adsense
adsense
pickup

3月にイングランドで行われたWBO世界クルーザー級王座決定戦でツータイムチャンピオンのクリシュトフ・グロワッキを圧倒して6ラウンドノックアウトで下してタイトルを獲得した無敗のローレンス・オコリーさん。WBCヘビー級暫定チャンピオンのディリアン・ホワイトと共にアメリカに次戦は参戦する可能性があることをプロモーターのエディ・ハーンが話しておりますな。

まじでクルーザー級最強かもな…ローレンス・オコリーvs.クリシュトフ・グロワッキ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

試合は開始からオコリーがジャブとサイドに回るフットワークを駆使してアウトボクシングを展開!オコリーのジャブとボディ攻撃の前にグロワッキはついていけず、被弾を重ねて右目上をカットしてしまうなどかなり苦しい試合になりましたな。

そして6ラウンドに右ストレートをまともにもらうとグロワッキは仰向けにダウン。よく立ち上がってきたもののふらついており、レフェリーが10カウントを数え上げてオコリーが1ポイントも失わないまま圧勝しておりましたな。試合後にはIBFチャンピオンのマイリス・ブリエディスとの統一戦を呼びかけており、クルーザー級のニューフェイスとして今後も期待できそうな存在だな。

初回に止めてやれよ…ローレンス・オコリーvs.ニコデム・ジェジュースキー

"オコリーは空位のタイトルを獲得したから初防衛戦では彼は指名戦をやらないといけないんだ。それから年末にIBFチャンピオンのブリエディスとの統一戦をやりたいと思ってるね。俺はできるだけ早くオコリーに全てのベルトをコレクションさせてやりたいと思ってる。それから彼にはヘビー級に参戦してもらいたいね。彼はこれから先そんなに長くクルーザー級に居座ることはないだろう。だから次の指名試合が終わったら次の試合はブリエディスかマカブになると思うね。ホワイトはアメリカで8月の終わりに試合をやらせようかなと思ってる。俺たちは今彼がイングランドで試合をするのかアメリカで試合をするのか最終的な決断をさせているところだ。次の彼の試合は彼がこれまでしてきたものから少し小さな試合になるかもしれないね。彼がしてきた試合は全てフィフティーフィフティーと思われてきたからね。彼はイングランドではPPVファイターだからその可能性もある。彼は俺達やDAZNと行動を共にすることになるしそのことはハッピーなことだね。"

ホワイト参戦は面白いな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

抉りまくるボディ・スナッチャー!ディリアン・ホワイト!

adsense
おすすめの記事