adsense
adsense
pickup

ライト級トップコンテンダーのルーク・キャンベルさん。8月にワシル・ロマチェンコに挑んで敗れましたが、再起戦を2月に予定しているとのことで、かつて僅差判定負けを喫したホルヘ・リナレスとのリマッチを希望しておりますな。

キャンベルさんリナレスに金メダリストの底力を見せる…ホルヘ・リナレスvs.ルーク・キャンベル

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

キャンベルとリナレスはかつてアメリカのロサンゼルスで試合をしており、リナレスがダウンを奪って前半戦をリード。しかしキャンベルも後半にボディ攻撃を軸に反撃してリナレスを苦しめたものの僅差判定負けとなりましたな。ちなみにどちらもロマチェンコに負けており、リナレスはスーパーライト級からまたライト級に下げてきております。

"俺たちは2月にまた試合をすることで話を進めてる。まだ対戦相手は決まってないけど俺はみんなが楽しめるような相手との試合をやりたいと思ってるよ。多くのファンがエキサイトできるようなグレートな試合をできるようにしたい。またリナレスとぜひ試合をしたいね。マネージャーがリナレスとのリマッチの話をしてくれてると思うけど、俺は本当にその試合をやりたいんだ。"

リナレスからしたらなかなかやりたい試合かもな。でもその前にキャンベルからしたらリー・セルビーあたりとやった方がいい気もするけどな。バーンズに勝っていたわけやし。

ロンドン仕込みのゴールドメダリスト!ルーク・キャンベル!

続いて元ヘビー級チャンピオンのソニー・リストンさん。お亡くなりになられて久しいですが彼の反省を映像化した作品がSHOWTIMEで放送されるそうです。

リストンさんはレジェンドのモハメド・アリが世界タイトルを獲得した時の世界ヘビー級チャンピオン。驚異的な剛腕で強打を武器に活躍した選手でチャンレンジャーとしてはフロイド・パターソンを初回でKO。パターソンがリストンのパワーパンチに耐えられなくなり水からダウンしてしまったのがとても印象的ですね。

リストンはアリのスピードについていけずに6ラウンド終了時に棄権して王座を明け渡し。リマッチでは八百長とも言われた右クロスを一閃されてアリの前にあおむけに転がり初回KO。リストンはギャングの一員であったことでも有名で死亡した際にはギャングがらみだろうと言われてましたよね。以下はディレクターのコメントです。

"アリとの試合ではリストンはリスペクトされてなかった。パターソンに勝った時も彼は憎まれ役だったよね。俺たちのゴールは彼の人生を探ることなんだ。そしてこの映像を見たみんなのリストンの印象を変えることだね。これはとても悲しい話なんだけど世界でシェアするべきものだ。"

リストンの謎はかなり深いですよね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

リストンのパンチはデンジャラス…ソニー・リストンvs.フロイド・パターソン1

adsense
おすすめの記事