adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年8月24日にフィリピンで行われたWBO世界バンタム級暫定王座タイトルマッチ

王者ジョン・リル・カシメロvs.セサール・ラミレスの一戦です!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カシメロさんここでは生き残りそう…ジョン・リル・カシメロvs.セサール・ラミレス予想

この試合はカシメロの初防衛戦。ライトフライ級、フライ級、バンタム級でタイトルを獲得してきた3階級制覇王者のカシメロはこれまで強烈なフックのカウンターでKOの山を築いてきた王者ですな。

ラミレスはこれが初めての世界挑戦。メキシカンファイターとして乗り込んできましたがカシメロのような経験豊富でしかもパワーもあるような対戦相手との経験は皆無で少し厳しい試合が予測されております。

そしてこの試合はカシメロが初回からグイグイ前に出てきて3ラウンドと5ラウンドにスリップ気味のダウンを奪います。しかしラミレスも体格差を生かして長いワンツーでカシメロをやりにくくさせるものの7ラウンドに右ストレートでダウンを奪われて10ラウンドに右フックを食らうと大の字に失神!カシメロが苦戦しながらもそのパワーを見せつけましたな。

それではこの試合を振り返ります!!

カシメロさんしれっと3階級制覇に成功…ジョン・リル・カシメロvs.リカルド・エスピノサ

試合経過

1ラウンド

カシメロはジャブを出してグイグイプレッシャーをかけて思いっきり右フックを叩きつける。

体格の大きなラミレスはジャブを出して間合いを取るがパワーがない印象。

カシメロは右ストレートを振り回して前に出てきて右クロスを放り込む。

2ラウンド

カシメロは前に出て右のスイングを繰り出してボディにジャブを出す。

カシメロは右の打ち下ろしを全力で振り回してくる。

ラミレスは長い間合いを持つものの足が遅くて手数も少し少ない。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

カシメロは前に出てロープに詰めると右打ち下ろしを振り回す。

ラミレスはまともにはもらわないものの下がるため見栄えが良くない。

ラミレスは長い間合いからガードの甘いカシメロに右を当てる。

しかし直後にジャブに合わせたカシメロの左フックを被弾して足が絡まりスリップ気味のダウン!

カシメロは前に出てくるもののラミレスも打ち返して乗り切る。

世界を席巻するスーパーモンスター!井上尚弥!

4ラウンド

ラミレスはジャブを出して手数を増やして対抗してくる。

ラミレスのジャブはとても長くワンツーも長いためこれが出てくるとカシメロは入れない。

ラミレスはアグレッシブに手数を出してきてカシメロはアウトプットが明らかに衰える。

5ラウンド

ラウンド序盤ラミレスのジャブに合わせた左フックでラミレスはまたスリップ気味のダウン!

ダメージはないようでカシメロは前に出てきてワンツーを振ってくる。

しかしラミレスも右ストレートを返してカシメロも一瞬下がる。

6ラウンド

ラミレスはカシメロの入り際に左フックをショートで合わせる。

ラミレスはジャブを出してきてカシメロと間合いを保ちワンツーを放つ。

カシメロは少しやりにくそうでバンタム級での体格不足は明らかだ。

終盤にはラミレスがどんどんワンツーを出してカシメロが下がるシーンが増える。

こいつなんでパウンド・フォーパウンドじゃねぇんだよ…井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲス 試合後のコメント、ドネアのコメントもあり!

7ラウンド

カシメロが入ろうとするとラミレスは右ストレートを外側から出してくる。

カシメロは前に出てきてジャブを少し当てて出てくるところに左フックを振り回す。

そして追いかけて右ストレートを当てるとラミレスはふらついてパワーを見せる。

そして右ストレート、左アッパー、右ストレートでふらつかせると押し倒すようにラミレスはロープ下にダウン!

立ち上がったものの鼻血が出ており今回はかなり効いている。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

8ラウンド

カシメロは前に出てくるがそこにラミレスがショートの左フックのカウンター!カシメロは効いて下がるがここは耐える。

ラミレスは下がりながらジャブとワンツーを出して逆にカシメロを下がらせる。

カシメロは左右ボディを当ててタイミングの良いジャブを少し当てる。

日本人選手史上最高のビッグマッチになる予感…井上尚弥vs.ノニト・ドネア予想

9ラウンド

ラミレスはガードの上からワンツーを叩き込んでカシメロはジャブを踏み込んで当てる。

ラミレスは前に出てきてワンツーを振り回してカシメロの顔面が揺れる。

ラミレスはガードの上でも右を打ち下ろしてパンチが通用するカシメロ相手に自信を深めている。

10ラウンド

カシメロは前に出てきて左右ボディを叩き込んでラミレスはこれが効いている。

カシメロは逆ワンツーを出してパワフルな左右を振り回してくる。

そしてグイグイ前に出てくるカシメロは残り1分で強烈な左フックからの右フックをクリーンヒットさせてラミレスは大の字に失神!レフェリーが直ちにストップした!

中々の試合巧者は敵地でも揺るがず…ゾラニ・テテvs.ミーシャ・アローヤン

所感

カシメロさんエンターテイナー…

カシメロはバンタム級では明らかに体格が不足してるんですけどもそれを補えるぐらいのパワーが確かにある。ナチュラルなパワーが凄まじいですね。

基本的にディフェンスがルーズなのとスピードもあまりないのですがタイミングの良さと思い切り振り回す度量があるカシメロ相手にはなかなかBクラスだと歯が立たないかな。

しかしまぁテテとやるとなったらアウトサイドにずっといられて何もできないまま削られ続けて判定負けかな笑笑。カシメロは間合いが詰まらないと何もできないからな。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ゾラニ・テテの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

adsense
おすすめの記事