adsense
adsense
pickup

3月28日にカナダのモントリオールで試合が予定されていたもののコロナウイルスの影響で延期となってしまったWBC.IBF世界ライトヘビー級チャンピオンのアルツール・ベテルビエフさん。オレクサンデル・ウシクがクルーザー級で4団体の統一チャンピオンだったときにウシクとの試合を希望していたことを明かしておりますな。

ベテルビエフはガードの上でも破壊するからな…アルツール・ベテルビエフvs.ファンロン・メング予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ベテルビエフはここまでパーフェクトレコードを保持しているオールノックアウト勝利の剛腕ファイター。オリンピックに2度出場している元アマエリートでもありとにかく振り回してくる左右フックはとても危険で鈍器のような威力を誇りますな。

前回下したグヴォジクは無敗だったロンドンオリンピック銅メダリスト。ワシル・ロマチェンコやオレクサンデル・ウシクと同じくウクライナのアマエリートでここまでのキャリアでは長期政権を築いていたアドニス・スティーブンソンを敵地カナダにてKO。他にも世界王者となる前にKO負けのなかったマラウイのコンテンダーであるアイザック・チレンバを拳の怪我とはいえ棄権TKOで勝利しておりますな。テクニックに優れた選手でしたがベテルビエフはパワーで叩き潰しております。

ベテルビエフはここまでオールノックアウト勝利してきている強打者でアマチュア時代にもグヴォジクをKOしております。さらにオリンピックに2度出ておりセルゲイ・コバレフも下しています。

パワーだけではなかったロシアの豪腕…アルツール・ベテルビエフvs.オレクサンデル・グヴォジク

"俺はクルーザー級で絶対的なチャンピオンになるためにオレクサンデル・ウシクとの試合に純粋にスポーツとしてボクシングの試合をする興味があったよ。俺はその時トップランクとマッチルームとの契約を決めないといけないプロセスにいたんだ。どちらのサイドからのプロポーザルはほとんど同じだった。だから俺はマネージャーにエディ・ハーンが俺とオレクサンデル・ウシクとの試合を保証してくれるならマッチルームとの契約をすると伝えてくれと話したよ。彼らは時間をとって考えてくれていたみたいだけどついにアンサーは返ってこなかった。彼らは興味がなかったのかもしれないけど俺はウシクとの試合に興味があったんだ。ウシクとの試合ならスポーツの試合として盛り上がるし純粋に彼との試合をやってみたかったね。俺とウシクにはアマチュアの頃からヒストリーがあるからね。"

この2人なら確かになかなか良い組み合わせになるかもね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

北の大地のゴリゴリパンチャー…アルツール・ベテルビエフ!

adsense
おすすめの記事