adsense
adsense
pickup

WBO世界スーパーバンタム級王者で来週防衛戦を控えているエマヌエル・ナバレッテさん。フランシスコ・デ・バカとの防衛戦の次は統一戦をやりたいと話しております。

f:id:TBT:20190810115519j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ナバレッテは昨年末まで無名のメキシカンだったものの当時スーパーバンタム級最強とされていたアイザック・ドグボエにロマチェンコとペドラサのカードの前座でまさかの判定勝ち。サイズとリーチの差と持ち前のパワーを生かした判定勝ちでスーパーバンタム級を震撼させましたよね。

 

そして今年5月にはアリゾナ州でベルチェットとバルガスのリマッチのカードの前座にてドグボエとダイレクトリマッチ。この時は減量に大いに苦しんできたドグボエを攻め立てて12ラウンドTKO勝ち。フロックではないと示しましたな。

 

"俺たちは長く世界王者でありたいと思ってるからとても準備を長くしてきたし俺たちだけでしてきたんだ。対戦相手が何をしてきたとしても俺なら準備ができているし俺たちが必ず勝つことになるよ。そして今回の防衛戦に勝てばその次にはスーパーバンタム級の他のチャンピオンと統一戦がやりたいと思う。"

 

スーパーバンタム級の影の薄さはえらいことになってるからなぁ笑笑。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて今週末のニューヨークのバークレイズ・センターで行われたWBOスーパーウェルター級インターナショナル王座のタイトルマッチとなる試合でSHOTIMEのテレバイズのカードのファーストバッターとして出陣したカーティス・スティーブンスさん。ウェール・オモトソにKO負けしましたが試合後のコメントが入っております。

 

スティーブンスは元々ミドル級コンテンダーとして名を馳せていた男でも強打のコンテンダー。ゲンナジー・ゴロフキンにある時期では最も強い相手だったと話されるなどその実力の高さは折り紙つき。キャリアで初めてのスーパーウェルター級での試合になりますがよりパワーが発揮できるようになると話していましたな。

 

"オモトソは俺を初回に右のオーバーハンドを当ててきて俺はダウンしたけど俺はあのパンチで平衡感覚をなくしてしまったんだ。でもそのことは俺にはそんなに影響しなかった。俺はあまり強く踏み込めなくなってしまったんだ。もう少しで届くところで捕まってしまったな。俺は大丈夫だったけどレフェリーが決めたことだ。3回ダウンしてたしダメなように見えたんだろうな。"

 

スティーブンスさんかなりショックな負けになったな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事