adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2017年ニューヨークで行われたWBCスーパーライト級ダイヤモンド王座決定戦

マイキー・ガルシアvs.エイドリアン・ブローナーの一戦です!!

ブローナーさん後半にやる気を出す…エイドリアン・ブローナーvs.ジェシー・バルガス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はマイキーのスーパーライト級デビュー戦。フェザー級、スーパーフェザー級、ライト級でタイトルを獲得しているマイキーは2年のブランクを経て復帰。ハイペースでビッグファイトをこなしてますな。

ブローナーはスーパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級、ウェルター級でタイトルを獲得した4階級制覇チャンピオン。センスの高さには定評がありますが素行が悪すぎて素質を発揮できてないな。

そしてこの試合はマイキーが開始からジャブとワンツーを駆使してブローナーからヒットを奪う展開に!しかしブローナーも流石のスピードを見せてプレッシャーをかけてくるなど肉薄し、かなり激しいペース争いが繰り広げられた末にマイキーが判定勝ち!好勝負となりました!

それではこの試合を振り返ります!

リピネッツさんなぜ初防衛でマイキーを選んだのか…セルゲイ・リピネッツvs.マイキー・ガルシア

試合経過

1ラウンド

ブローナーは開始からジャブをついてフェイントしてくる。

マイキーは少し様子を見ており、頭を振ってロングレンジを保つ。

ブローナーは下がってハンドスピードはかなりある。

そして出てくるところにジャブを出すがマイキーも相打ちでジャブを打つ。

そしてじりじりとマイキーが来てブローナーはフットワーク。

2ラウンド

ブローナーはフェイントしてきて姿勢を低く保つ。

そして速いジャブをついてステップワークを使う。

マイキーはジャブを伸ばしてきてめちゃくちゃ伸びてくる!

ブローナーは間合いを取るが少し消極的で押し込まれる。

マイキーはプレッシャーをかけてきて無闇にはこない。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

 

3ラウンド

ブローナーは右クロスを放ってきてパンチは鋭い。

そしてガードの外からの左フックを出してスピードはかなりある。

さらにジャブをついてくるがマイキーは出てくるところにジャブを放つ。

そしてワンツーを打ち下ろしてきてフックを振り回す!

マイキーはプレッシャーをかけてワンツーを叩き込んでくる。

貫通力満点のワンツーパンチャー!マイキー・ガルシア!

4ラウンド

ブローナーはジャブをついてきて間合いをキープ。

そしてガードを高く上げてかなりジャブを警戒している。

マイキーは正面から来て不気味にジャブをパリング。

そして左ボディを出して後半から前に出てくる。

ブローナーは思いっきりワンツーを打ち込んでこれはなかなか良い。

5ラウンド

ブローナーはジャブに豪快な左フックを合わせてくる!

そしてジャブをフェイントから当ててノーモーションで当てる。

マイキーは出てきてジャブからフックを繋ぐ。

そしてガードにジャブを当てて少し間合いを取る。

ブローナーは逆に前に出てきてワンツーをガードに当てる。

6ラウンド

ブローナーはジャブをついてきてサイドへと回る。

マイキーは頭を振りながら踏み込んでジャブを打つ。

そして前に出てきてブローナーはワンツーを出す。

マイキーは前に出てロープに詰めてボディを打つ。

さらにワンツーをガードに打ち、ボディを打ち込む。

ウェルター級でもAクラス…マイキー・ガルシアvs.ジェシー・バルガス

7ラウンド

ブローナーは前に出てきてガードを高く上げる。

そしてジャブから右を強めに打ち込んでくる。

マイキーはジャブに合わせてジャブを打つのがうまい。

そしてガードの上にワンツーを当ててロープに押し込む!

ブローナーは右ボディを返すが手数がどうしても少ない。

8ラウンド

ブローナーはジャブをついて右ストレートを投げてくる。

そしてジャブをついて少しずつだが前に出てくる。

マイキーはガードを下げて前に来て余裕を見せてくる。

そして前に出てくると押し込んで右アッパーを狙う。

ブローナーはさすがの見切りで致命的なパンチはもらわないが劣勢。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ブローナーは前に出てきてプレッシャーを軽くかける。

マイキーは下がって一定の間合いをキープしてくる。

そして出てくるところに右クロスを合わせてくる。

ブローナーはガードを高く上げて前に出て耐えてくる。

マイキーはワンツーを返してブローナーはラフに来てワンツーを返す。

早熟の才覚の幻の初黒星…エイドリアン・ブローナーvs.ダニエル・ポンセ・デレオン

10ラウンド

ブローナーは前に出てきてプレッシャーをかけてくる。

マイキーはワンツーをガードに当ててきて間合いを保つ。

そして先手でジャブを打ってなかなか見応えのある試合。

ブローナーは前に出てきて右リードを返してくる。

マイキーはボディを打ち込んで激しいペース争い。

11ラウンド

ブローナーはガードを上げてきてジャブを伸ばしてくる。

そしてジャブをついてきてサイドへと回っていく。

マイキーは前に出てきてボディを打ち込むとすぐに下がる。

そしてワンツーを打ち込んでブローナーのガードを叩く。

ブローナーは前に出てきていつもよりかなり頑張っている。

12ラウンド

マイキーはジャブをついてきてワンツーからのアッパーを打つ。

そして相打ちのジャブを当ててブローナーの顔を跳ねる!

ブローナーはガードを固めて前に来てプレッシャーをかける。

マイキーはガードの外からのフックを当てて的確なパンチを当てる。

そしてワンツーを打ち込んでブローナーもしつこく前に出て押し込む。

判定は116-112が2人と117-111が1人の3-0でマイキー!

ちなみに僕は116-112でマイキーでした!

空飛ぶ男ツラティカニン…デヤン・ツラティカニンvs.マイキー・ガルシア

所感

ええ試合やったな…

ブローナーが仕上げてきたらめちゃくちゃ強いんですよねー。この試合ではかなりやる気があったみたいで、よく頑張ってくれたかなと思います。

ただ、やはり普段怠けてるからなのか手数が少ないのと被弾率が高いんだよな。ここがメイウェザーとの決定的な違いでブローナーが大成しないところだね。

まぁでもこの試合は噛み合ってたし良い試合だった。どちらもカウンターパンチャーだけどお互いに仕掛けてたしめちゃくちゃ見応えあったな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ボクシング界の最大の問題児!エイドリアン・ブローナー!

adsense
おすすめの記事