adsense
adsense
pickup

WBO世界バンタム級暫定チャンピオンで今週末にバーミンガムにて正規チャンピオンのゾラニ・テテとの統一戦を控えているジョン・リル・カシメロさん。フィリピンから旅立つことになりましたが、フィリピンの英雄であるWBA世界ウェルター級スーパーチャンピオンのマニー・パッキャオに激励された模様です。

懐が深いテテには入り込めないな・・・ゾラニ・テテvs.ジョン・リル・カシメロ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カシメロさんはライトフライ級、フライ級、バンタム級でタイトルを獲得した3階級制覇チャンピオン。思い切り振り回す左右フックのカウンターが持ち味で、多くの世界タイトルマッチを敵地で行って勝ち抜いていております。

キャリアのハイライトは後にWBCチャンピオンとなるチャーリー・エドワーズを敵地イギリスでノックアウトしたIBF世界フライ級チャンピオンの時の試合かな。あの試合でカシメロのパワーは世界に知らしめられましたからね。

パッキャオ"カシメロには幸運を祈っているよ。ただ彼にはベストを尽くしてもらいたいね。"

カシメロ"パッキャオ議員にはグレートなトレーニングキャンプを送ってきたと伝えたよ。勝つこと以外に求めることはないね。俺はすでにビーストモードに入っているよ。"

カシメロは思いっきり振り抜いてくるからとても怖いよなぁ。でもテテがスルスル逃げるんやろうな。

アフリカが生んだ天性の逸材!ゾラニ・テテ!

続いてクルーザー級無敗のプロスペクトのムーシン・カーソンさん。11月16日に同じく1度だけ負けているプロスペクトのモンテス・ブラウンと対戦するとのことでコメントが来ています。

クルーザー級は先日大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰。。。4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFはWBSSトーナメントの準決勝でアンドリュー・タビチをKOしたユニエル・ドルティコス、WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得。しかし試合は反則応酬だったのでこの二人はドルティコスを待たせてダイレクトリマッチがオーダー。WBC王座はこの2人の勝者が勝ち取ることになるのかな。

”このトレーニングキャンプではかなりハードにトレーニングしてきた。俺のベストなバージョンを見せたいね。ブラウンはタフな相手だし彼のことを甘く見れない。でも俺にはグレートなコーチがいるし世界に到達するためのすべてがあるよ。”

クルーザー級ではレべデフがまた出てきたからチャンスを与えられるな。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ドルティコスよスペースを作るのじゃ…ユニエル・ドルティコスvs.マイリス・ブリエディス予想

adsense
おすすめの記事