決勝で激突してテイラーが僅差判定勝ちで王座統一。この3人は全員無敗でWBAレギュラー王座決定戦にはマリオ・バリオスとバトイー・アクメドフの試合が昨年に行われておりバリオスが何とか判定勝ち。バリオスはライアン・カールをストップしており、アクメドフともまたやりそうですな。ちなみにラミレスさんはその後ジョシュ・テイラーの前に判定負けで陥落。WBO指名挑戦者のジャック・カタオールが控えてる感じですね。ちなみにWBA暫定にはプエジョがおります。以下はプロモーターのコメントです。

"ダッチオーバーはグレートな試合に身を置くことになるよ。メインイベントだけではなくて全てのアンダーカードがグレートな試合になるね。また印象的なパフォーマンスをすることになるだろう。グレートなアクションファイトになるね。"

なかなかやるやないかいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

無難に3階級制覇かな…マリオ・バリオスvs.ガーボンタ・デービス予想

adsense
おすすめの記事