adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2021年4月10日に行われる予定のIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ

王者ヘルウィン・アンカハスvs.ジョナサン・ロドリゲスの一戦を予想します!!

意地の張り合いやな…井岡一翔vs.田中恒成予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はアンカハスの9度目の防衛戦ですね!

両者の紹介

ヘルウィン・アンカハスについて

アンカハスは1992年生まれの28歳。フィリピン出身でサウスポースタイルから放たれる鋭い左ストレートを主武器にするパッキャオスタイルの継承者です。

ここまでの戦績は32勝22KO1敗2引き分け。ボブ・アラムのトップランクと契約しており、オーストラリアやアメリカ、マカオやイギリスを転戦。パッキャオの前座で戦ってきたことが多かったですな。

これまでの防衛戦ではヤファイを苦戦させたイスラエル・ゴンサレスをKO。敵地でマイケル・コンランの兄のジェイミーをKO。日本の帝里木下をKOとKOの山を築き上げてきたがここ数戦は判定。昨年の試合に至っては苦闘のドローとなっており半年以上の間を空けて防衛戦を行うこととなり、5月にはの船井戦を迎えてましたな。

船井との試合では前にまっすぐ来る船井の顔に左ストレートを何発も当てて目を腫らしてドクターストップによるTKO勝ち。再び世界王者として波にのるときがきましたかな。

そして前の防衛戦ではメキシコに降臨してチリのミゲール・ゴンサレスをストップ。ウェイトがきついと言われながらもニケタ防衛に迫っておりますな。

選手としての特徴はロングレンジから踏み込んで放つワンツーと右フックが強烈なモロにパッキャオスタイル。左ストレートは上下ともに相手をKOするだけのパワーがあり相手のカウンターも気にしないなどかなりメンタルも強いです。

ただこの選手の攻略法は先手を取ること。基本的に相手がパンチを放つとガードするためカウンターを取ることは少ない。ロドリゲスが先手で攻めて間合いを詰めるボクシングができればどうなるかはわからないですな。

アンカハスさんストロングにストップ…ヘルウィン・アンカハスvs.ミゲール・ゴンサレス

ジョナサン・ロドリゲスについて

ロドリゲスは1995年生まれの24歳。メキシコのサンルイス・ポトシの出身でハードパンチャーのメキシカンファイターですな。今もメキシコを主戦場としています。

ここまでのレコードは21勝15KO1敗。戦績が示す通りのハードパンチャーで思い切り振り回してきます。負けたのも僅差の判定で負けもののみですな。

キャリアの中ではWBCカリブ海王座を獲得。そして前回の試合で世界タイトルに2度挑戦したフェリペ・オルクタに番狂わせのKO勝ちを収めて世界ランカーとなっております。

ちなみにオルクタはこの試合のダメージで意識を失い開頭手術。一命はとりとめておりなんとかオルクタは自宅に帰ることができておりますな。

ちなみにアンカハスとは昨年試合をするはずでしたがビザの取得ができなくて試合直前にキャンセル。仕切り直しの試合となり、世界タイトルマッチを迎えましたな。

選手としての特徴はオーソドックスの構えからガードを高く上げて射程距離に入るとワンツーと左右フックを振り回してくる典型的なメキシカンファイター。

あまり足は速くなくスピードもないもののパワーはかなりあり思いっきり振り回してくるのでかなりパンチはあります。アンカハスを押し込めるかどうかの試合になるかな。

アンカハスさん強し!!ヘルウィン・アンカハスvs.イスラエル・ゴンサレス

試合予想

今回の予想ですが、アンカハスの7ラウンドKO勝ちでいきたいと思います!

アンカハスにとってロドリゲスはそれなりにやりやすいと思う。アンカハスは前にくる相手に左ストレートと返しの右フックをあえて下がるパターンがとても得意ですからね。

ロドリゲスがやらないといけないことは先手で打って出ること。アンカハスを攻略するにはとにかくスペースを与えないボクシングをするか、カウンター作戦で手を出してくるのを待つか。

後者のボクシングはアンカハスよりも足が速くないとあの踏み込みから逃げきれない。だから現実的にはロドリゲスがやるのは前者の方になる。

でもこれはロドリゲスにとって厳しい。ロドリゲスは確かにパンチはあるけど足が速くないしアンカハスに追いつけるとは少し思えない。近づいてもクリンチでごまかされるかな。

そして前にくるところに左を被弾してしまい顔面を腫らしてダメージを蓄積。7ラウンドあたりに崩れ落ちてストップになるんじゃないかな。

しかしアンカハスはウェイトがきつい割にはかなり頑張って防衛してるな。この辺りはかなり好感が持てるし、バンタム級が空いたタイミングを見計らってるんだろうな。

しばらくはスーパーフライ級にいるんだろうしこれから先にバンタム級チャンピオンの井上尚弥様にたてつくことはなさそう。中堅どころを相手に防衛を重ねそうだな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

鋭く踏み込むパッキャオの後継者!ヘルウィン・アンカハス!

adsense
おすすめの記事