adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年に行われる予定のWBO.WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ

王者ホセ・ラミレスvs.ジャック・カタオールの一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190808000748j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

両者の紹介

 

 

ホセ・ラミレスについて

ラミレスは1992年生まれの26歳。アメリカのカリフォルニアのアベナル生まれで現在も在住。カリフォルニアではかなりの人気を誇っており地元のヒーローですな。

 

ここまでのレコードは25勝17KO無敗。全戦全勝のレコードを持ち身長178センチ、リーチも184センチと前回の試合で破っているモーリス・フッカーほどではないながらも恵まれた体格を持ちます。

 

ここまでのキャリアではNABFジュニアタイトルやWBCアメリカ大陸タイトルを獲得。当時無敗のマイク・リードをKOして世界タイトルに挑戦することとなります。

 

世界戦ではアミール・イマムに判定勝ちして空位のタイトルを獲得。さらに無敗のアントニオ・オロスコを2度ダウンさせて大差判定勝ちなどキャリアを積んでいきます。

 

しかし今年2月の防衛戦では元WBOライト級タイトル挑戦者でサウスポーの強打者のホセ・セペダに大苦戦。何度も左ストレートを浴びて僅差判定をモノにしましたが間合いを取る相手への課題を残しましたな。

 

しかし今年7月に敵地テキサス州にて決まったWBO王者で当時無敗のモーリス・フッカー戦で大ブレイク。フッカーはここまで無敗で全ての世界戦を敵地で勝ち抜いてきたロングマンでしたな。

 

初回から前に出てスリップ気味のダウンを奪うとフッカーは間合いを与えてもらえず四苦八苦。左ボディを食らって効いたシーンもありましたが6ラウンドに痛烈なワンツーからの左フックを効かせると後退したフッカーに連打をまとめてストップ!見事に無敗のまま統一王者となりましたな。

 

この勝利でラミレスはジョシュ・テイラーとレジス・プログレイスのWBSSトーナメント決勝にしてWBA.IBF王座統一戦の勝者との対戦が濃厚に。クロフォード以来の4団体統一に向けて負けられませんな。

 

選手としての特徴はガードを高く上げて間合いを詰めてから左フックのリードと右ストレートを放り投げてくるプレッシャーファイター。接近戦でも左右フックを振り回すし中間距離でも戦えてパンチの戻りも速いですな。

 

ただこの選手はパンチの反応が良くない。セペダ戦でも比較的速くないセペダのパンチを何度も被弾していたし、減量も苦しいのかフッカーのボディブローが明らかに効いたシーンもありましたな。

www.boxsharpjab.com

 

 

ジャック・カタオールについて

カタオールは1993年生まれの26歳。イギリスのランカシャー生まれでサウスポースタンスのかなり変則的なスタイルの持ち主でやりにくい相手ですな。

 

ここまでのレコードは24勝13KO無敗。いわゆるスリックなタイプで相手と間合いを取りながら常に半身に構えるアウトボクサー。身長は170センチでWBOスーパーライト級の指名挑戦者ですな。

 

キャリアの中ではWBOヨーロピアンタイトルや英国王座を獲得しているもののWBOインターコンチネンタルタイトルを獲得してからはなんとかの王座を4年間も保持。WBOのランキングを着々と上げてきましたな。

 

キャリアの中で優れた相手は当時無敗のサウスポーであるタイロン・マッキーナに判定勝ち。英国タイトル戦ではタイロン・ナースに判定勝ちしておりコンテンダーで左右フックを振り回す強打者のオハラ・デービスにも判定勝ちしてますな。

 

選手の特徴は半身に常に構えるサウスポーでガードもあまり高くはないです。しかし基本的に相手のパンチはスウェーで外してワンツーをロングレンジから打ち込んでくるアウトボクサーのスタイルですね。

 

あまり手数はないもののフェイントと打ち終わりのカウンターで相手を警戒させるのがうまく、対戦相手はデービスのようなアグレッシブな相手でもカウンターを警戒して膠着状態になることが多いです。

 

しかしこの選手の場合は基本的に間合いが必要なので多少の被弾を気にせず前に出てきてなおかつ回転力の高いラミレスのような相手は多分苦手。体格的に押し込まれてしまうとズルズルポイントを失いそうかな

www.boxsharpjab.com

 

 

試合予想

 

今回の予想ですがラミレスの判定勝ちでいきたいと思います!!

 

かなり無難な予想かなと思うんですけどパンチをまともにもらわずに常に半身で構えているカタオールを捉えるのは難しい。でもポイントを振るならラミレスのアグレッシブさと手数というラウンドが多くなると思う。

 

イメージアミール・イマムとやった時のラミレスのような感じかな。あの試合では腕を振り回すスペースがいるイマムを押し込んだラミレスがポイントをとり続けて判定勝ちしていたし今回も同じ展開かなと思う。

 

カタオールが勝つとしたらラミレスの動き出しにジャブやワンツー、アッパーを合わせ続けること。しかしラミレスの前進を止めるだけのパワーがあることが前提になるけどカタオールにはそれがない。

 

デービスは腕を振り回してくるだけだけどラミレスは頭から体ごと突っ込んでくるのでこの違いはかなり大きい。ラミレスの体格とパワーとスタイルならカタオールには中差判定で逃げ切れると思う。

 

まぁここではラミレスに勝ってもらわないとな。カタオールはエキサイティングなタイプではないしこの人は王者になっても人気は出ないだろう笑笑。それならラミレスの方がまだいいや。

 

ラミレスのスタイルは個人的にはあまり好きではないんですけどラッシュの時は本当にデラホーヤを思い出したし相手を効かせた時やロープに詰めた時の回転力の高さは凄くいいですよね。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事