adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年9月26日にコネチカット州で行われる予定のWBO世界バンタム級タイトルマッチ

王者ジョン・リル・カシメロvs.デューク・ミカーの一戦を予想します!

ソース画像を表示

体格的に苦戦しててもパワーはやばいな…ジョン・リル・カシメロvs.セサール・ラミレス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はカシメロの3度目の防衛戦ですね!

両者の紹介

ジョン・リル・カシメロについて

カシメロは1989年生まれの31歳。フィリピンのオルモックシティの出身で現在も在住。プロとしては世界各地で試合を行なっており世界戦の経験も豊富ですな。

ここまでのレコードは28勝20KO4敗。身長163センチでカシメロはライトフライ級出身。これまでライトフライ級でWBO暫定王座とIBF王座、フライ級でIBF王座を獲得しており今年の4月にアメリカでバンタム級にてWBO暫定王座を獲得して3階級制覇を成し遂げておりますな。

これまでのキャリアではセサール・カンチラをKOしてWBOライトフライ級暫定タイトルを獲得。IBF王者で今でも王座に返り咲いている南アフリカのモルティ・ムザラネに挑んでキャリア唯一のKO負けを喫しております。

その後はIBF暫定ライトフライ級王座をアルゼンチンにてルイス・ラサルテを大荒れの試合でKOして獲得。後に王者となるペドロ・ゲバラを下して防衛しております。

その後はフライ級にウェイトをあげて井岡に初黒星をつけたアムナット・ルエンロンの持つIBFタイトルに挑んで惜敗。リマッチでボディブローでKOして2階級制覇を達成しております。さらに後にWBC王者となるチャーリー・エドワーズに初黒星となるKO負けを与えておりますな。

その後はスーパーフライ級でジョナス・スルタンに敗れたもののバンタム級に上げてリカルド・エスピノサとゾラニ・テテの負傷に伴う暫定王座決定戦を行い12ラウンドKO勝ちでタイトルを獲得。4本目のベルトを取っています。

初防衛の試合では地元のフィリピンでセサール・ラミレスと対戦。体格の大きなラミレスに四苦八苦する場面もありましたが強烈な右フックで最後は失神させており4度ダウンさせる内容で勝利。流石のパワーを見せておりますな。

そして前回の試合は敵地イングランドにて2階級制覇チャンピオンのゾラニ・テテとの王座統一戦。間合いを長いテテに四苦八苦してたものの3ラウンドにクリンチしながらのアッパーでダウンさせ連打で一気にストップ!爆発力を見せつけてバンタム級のトップに躍り出ましたな。

選手としての特徴はオーソドックスの構えから思いっきり左右フックを振り回してくる剛腕タイプ。相手の入り際に合わせるフックと死角から飛んでくるフック、接近戦ではアッパーをぶん回してきます。

しかしバンタム級では明らかに体格不足。かなり小さな部類になるのでエスピノサ戦でもかなり押し込まれておりました。ミカーは下がらされるのが苦手なので接近戦で得意のフックとアッパーをねじ込むことが勝利への鍵ですかね。

よくも俺のテテさんを・・・おのれカシメロォ…ゾラニ・テテvs.ジョン・リル・カシメロ

デューク・ミカーについて

ミカーは1991年生まれの29歳。ガーナのアクラ出身でアフリカではかなり期待されているコンテンダー。身長170センチとなかなか体格もありますね。

ここまでのレコードは24勝19KO無敗。ロンドンオリンピック代表としてアマチュアでは活躍しており、オリンピックではマイケル・コンランの前に判定負けしましたな。

キャリアの中ではWBOアフリカタイトルを獲得。2016年にはコモンウェルスタイトルをイングランドで獲得しておりWBCインターナショナルタイトルも獲得してますな。

選手としての特徴はガードを固めて前に出てきてワンツーとボディ、鋭いフックをうちこんでくるファイタースタイル。ムザラネを彷彿とさせるスタイルですね。

パワーに関してはなかなかでパンチのシャープさも優れています。タイプ的にはカシメロの苦手な部類になるのでアップセットの可能性もありますね。

心が折れたカシメロさん…モルティ・ムザラネvs.ジョン・リル・カシメロ

試合予想

今回の予想ですがカシメロの判定勝ちで行きたいと思います!

この試合実は結構微妙かもしれない。カシメロの苦手な試合は接近戦で、下がらされる展開になるととても弱いことはムザラネとの試合を見て分かる通り。

得意の振り回すカウンターもある程度の間合いがあってこそ。テテにしたように組みついての接近戦は相手が下がることを前提としてるから今回は実は違う。

ミカーのいやらしいところはパワーがあるところ。フィジカル的にもカシメロよりも強いし、パンチングパワーに関してもなかなか高いものがある。

仮にミカーが前に出てきてカシメロのパワーに耐えられるようなら番狂わせもあると思う。序盤に一気に出てペースを掴めるかどうかの試合かな。

それでもカシメロが勝つと予想するのは経験則。ムザラネとの試合で負けてからかなりの月日が経ってるし、今のカシメロなら強引にガードの上にパンチを当ててサイドに回ることができるようになってると思う。

ミカーが勝ったとしても驚きはないけど、そしたら井上とカシメロのデンジャラス対決がなくなってしまう。それはなかなか寂しいし、ここはカシメロに踏ん張ってもらいたいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

世界をかき回すフィリピンのハイパワーパンチャー!ジョン・リル・カシメロ!

adsense
おすすめの記事