adsense
adsense
pickup

先日ドバイにて判定勝ちを収めていた無敗のスーパーライト級コンテンダーのジャック・カタオールさん。WBOスーパーライト級指名挑戦者として認定されており、WBC.WBOスーパーライト級統一チャンピオンで無敗のホセ・ラミレスの指名挑戦者となりましたな。

ラミレスさん快進撃の予感…ホセ・ラミレスvs.ジャック・カタオール予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ラミレスは2月1日に中国にてWBC指名挑戦者のビクトール・ポストルとの指名戦が決まっております。なのでカタオールはこの試合の勝者との試合が次で義務付けられることになりますな。試合を挟むのかどうするのかは決めないといけないな。

"このニュースを聞いてとても嬉しく思ってるし、長い間の夢の世界チャンピオンになる夢を叶えられるチャンスをもらえて嬉しく思ってる。俺はポストルとラミレスの2人をリスペクトしてるからどちらが勝ってきても問題はないよ。でも同時に俺はどちらとやることになっても自信があるね。何人かのファイターは自分の立場のことをフェアではないと話してるよね。でも俺はそんなことは言わないし、今ここでこのような決定をしてもらえたことを嬉しく思ってる。俺はハードな道のりでこのチャンスを掴んでるんだ。子供の頃からこのチャンスに向けて準備をしてきたよ。"

ラミレスとポストルの試合の後はテイラーがいいな笑笑。

カリフォルニアの左フッカー!ホセ・ラミレス!

続いて11月30日のモナコのカードにてエンリケ・ティノコと拳を交えるライト級コンテンダーのジョー・コルディナさん。リオデジャネイロオリンピック代表のイギリス人は観客を喜ばせることではなく、自分の仕事を完遂すると話しておりますな。

ライト級はWBC.WBO.WBA統一王者にワシル・ロマチェンコが君臨。フェザー級、スーパーフェザー級、ライト級を制してきたサウスポーはプロデビューから1試合を除いて全ての試合が世界タイトルマッチの通常では考えられないようキャリアを歩んでおりますがライト級で残しているベルトはリチャード・コミーの持つIBFの赤のベルトのみですな。

コミーのベルトは12月に指名挑戦者のテオフィモ・ロペスとニューヨークにて争われることになっている感じなので勝った方がロマチェンコとやる感じですな。ちなみにWBCはデビン・ヘイニーが君臨してます。

"彼はジルのことをストップしてるし、ヘイニーとも試合をしてるよね。でも俺は全く違うファイターだよ。彼が試合をしてきた相手と全く違ったレベルだとは言わないけど俺の方がハイレベルだよ。俺はオリンピックで試合をしていたし、多くのトーナメントで多くの対戦相手と対戦してきたよ。"

ティノコはなかなか怖い。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

テオフィモさん試練の予感…リチャード・コミーvs.テオフィモ・ロペス予想

adsense
おすすめの記事