adsense
adsense
pickup

WBO世界ウェルター級チャンピオンで今週末に元IBFチャンピオンのケル・ブルックとの試合を控えているテレンス・クロフォードさん。WBC.IBFチャンピオンのエロール・スペンスとの試合を期待されてますがスペンスとの試合が実現しなくても自分のレガシーには影響あるとは思えないと話しておりますな。

当て逃げボンバーやな( ̄ー ̄)テレンス・クロフォードvs.ケル・ブルック予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

クロフォードはライト級、スーパーライト級、ウェルター級で3階級制覇チャンピオンとなっている無敗のチャンピオン。対戦してきた相手にケチを付けられることが多いですが、スーパーライト級では4団体統一チャンピオンとなっており、かなり偉大なことを成し遂げておりますな。

"スペンスとの試合は来年には実現しないかもね。それは確かなことなんだけど、いつも言ってることで、俺のレガシーのためにスペンスとの試合が必要だと思ったことは一度もない。俺はこのボクシングというスポーツの中でとても多くのことを成し遂げてきた。だからこれには彼のことは特に必要ないんだよ。もちろんウェルター級で正真正銘のチャンピオンになるというレガシーや2階級目で正真正銘のチャンピオンになるためには必要だよ。でも彼との試合がやらなくても俺のレガシーには問題ないね。"

クロフォードが正しいこと話してるわ。

俺的現代のパウンドフォーパウンド テレンス・クロフォード

続いてスーパーウェルター級プロスペクトのチャールズ・コンウェルさん。ウェンディ・トゥーサントとの試合をアナウンスしておりますな。

スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはパトリック・テイシェイラが引き継ぎ。WBA.IBF王者のジェイソン・ロサリオ、WBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハード、ジュリアン・ウィリアムス、トニー・ハリソンらがおりますな。

ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"この試合はとても大きな試合だと思う。俺はここまで多くのことを経験してきてるけどキャリアの中で最も大きな試合になると思う。でも今回は大きな休みもあったからね。ファンやサポートしてくれてるみんなにも良い試合を見せたい。俺はみんなに期待されていても前と変わらない人でありたい。"

なかなかやるやん。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

カスターノのプレッシャーが勝るかな…パトリック・テイシェイラvs.ブライアン・カスターノ予想

adsense
おすすめの記事