adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2010年ラスベガスで行われたスーパーウェルター級ノンタイトルマッチ10回戦

カネロ・アルバレスvs.ホセ・ミゲール・コットの一戦です!

カネロさんならチョチョイのちょいやろ…カネロ・アルバレスvs.アブニ・イルディリム予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はカネロのラスベガスに参戦した試合。メキシカンのスーパースター候補であるカネロはここまで無敗のコンテンダー。重いコンビネーションを武器として世界を狙える位置におりますな。

コットはプエルトリコのベテランコンテンダー。アトランタオリンピック代表のハードパンチャーで負けた試合はWBAライト級チャンピオンのファン・ディアスに挑んだ試合のみ。2度世界タイトルマッチを経験してますが引き分けと敗退で逃してますな。

そしてこの試合は初回にコットが左フックでカネロをふらつかせる大波乱!しかしカネロは持ち堪えて2ラウンドにダウンさせると的確な右を当ててブレークダウン!9ラウンドに追い詰めてコンビネーションを打ち込むとストップとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

青いカネロや…カネロ・アルバレスVSミシェル・ロサレス

試合経過

1ラウンド

コットは開始からジリジリ前に出てきてジャブを打つ。

カネロは間合いをとって体格的にはよりでかい。

そしてジャブを伸ばしてきて右をリターンする。

しかし中盤にロープに詰められると左フックを浴びて大きくふらつく!

コットは千載一遇のチャンスでコンビネーションを打ち込むがカネロはなんとか耐える。

2ラウンド

コットはジャブをついてきてガードを固めてくる。

そして頭を小刻みに振ってきてワンツーを伸ばしてくる。

カネロはまだリズムが戻らないようで消極的。

コットは左ボディを打ち込んでプレッシャーをかける。

カネロはアッパーを合わせてきてサイドへと回る。

そしてフックを出てきたところに合わせるとコットは手をついてしまうダウン!

スーパーミドル級を牛耳る英国のムンド!カラム・スミス!!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

コットは左フックをリードに使って前にくる。

カネロは右ストレートをガードに当ててサイドに回る。

そしてジャブをついてすぐに間合いをとっていく。

カネロはコツコツジャブを当てて間合いをキープ。

コットはガードを固めて前にくるがスピードには差がある。

4ラウンド

コットはワンツーを伸ばしてきて浅く顔に当てる。

そしてサイドに回ってきてジャブをコツコツ打ち込む。

カネロはガードの上から右を当てて明らかにパワーが上手!

コットはワンツーを打ち込んでどんどん前に出てくる。

しかしカネロは出てくるところにアッパーを合わせる。

カネロのサウスポー対策はばっちりやろ・・・カネロ・アルバレスvs.ビリー・ジョー・サンダース予想

5ラウンド

カネロはジリジリ出てきて少しずつ前に出てくる。

コットはサイドに回って間合いをとってフックを伸ばす。

そして飛び込んでくるとカネロはクリンチする。

カネロはジリジリ出てくるとガードの上にジャブを打つ。

コットは明らかに失速しており手数が減っている。

そしてコーナーに追い詰められると右を受けて動きが止まる!

6ラウンド

カネロは左フックをガードに当ててパンチがある。

そして出てくるところにフックを合わせてくる。

コットは左ボディを打ち込んできて頭から突っ込む。

そして間合いを詰めてくるとジャブからのアッパーを打ち込む。

カネロはワンツーを返してガードの上から押し返してくる。

もう一回やっても無理な気がするな…フロイド・メイウェザー・ジュニアvs.カネロ・アルバレス

7ラウンド

カネロはジャブを伸ばしてきてすぐに間合いを取る。

コットはサイドに回ってジャブをついて踏み込む。

しかし間合いをコントロールされるようになる。

カネロはワンツーをガードに当ててすぐに間合いを取る。

コットは出てきて左ボディを返すがカネロはアッパーを返す。

8ラウンド

コットは左フックをリードに使って踏み込む。

そしてサイドに回ってアングルを変えるなどベテランらしい。

カネロはジリジリ前に来てジャブにアッパーを合わせる!

そしてガードの上から右のリードを打ち込んでくる。

さらに右ショートを打ち込んできてコットはフックを返す。

ここまで、一方的とは…カネロ・アルバレスvs.カラム・スミス

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

コットは顔が少し腫れてきてジャブをついてくる。

カネロは右を打ち込んでパワーを生かして前にくる。

コットは大きなフックをリードに使ってこれは怖い。

カネロはジャブを当てて右のクロスで下がらせる!

コットはロープに後退してカネロはコンビネーションを打ち込む!

そして右を打ち込んでカネロがクロスを当てるとレフェリーがストップ!カネロが勝利しました!

いけるで!コバレフ勝つで!え!?セルゲイ・コバレフvs.カネロ・アルバレス 試合後のコメントもあり!

所感

よくぞ持ち堪えた…

初回で終わるかなと思いましたね。カネロはかなり効いていたし、正直この試合を見てミドル級くらいまでは打たれて強くないかなと思ってたな。

まだこの頃はウェイトもきつかっただろうしタフさにも影響があったのかもしれないな。カネロの今の打たれ強さはゴロフキンに引かないくらいだからな。

あんなに効いたのはこの時だけかもしれないな。まともに食らうことがそもそもあまりないからだけどトラブルを乗り越える力も高いよね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メキシコのドル箱スター…カネロ・アルバレス!!

adsense
おすすめの記事