adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2021年6月19日に行われる予定のウェルター級ノンタイトルマッチ10回戦

クドラティロ・アブドウカコロフvs.セサール・バリオヌエボの一戦を予想します!

ソース画像を表示

ムーブが良いね…クドラティロ・アブドウカコロフvs.ドミトリー・ミカリェンコ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はアブドウカコロフの世界前哨戦ですね!

両者の紹介

クドラティロ・アブドウカコロフについて

アブドウカコロフは1993年生まれの27歳。ウズベキスタンの出身であり現在はマレーシアのクアラルンプールに在住のアジア系のファイターです。

ここまでのレコードは18勝10KO無敗。IBF指名挑戦者としての権利を保持しておりアマチュアの経験もある選手。コラーゾはキャリアの中で最もタフな相手になりましたがなんとか退けましたな。

キャリアの中ではWBCシルバー王座やWBCアジアタイトルを獲得。さらにかつてIBFスーパーライト級王者だったエドゥアルド・トロヤノフスキーに挑んだ小原佳太に判定勝ちしておりますな。

さらに元WBAチャンピオンでベテランのルイス・コラーゾと対戦してコラーゾを押し倒してしまい負傷判定となったものの判定勝ち。前の試合でもハビエル・フローレスをノックアウトしており指名挑戦者の権利をキープしています。

選手としての特徴はオーソドックスの構えからガードをあげて相手と間合いを保つ中間距離を得意とするボクサータイプ。結構振り抜いてくる右ストレートはそれなりにパワーもありますな。

身長も180センチとこのクラスでは大柄でリーチも184センチとサイズはあるほう。なのでリピネッツのように間合いを詰めてくる相手は苦手と見られバリオヌエボの離れ際にカウンター、入り際にカウンター、間合いができるとワンツーを当てられるかどうかの試合になるかな。

コラーゾのプレッシャーは強過ぎ…クドラティロ・アブドウカコロフvs.ルイス・コラーゾ 試合後のコメントもあり!

セサール・バリオヌエボについて

バリオヌエボはアルゼンチンのサウスポー。アルゼンチンのサルタでトレーニングしており、現在もアルゼンチンを主戦場とするラテンファイターですな。

ここまでのレコードは35勝25KO4敗2引き分け。戦績が示している通りのハードパンチャーであり、4度負けてはいるもののノックアウトされたことはないですね。

キャリアの中ではWBCラテン王座やアルゼンチン王座を獲得。地元のアルゼンチンで着々とランキングを上げてきましたがアメリカに来てヨルデニス・ウガスと対戦して歯が立たずに判定負けしてますな。

選手としての特徴はサウスポースタンスで大きくサークリングしてきてロングレンジをキープしてくるアウトボクサー。左のリードを得意としておりますな。

頭を小刻みに振ってくるところやアングルを変えて左を打ち込むところはなかなか上手いです。ただ間合いを詰められると手数が出なくなる傾向にあるな。

後半に失速するね…クドラティロ・アブドウカコロフvs.ラスズロ・トス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

試合予想

今回の予想ですがアブドウカコロフの判定勝ちでいきたいと思います。

アブドウカコロフがより手数を出してきて無難に判定勝ちする。以上だし、多分それ以上の展開にはならないのではないかなと思いますね。本当に。

アブドウカコロフは間合いをとって試合をしている方が上手い。忙しなく手数が出てくるし、この回転力の高さはバリオヌエボにはないものだろう。

なのでバリオヌエボはなかなか手が出なくてワンパンチ狙いになると思う。思いっきり左のクロスを狙ってきて結局当たらずに手数で押されて判定負けかな。

アブドウカコロフの試合は本当につまらない。なので世界タイトルマッチもあまりしてほしくないね。リピネッツとの試合をやろうものなら地獄かと思ったわ。

できればエニス辺りとIBF暫定王座決定戦とかいいね。エニスなら問題なく勝つだろうし、アブドウカコロフはこのウェイトでやるにはパンチが軽すぎる。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

マルツクのサムライ!セルゲイ・リピネッツ!

adsense
おすすめの記事