adsense
adsense
pickup

WBC世界フライ級チャンピオンでメキシコ期待のフリオ・セサール・マルティネスさん。WBCから指名挑戦者のマクウィリアムス・アローヨとの試合が決まっていたものの負傷で辞退。次戦は6月26日にメキシコでホエル・コルドバとやるそうですな。

マルティネスさんタフガイを下す…フリオ・セサール・マルティネスvs.ジェイ・ハリス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

マルティネスは昨年12月にダニエル・ジェイコブスとフリオ・セサール・チャベス・ジュニアのアンダーカードでクリストファー・ロサレスをノックアウトしてタイトルを獲得。二月のハリス戦が初防衛戦となりましたな。

ロサレスとの試合では前にガンガン出てアグレッシブに出るスタイルと間合いを取ってカウンターを合わせるスタイルを使い分けてロサレスを圧倒。ブレークダウンして9ラウンドにストップに持ち込むなどかなりのクレバーさを見せパワーだけではないことを見せましたな。

まだまだマルティネスは新米チャンピオンですが2ヶ月間のスパンでの試合で判定勝ちということもあり少しこの辺りは不安かな。これからどう出るかはわからないけどより長くタイトルを保持して欲しいチャンピオンですな。まぁ体調管理はしてほしいけど。

ラフなだけではないメキシカンファイター!フリオ・セサール・マルティネス!

続いて元IBFスーパーウェルター級チャンピオンのカルロス・モリナさん。サム・エギントンとの試合について自分全盛期を迎えてると話してますな。スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはブライアン・カスターノが君臨しています。WBA.IBF、WBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハード、ジュリアン・ウィリアムス、トニー・ハリソンらがおりますな。ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"フォーカスしてるしこの試合以外に見ているものはない。彼は俺がファイトしてきた中でもベストな俺との試合をやることになる。相手が自信があるようでよかったよ。その自信を砕くことでより自信を得ることができるからね。どのような手を使っても勝つよ。"

やるやん。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

グランドスラムの行方はいかに…ジャーメル・チャーロvs.ブライアン・カスターノ予想

adsense
おすすめの記事