adsense
adsense
pickup

元WBC世界ヘビー級チャンピオンで先日ラスベガスにてタイソン・フューリーに敗れて初黒星となったデオンテイ・ワイルダーさん。タオルを投げられてストップされる前にガードを解こうとしていて負けるなら死んだ方がマシだと話してますな。

ジプシー・キングが四冠達成!!!デオンテイ・ワイルダーvs.タイソン・フューリー2

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ワイルダーはフューリーがアグレッシブにくる中ワンツーとジャブを被弾してしまい序盤からかなり苦しい試合に。3ラウンドにはワンツーでダウンさせられてしまい、5ラウンドにもふらつかされてボディでダウンさせられましたな。

そして迎えた7ラウンドにコーナーに追い込まれてワンツーの連打を浴びたところでコーナーがタオルを投入。フューリーの前に1ラウンドも取れない敗退となりましたが左耳からの出血、ダメージもある中で最後まで立っていたその姿はまさしくチャンピオンでしたな。

フューリーはこの試合に勝ったことでヘビー級四冠王に。ワイルダーとのリマッチが夏に予想されますがワイルダーの怪我の回復にもよるかなぁ。ワイルダーは左耳からおびただしいほどの流血をしてしまっていたのでちょっとダメージが心配になるかな。また、ワイルダーの性格的にリマッチは求めてくると思うけど一試合挟んでからとかにしたほうがいいと思うくらいのダメージだったから慎重になるかもですね。

ワイルダーさんKOされかけてもやり返す…デオンテイ・ワイルダーvs.ルイス・オルティス

"俺のことを知ってるみんなは俺のことを戦士だと知ってる。俺はガードを固めて試合をしたけどそれはしないといけなかった。俺はリングで人を殺してしまうほどの可能性があるけどそれは俺にも起こり得ることだからね。俺はいつも俺のプライドが命を削ると話してきた。俺はいつも話してることは心からの言葉だし物事はそのようになると信じている。だから俺はいつも自分がしてることは自分に返ってくるかもしれないと思ってるよ。みんなこのことがエモーショナルなことではないとわかってる。このことは多くの試合をこなす前からみんなの間で議論されてきたことだからね。リングの外での生活もあるし俺たちファイターも人間だから色々と考えることはある。だからリングの上で誰も傷つけたくないという気持ちはよくわかるよ。愛する人が傷つくのは見たくないものだしね。でも俺のことを思ってくれる人のためにも俺はガードを解こうとしてた。ファイターとして生まれてきたからメンタルはとても強いんだ。負けるくらいなら死んだ方がマシだ。リングの上で負けるくらいならリングの上で死んだ方が良い。自分の好きなことをして死にたいよ。"

ワイルダーさんはなかなか悔しい思いをしているな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

放つパンチ全てが爆弾のブロンズボンバー!デオンテイ・ワイルダー!!

adsense
おすすめの記事