adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2015年ドイツで行われたWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ

王者ユルゲン・ブレーマーvs.ロビン・クラスニキの一戦です!!

危なげなさそうやな。。。ドミニク・ボーゼルvs.ロビン・クランニスキ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はブレーマーの4度目の防衛戦。元WBOチャンピオンでもあるブレーマーはトレーナーとしても活躍するサウスポー。アウトボクサーとして活躍しており、ポジショニングがとてもうまいですな。

クラスニキはコソボの出身でドイツで暮らすヨーロピアンボクサー。かつてWBOチャンピオンのネイサン・クレバリーに挑んで判定負け。そこからWBAコンチネンタルタイトルを獲得して復活してますな。

そしてこの試合は開始からブレーマーが入り際に合わせる左で度々ダメージを負わせる展開に!クラスニキはよく踏ん張っていたものの9ラウンドにロープダウンして防戦一方となり、ラウンド終了後に棄権となりました!

それではこの試合を振り返ります!

ブレーマーの懐は深し…ユルゲン・ブレーマーvs.ロブ・ブラント

試合経過

1ラウンド

サウスポーのブレーマーは下がって左を伸ばす。

そしてサイドに回ってジャブをコツコツ伸ばす。

クラスニキはじりじりプレッシャーをかけて前にくる。

しかしブレーマーはとても動きが速くてやりにくい。

懐を深く構えて長いジャブをガードへと伸ばしてくる。

2ラウンド

ブレーマーはジャブを伸ばして間合いをとって下がる。

クラスニキは前に出てきてワンツーからの左フックをコネクト!

そして頭を振って前に出てなかなか良いスタート。

さらに前に出てくるとワンツーを思い切り伸ばしてくる。

しかしブレーマーは左クロスを当てるとクラスニキは後退!これは効いた!

ミドル級のブラボーなファイターキラー!ロブ・ブラント

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

クラスニキはガードを固めて前に出てプレッシャーをかける。

そしてジャブを伸ばしてきてブレーマーはかぶせるように右を出す。

そして左ストレートをボディに伸ばして左アッパーを打ち込む!

ブレーマーはワンツーを打ち込んでスルスルとサイドへ。

クラスニキは前に出てくるもののなかなか効果的なパンチを出せない。

4ラウンド

ブレーマーはワンツーをボディはとそのまま伸ばす。

さらにガードの下からアッパーを出してホールド。

クラスニキはなかなか良い右フックを当てるがすぐにホールドされる。

ブレーマーはジャブをついて下がり、一定の間合いをキープ。

クラスニキはワンツーを打ち込んできてボディを狙う。

クラスニキは右クロスを狙うがブレーマーはスウェーする。

クレバリーはこのクラスには相当強いね…ネイサン・クレバリーVsロビン・クラスニキ

5ラウンド

クラスニキは前に出てきてプレッシャーをかけてくる。

ブレーマーはジャブをガードに当ててきてなかなか伸びる。

クラスニキは右ボディストレートを出してなかなか強い。

ブレーマーはガードの上にワンツーを当てて下がる。

クラスニキはワンツーを振るものの間合いが遠い。

そして出てきたところに左ショートをもらってふらつく!

6ラウンド

ブレーマーは左ボディを打ち込んでクラスニキは後退!

クラスニキはかなりダメージがあるようで、クリンチしてくる。

ブレーマーは冷静にパンチを伸ばしてガードに当てる。

クラスニキはどうしようもないのでとにかく前には出てくる。

そしてジャブを打つもののブレーマーは軽くかわす。

ブアツィさんテストを受ける…ジョシュア・ブアツィVsマルコ・カリック

7ラウンド

ブレーマーは頭をつけてきて少し間合いを詰める。

そしてボディを狙ってきてなかなかいやらしく攻めてくる。

クラスニキは右ボディを返して間合いが詰まるとショートを振る。

ブレーマーは下がりながらジャブを打ち込む。

そして近づかれるとクリンチしてきて肩を押し付ける。

8ラウンド

ブレーマーは出てくるところにワンツーをヒット!

クラスニキはグラっときてそれでもフックを返してくる。

そして間合いを詰めてきてなかなかがんばる。

クラスニキは右ストレートを放り込んでどんどんくる。

ブレーマーは下がってするすると下がり、ワンツーをコネクト!クラスニキは後退!

ムラトってこんなに強かったのか…カロ・ムラトvs.ドミニク・ボーゼル

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ブレーマーはスタンスを広くとって前に出てくる。

クラスニキは前に出てきてブレーマーは今度はバックペダル。

そしてワンツーをガードに当ててカウンターを狙う。

ブレーマーは左ストレートを当ててクラスニキはロープは後退!

しかし右フックを返して前に出て意地を見せてくる。

しかしブレーマーはワンツーからの右フックを返すとクラスニキはロープに突っ込んでロープダウン!

ブレーマーはコンビネーションを打ち込んできてクラスニキは防戦一方となる!

このラウンド終了後にクラスニキは棄権!ブレーマーが完勝しました!

ビボルよりも地味なチャンピオンが生まれたか…ドミニク・ボーゼルvs.スベン・フォルニング

所感

ブレーマー好きやわぁ…

ブレーマーみたいなサウスポーのアウトボクサーが好みなんですよね。ブラントを無力化した試合なんかしびれたし、またアクティブに試合して欲しいな。

クラスニキはよく踏ん張ってたけど反応が良くないね。前に出るときにガードの隙間から思いっきり左をもらってかなり効いてしまっていたな。

最後は足をくじいてしまった感もあったし満身創痍。ヨーロピアンスタイルはやはり難点の方が多い気がするな。もちろんスタイルの一つなんだけどね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

実はいい奴な切り裂き魔!バドゥ・ジャック!

adsense
おすすめの記事