adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2015年にアメリカのシカゴで行われたWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ

王者河野公平vs.亀田興毅の一戦です!!

f:id:TBT:20190325210842j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合は河野の2度目の防衛戦。初防衛戦ではヒメネスと苦闘の末なんとかドローに持ち込んで初防衛戦に成功しましたが今回は初となるアメリカ戦で3階級制覇王者の亀田を迎え撃つこととなりました。

亀田はライトフライ級、フライ級、バンタム級で王座を獲得した3階級制覇王者。しかし国内のゴタゴタがあり日本で試合ができないためこの試合はアメリカで行われることに。この試合に勝てば日本人初の4階級制覇となります。

 

そしてこの試合は亀田が序盤ボディを効かせるもののローブローで2点減点。さらにカウンターでダウンを奪われて河野の手数に押し切られるような形で判定負け。試合後に引退を表明しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

亀田はガードを固めて左ボディ、左ストレートを伸ばして河野はジャブから右につなぐ。

亀田はスピード差を生かしてジャブを散らして間合いを保つ。

 

2ラウンド

亀田は左リードで河野の顔を弾いて河野は前に出て右ストレート、右フックをガードの外からねじ込む。

亀田は下がらず左ボディを差し込んで河野は右ストレートをガードの隙間から当てる。

河野は組みついてなりふり構わずパンチを放ち亀田は強力な左ボディで河野を効かせる。

しかしレフェリーはローブローの裁定で河野は回復。そして再開後亀田の左ストレートの打ち終わりに右ストレートをカウンターで一閃!亀田は尻餅をつくダウン!!

 

3ラウンド

河野は前に出て左右ボディからコンビネーションを顔面に放ち一発では終わらない。そして亀田は制止を振り切ってローブローを放ち減点。

河野は亀田のガードの外から右をねじ込んで頭が当たって2人ともイライラしている。

亀田は接近戦でローブローをまた放ちまた減点。かなり苦しくなった。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

河野はがむしゃらにコンビネーションを放ちインサイドで右フックを当てる。

中盤河野は右フックをトリプルで放って亀田の顔を押さえつけるようにジャブを出すなど泥臭く戦う。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 5ラウンド

亀田は左ボディストレートを伸ばして河野はインサイドで手数を多く出す。

亀田はインサイドでショートの左右フックを放つなど一歩も引かない。

河野は中盤右アッパー、右ボディを決めてジャブを触るように当てる。

 

 6ラウンド

河野はサイドに忙しく動きながら手数を多く出す。

中盤河野はワンツーをコンビネーションで放ちロープに亀田を追い込み、中央では右ストレートをガードの隙間から刺す。

そして亀田がローブローをアピールしてもレフェリーは取り合わず亀田は米国でも嫌われているようだ…

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

亀田は引かずにガードを固めるが河野の手数の多さが目を引く。

さらにバッティングを気にする亀田にワンツーを打ち込むなどプロフェッショナルさを見せる。

 

 8ラウンド

河野はワンツーから右ボディを差し込んでガードの上からでも打ち込む。

亀田も打ち返すものの右目尻から出血して単発で返すためポイントを奪われる。

 

 9ラウンド

河野は押さえつけたということで減点されてしまう。

そして中盤亀田の左フックが決まって河野はふらつく!

しかしタフな河野はすぐに打ち返して接近戦で引かずにボディをねじ込む。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

河野は右フックを叩き込んで右ボディをうまく差し込む。

ガードの上から叩きつけるような右フックを決めて亀田は少しバランスを崩す。

終盤もワンツーを何度も打ち込んで亀田もフックを打ち返す。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

11ラウンド

亀田は右目がかなり腫れており右ストレートをもらって下がる!

中盤亀田はフックのコンビネーションを放ち押し返すが河野のねじ込むようなショートの右をもらう。

 

12ラウンド

亀田はガードの外から右フックをねじ込んで河野も打ち下ろしの右を返す。

インサイドで激しく打ち合う2人だが河野は自分のパンチをねじ込んですぐに腕を絡める。

亀田は終盤カウンターの左をダブルで当ててお互い死力を尽くした好勝負となった。

 

判定は115-109.113-111.116-108の3-0で河野!!

ちなみに僕は114-111で河野でした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

いい試合やったな…

 

スーパーフライ級最高峰かと言われるとそうではないけどこの試合は亀田の試合の中でもかなりいい試合だったし、ベストバウトかもしれませんな。

 

亀田はどうしてもメンタルが弱く、試合中に弱気になることがめちゃくちゃ多い。この試合でもバッティングを気にしてたけどよく盛り返したなと思います。

 

ただローブローの減点を2度食らってボディブローを打てなくなったのはめっちゃ痛かった。河野は2ラウンド明らかにボディ効いてたしあれは少しかわいそうだったな…まぁ嫌われ者はどこ行っても嫌われるのかな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事