adsense
adsense
pickup

WBA世界クルーザー級戦線の話題ですがブルガリア人でWBAランキング1位であるリャドのマーフィーさんと無敗のハンガリーのコンテンダーであるイムレ・スゼーロとの顔合わせで暫定王座決定戦を行うことがアナウンスされちゃいましたな。

グーラミリアンマジで強くね?アーセン・グーラミリアンvs.マーク・フラナガン

マーフィーさんはかつてWBAレギュラー王者であるみんなご存知であるフランスの強打者のアーセン・グーラミリアンに敗れております。しかもKO負けで確か昨年だったかな?そんなこんなもあってこの試合は少し疑問符がつくのとグーラミリアンさん健在なのになんでなのかな?とは思いますよね。

この試合は10月19日に中立地とも言えるベルギーで行われるとのことでスゼーロは36歳でアマチュアから遅くプロに転向してきた男ですな。ハンガリーのクルーザー級といえば長期政権を築いてくれた技巧派のゾルト・エルデイがとても有名ですよね。

WBAのクルーザー級は長きにわたり君臨してきたデニス・レベデフさんが39歳となりビッグマッチも決まらないことで引退をアナウンス。グーラミリアンがレギュラー王者ですがその前には2階級制覇王者のベイブット・シュメノフも王座を剥奪されるまではおりグーラミリアンと誰も対戦しないことが少しきになるな。まぁそんなに強いということなのだろうな笑。

強打者同士の激闘@ロシア デニス・レベデフvs.ムラト・ガシエフ

続いてアイルランドのアマチュアスターでライトヘビー級でプロデビューすることをアナウンスしていたジョー・ウォードさん。ニューヨークに拠点を置くことになるようでルー・ディベラと契約をしたことを明かしております。

ウォードさんは25歳でリオデジャネイロオリンピックのチームにも選ばれるほどのアマチュアとしての経験、実績がある選手です。ヨーロピアンのエリート大会で金メダルを獲得しており2017年と2015年、2011年にヨーロピアン大会で金メダルを獲得しており、さらに2010年のユースオリンピックでは金メダル。2009年のジュニアオリンピックでも金メダルを獲得しておりなぜオリンピックに出られなかったのが不思議だな笑笑。ちなみにトレーナーはブディ・マクガートさんがつくようですな。以下はディベラのコメントです。

"マーフィーボクシングとともに働けることにエキサイトしてるよ。俺はタイムスクエアボクシングとは共にとてもいい関係を築いてきてるんだ。俺たちは本当にファイターのことを気にかけてる。彼のスキルと才能なら世界王者に時期になれると信じてる。"

ライトヘビー級はみんなキャリア浅いうちにチャンピオンなってるな。

北欧のアマエリート同士の王座統一戦!!アルツール・ベテルビエフvs.オレクサンデル・グヴォジクの試合をテレビで見る方法は?これまでの2人の経歴も紹介!

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW

adsense
おすすめの記事