adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2014年カンクンで行われたIBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

王者カルロス・モリナvs.コーネリアス・バンドレイジの一戦です!

K9の右打ちおろしがドツボにハマる…コーネリアス・バンドレイジvs.ザウルベク・バイサングロフ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はモリナの初防衛戦。モリナはエリスランディ・ララと引き分けた実績もあるチャンピオンでバンドレイジを下しているイシェー・スミスを僅差判定で破ってタイトルを獲得しましたが少女を暴行した罪に問われており、準備は不安だな。

バンドレイジは元チャンピオンでイシェー・スミスに地元のデトロイトで敗れたチャンピオン。スイングしてくるファイターで指名挑戦者決定戦を勝ち抜いて40歳を超えながらも敵地に乗り込みましたな。

そしてこの試合は開始からバンドレイジが痛烈な右を当ててダウンさせる展開に!モリナは前に来るもののジャブをことごとくもらってしまい劣勢!10ラウンドにも右打ち下ろしでダウンさせられるとバンドレイジが終始優位に進めて判定勝ち!敵地で40オーバーでの返り咲きを果たしました!

それではこの試合を振り返ります!

チャーロ兄中年の星を蹴散らしてしまう…ジャーモル・チャーロvs.コーネリアス・バンドレイジ

試合経過

1ラウンド

モリナはガードを固めて前に来てプレッシャーをかける。

バンドレイジはワンツーからの打ち下ろしを狙ってモリナはバランスを崩す!

さらに動き出しにジャブを当ててきてバンドレイジは間合いを取る。

モリナはワンツーを打ち込んできて前に出てくる。

バンドレイジは組みついてフックを当てて右クロスを当てるとモリナは尻餅をつくダウン!これは良いタイミング!

2ラウンド

モリナはガードを高く上げてきてかなり警戒している。

そして左ボディをついてバンドレイジは楽に構える。

さらに右フックをガードに当ててジャブを伸ばしてくる。

バンドレイジは左右ボディを打ち込んでフックを返してくる。

モリナは打ち返すものの少しパワーに欠ける。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

バンドレイジはジャブを伸ばしてリーチが長い。

モリナはかなりジャブが邪魔そうで入り込めなくなる。

それでもボディと右クロスを返してサイドに回る。

そしてモリナは離れ際に右ストレートをコネクト!

バンドレイジは接近戦で右フックを打ち下ろしてパワーを込める。

キューバのカウンターアーティスト!エリスランディ・ララ!!

4ラウンド

バンドレイジはジャブをついてきて右フックを打ち下ろす。

モリナは組みついてきてフックをショートで打つ。

バンドレイジは間合いを取ってジャブを飛ばしてくる。

そして入り際に左アッパーを狙ってワンツーを出す。

モリナは組みついて思いっきり頭を当ててくる。

5ラウンド

バンドレイジはジャブをどんどんついてこれが伸びる。

モリナは左フックを出してきて前に出てくる。

そしてガードを高く上げるがあまり攻撃力はない。

バンドレイジはジャブからの右打ちおろし、ボディを打つ。

そして前に来られるとクリンチしてバッティングをアピール。

6ラウンド

モリナはプレッシャーをかけるがバンドレイジは右打ち下ろしを狙う。

そしてジャブをついてきてカウンターを狙う。

リーチの長いバンドレイジのジャブはかなり邪魔。

そしてバンドレイジは軽くジャブを当ててボディにパンチを打つ。

モリナは出てくるところに右打ち下ろしを被弾!

センテロっていい選手だよな〜。えぇ…ジャーモル・チャーロ vs.ウーゴ・センテロ

7ラウンド

モリナはワンツーを出してきてサイドへと回る。

バンドレイジは左アッパーを出してきて間合いを取る。

そして近づかれるとクリンチしてセーブして動く。

バンドレイジは右ボディを当てて軽くパンチを当てる。

モリナはアグレッシブに手数を出すが効果はあまりない。

8ラウンド

バンドレイジは出てくるところに左フックを合わせる。

そして疲れているものの下がってジャブを打つ。

モリナはジャブを外さずに被弾がとても多い。

それでもワンツーを出してきてアグレッシブさはなかなか。

しかしバンドレイジは右オーバーハンドを当ててモリナは後退!右アッパーを押し込んで放つ!

しかしバンドレイジは頭を抱えたとして減点される!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

バンドレイジは前に来るもののやたらとグローブが解ける。

モリナは前に出てくるがジャブを外せなくて苦しい。

バンドレイジはコツコツジャブをついて間合いをキープ。

そして40歳とは思えないほどステップワークも冴える。

バンドレイジは左ボディを差し込んでそのまま押し込む。

スーパー・ジュダー極まれり…ザブ・ジュダーvs.コーリー・スピンクス2

10ラウンド

バンドレイジは左フックをコツンと入り際に当てる。

そして前に出てきて右アッパーからのフックを打ち下ろす!

ダメージを負ったモリナは顔が跳ね上がり、顔も腫れてきた。

バンドレイジは離れ際に右を当ててさらに打ち下ろす!

そして出てくるところに打ち下ろしを決めるとモリナはつんのめるようにダウン!これは苦しい!

11ラウンド

バンドレイジはジャブをボディについて間合いを取る。

そしてステップしてきて優位を確信している様子。

モリナは焦っているようでダメージを押して前に来る。

バンドレイジは出てくるところに右を打ち下ろしてボディを叩く。

そしてクリンチしてスタミナは苦しいがごまかす。

12ラウンド

バンドレイジは右フックを出してきてサイドに回る。

バンテージはやたらと解けてバンドレイジは休息。

モリナは前に出てきてプレッシャーをかけてくる。

バンドレイジは右打ち下ろしを当ててそのままクリンチ。

そしてジャブで顔をついてヒットを重ねてうまさを見せる。

判定は115-110.116-109.117-106の3-0でバンドレイジ!

ちなみに僕は116-109でバンドレイジでした!

これお見合い対決やろ…ジャーメル・チャーロvs.エリスランディ・ララ予想

所感

いぶし銀かよ…

バンドレイジうまかったですね。キャリアを積んでるからこそできる技というか、動き出しを狙っているジャブがめちゃくちゃうまかったな。

チャーロには力でねじ伏せられたけどスピンクスとかモリナみたいなパワーのない相手にはめっぽう強い。なかなかいないタイプだけど面白いね。

まぁモリナはこの試合の前にレイプの事件で有罪になったりしていて身が入らなかったのかもね。まぁ言い訳になるけどバンドレイジの素晴らしい勝利であることには変わりないか。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ヒューストンの剛腕ヒットマン…ジャーモル・チャーロ!!

adsense
おすすめの記事