adsense
adsense
pickup

WBC.WBA.WBO.IBF世界ライト級チャンピオンのテオフィモ・ロペスさん。今週末にIBF指名挑戦者のジョージ・カンボサス・ジュニアとの試合を控えてますがマネージャーがテオフィモとWBOスーパーフェザー級暫定チャンピオンのシャクール・スティーブンソンはトップランクと契約した時から特別だったと話しておりますな。

ロマチェンコなら楽勝やろ( ̄ー ̄)…ファ!?((((;゚Д゚)))))))ワシル・ロマチェンコvs.テオフィモ・ロペス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

テオフィモはロマチェンコとのライト級史上初となる4団体統一戦を行なって前半戦を圧倒的なパワーで前に出られないロマチェンコをアウトボクシング。ポイントでリードを広げて後半に巻き返されて顔面を腫らされたものの12ラウンドにダメージを与えて逃げ切りましたな。

テオフィモはホンジュラス系のニューヨーカーでリオデジャネイロオリンピック代表のハードパンチャー。特にショートの右の破壊力は凄まじく、2度世界タイトルマッチをしているディエゴ・マグダレノやコンテンダーのメイソン・メナードを破壊しておりますね。

ライト級ではリチャード・コミーを痛烈な2ラウンドノックアウトで下してタイトルを獲得しており、ロマチェンコ戦で一気にトップ。次世代を担うボクサーになりましたな。

役者が違うかなぁ…テオフィモ・ロペスvs.ジョージ・カンボサス・ジュニア予想

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

"変な話かもしれないけど彼らと契約するときにはすでにトップランクも契約する前から話に前のめりだった。彼らはプロモーターと契約する前から世界タイトルマッチをやれる可能性が極めて高いファイターだった。あの2人はトップランクと契約した瞬間から特別だったよ。それにあんな風にパワフルなプロモーターがバックについていたらチャンスは回ってくるよね。テオフィモはプロの7戦目からメダリストと同じような相手との試合をやるようになった。そのプロセスはメダルを獲得した実績がなくてもいけるということを示してくれたね。トップランクのグレートなマッチメーカーが彼のことを金メダリストであるかのように仕立てたんだ。彼はメダリストと同じような相手とキャリアを歩んでるね。レナードとデラホーヤも同じようなキャリアを歩んでいた。彼らは完全に違うファイターだけど道のりはとても似てるよ。"

リオデジャネイロ組では確かにその2人が頭抜けてるね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

傲岸不遜なホンジュラスのニューヨーカー!テオフィモ・ロペス!

adsense
おすすめの記事