adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年8月29日にラスベガスで行われたスーパーライト級ノンタイトルマッチ

アーノルド・バルボサ・ジュニアvs.トニー・ルイスの一戦です!!

ソース画像を表示

テイラーのインサイドゲームかな…ジョシュ・テイラーvs.アピヌン・クウォンサン予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はバルボサの2020年初戦。昨年は元WBOチャンピオンのマイク・アルバラードをノックアウトしたバルボサはここまで無敗で3連続ノックアウト中。アマチュアの頃から活躍してる技巧派ですな。

ルイスはカナダのコンテンダーでWBCアメリカ大陸チャンピオン。2015年にライト級でデリー・マシューズに判定負けしており、イバン・レッドカクにも判定負けしておりますね。

そしてこの試合は開始からバルボサが優れたポジショニングとシャープなパンチでどんどんポイントをリード!ルイスは諦めずに前に出たものの減点以外にポイントを取れず、大差判定でバルボサが勝ちました!

それではこの試合を振り返ります!

異次元のタフなやろうども…ブランドン・リオスvs.マイク・アルバラード2

試合経過

1ラウンド

バルボサは開始からジャブをついてボディを打ち込む。

そしてシャープなジャブをついて中間距離に構える。

ルイスはガードを固めて前に来るがジャブを動き出しにもらう。

バルボサは出て来るところに右クロスを打ち込む!

さらにボディを打ち込んでサイドに回り、動きが速い。

2ラウンド

バルボサはスタンスを広くとってジャブを放って来る。

そして出て来るところに右アッパーを合わせる。

さらにロングの右アッパーを当ててスピードが速い!

ルイスは右ボディを返してなかなかパンチはキレがある。

しかしバルボサは軽いパンチをシャープにコツコツ当てて来る。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ルイスは出て来るもののボディを被弾してしまう。

バルボサはパンチは重くないもののとてもキレがある。

そしてうち終わりにすぐさまワンツーを返して来る。

バルボサはロングレンジからのワンツーをボディ、さらに左フックを返す。

ルイスは口から血が出ており、だんだん苦しくなる。

長距離砲のマイティ・モー!モーリス・フッカー!

4ラウンド

バルボサはワンツーを伸ばしてガードに当てる。

そして踏み込んできて左ボディとフックを伸ばして来る。

ルイスは組みついてくるがすぐにクリンチされる。

バルボサはワンツーからのジャブをロングで当てる。

さらにワンツーからのアッパーを返して回転力が高い!

5ラウンド

ルイスは出てきて肩を押し付けて押し込もうとする。

バルボサは間合いを取って軽くジャブをついて来る。

そしてじりじり来るとワンツーをガードの上、ボディを打ち込む。

バルボサはワンツーをガードに当ててロングレンジをキープ。

そしてジャブをついてきて踏み込んでワンツーを放つ。

6ラウンド

ルイスはジャブをついてきて右ストレートを伸ばす。

バルボサは左フックを返してジャブをボディへとつく。

さらにサイドに回ってジャブをついてきてガードに当てる。

バルボサはローブローを放ってそのまま右を当てて怒られ、減点。

しかし再開すると出て来るところにジャブを当ててやはりうまい。

意外と白熱かもよ…レジス・プログレイスvs.ファン・エラルデス予想

7ラウンド

バルボサはジャブをコツコツついてよく当たっている。

そしてワンツーを伸ばして淡々と間合いを取る。

ルイスは左フックをロングで出してきて一撃を狙う。

前に来るルイスだがバルボサのジャブに邪魔される。

さらにバルボサはワンツーからのフックをガードの外に当てる。

8ラウンド

バルボサはジャブをコツコツ当てて下がって行く。

ルイスは左アッパーを出して遠い間合いから出して来る。

そしてがむしゃらに前に来て左右フックをガードに当てる!

ルイスは頭をつけて来るがバルボサは肩をつけて押し返す。

バルボサはワンツーをガードの上から当てて顔を弾く。

ディフェンスは甘いけど良かったよ…アレックス・サウセドvs.ソニー・フレドリクソン

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ルイスはオーバーハンドのフックをガードに当てる。

バルボサは下がって出て来るところにアッパーを返す。

さらにワンツーをガードの上に当てて下がって行く。

ルイスはジャブをコネクトして初めてクリーンに当てる!

バルボサはフックを返してペースを渡してくれない。

10ラウンド

バルボサはワンツーからのボディを伸ばして来る。

ルイスはインサイドでコンビネーションを返して食い下がる。

しかしバルボサはワンツーを伸ばしてアウトサイドに押し込める。

ルイスは前に出てきて左アッパーをコネクトさせる。

バルボサは前に出てきて踏み込んでの右をヒットさせる。

判定は3人ともに99-90の3-0でバルボサ!

ちなみに僕も99-90でバルボサでした!

やはりせめぎ合いになったね…ホセ・ラミレスvs.ビクトール・ポストル

所感

来年世界かな…

バルボサ強いですね。プレッシャーをかけまくってくるバランチュクみたいな相手だとどうなるか気になるけどこの人なら世界を狙えるな。

この人はとにかくポジショニングがうまい。打ち終わりにサイドからサイドに流れて行くし、スタミナも相当ある。かなりトレーニングしてますね。

だからこそこの人のペースを崩せるようなプレッシャーが強い相手とやったら面白いと思うね。かなり強いファイターだとは思うけどパワーはないしな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ハイセンスな問題児…エイドリアン・ブローナーvs.マーティン・ロドリゲス

adsense
おすすめの記事