adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年11月23日に行われる予定のWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

王者アンドリュー・カンシオvs.レネ・アルバラードの一戦です!!

f:id:TBT:20190701232251j:image

これはなかなかの凡戦の予感がするぞ…ジャメル・ヘリングvs.レイモント・ローチ予想

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はカンシオの2度目の防衛戦ですね!

両者の紹介

 

アンドリュー・カンシオについて

カンシオは1988年生まれの30歳。カリフォルニアのベンチュラにお住まいでここ2試合の世界戦はどちらも地元のカリフォルニアで行なっており大盛況ですな。

ここまでの戦績は21勝16KO4敗2引き分け。戦績を見て貰えばわかる通りかなり骨太なキャリアを歩んでおりスーパーバンタム級コンテンダーのロニー・リオス、スーパーフェザー級コンテンダーのジョセフ・ディアスには敗れてますがKOされたのはディアスのみでこれもカットによるものですな。

キャリアの中では元2階級制覇王者のウーゴ・カサレスをKO。さらに世界戦では当時無敗のアルベルト・マチャドを4ラウンドボディ攻撃でまさかのKO勝ち。初回にダウンしながらもアップセットを起こしましたな。

減量に苦しんだマチャドはカンシオにダイレクトリマッチを求めてカンシオは応じます。そしてリマッチではカンシオが自信満々で前に出て3ラウンドに左ボディ1発でマチャドをまたまたKO!評価を上げておりますな。

ちなみに今回指名挑戦者として挑んでくるアルバラードとは2015年に拳を交えておりこの時はアルバラードをダウンさせて右目尻のカットによるTKO勝ち。リマッチに応じる形となりますな。

選手としての特徴はガードをがっちりと固めて前に出てきて相手のパンチを弾いて接近しては左右ボディを打ち込むファイター。乱打戦を得意としており攻防分離。打たれ強さはかなりのものでジョセフ・ディアスのパンチをもらってもびくともしませんな。

当然ながらあまりセンスの高さはありません。しかし驚異的な打たれ強さとしつこさで相手を根負けさせてしまえるタイプ。ボディと見せかけて顔面に返す左右フックも思い切りがよくスタミナも大したものです。

カンシオさんマチャドを地元で返り討ち…アンドリュー・カンシオvs.アルベルト・マチャド2 試合後のコメントもあり!

 

レネ・アルバラードについて

アルバラードは1989年生まれの30歳。ニカラグアのマナグア出身で身長170センチに対してリーチは183センチとかなり恵まれた体格を持つ選手ですな。

ここまでの戦績は31勝20KO8敗。ここまでのキャリアはまさに骨太で6回戦時代には後にWBAスーパーフェザー級王者となるジェスリール・コラレスに負けています。

キャリアの中ではロビンソン・カスティリャノスにKO勝ちしてWBCシルバータイトルを獲得。オリンピック銀メダリストのロッキー・フアレスに負けてその後はエリック・ハンター、ジョセフ・ディアスら当時のフェザー級コンテンダーに負けています。

さらにカンシオには前述の通りカットによるTKO負けを喫しておりKOされたのはこの試合だけ。3階級制覇王者のユリオルキス・ガンボアに負けているものの10ラウンドにダウンを奪ってますな。

さらにはエフゲニー・グラドビッチへのIBF王座挑戦で引き分けたジェイソン・ベレス、2度世界タイトルに挑戦していたデニス・シャフィコフに勝利してついに世界挑戦権を得ましたな。

選手としての特徴はオーソドックスの構えから長いリーチを生かしてワンツーを飛ばしてくるタイプ。アウトボクサーと言えるほど足が使えるわけではないもののパンチはかなり強く相手の前進を止めますな。

さらに近づかれても必ず打ち返してフックやアッパーをねじ込んでくるため意外と穴がないです。ガードの上からでもコンビネーションを大振りで当ててくる中南米特有のやりにくさがありますね!

びっくりしすぎて言葉が出ません…アルベルト・マチャドvs.アンドリュー・カンシオ

 

試合予想

今回の予想だがカンシオの9ラウンドTKO勝ちでいきたいと思う!!

この2人がやると相性的にどうしてもカンシオの方が優位に立つと思う。カンシオのアタックはかなりめんどくさい。そしてアルバラードのフットワークでは捕まるだろうな。

カンシオの1番厄介なところは打たれても打たれてもマジで止まらないところ。この人はかなり打たれ強いし正直デービスとかベルチェットクラスの強打者じゃないと止められない気がする笑笑。

基本的に相手が打ってくる時はガードしてるのですが打ち終わりに必ず前に来るのと強烈なプレッシャーをかけてくるので休めない。アルバラードは疲れてもパンチを出すけどボディ打ちが得意なカンシオとは相性が悪いよね。

アルバラードがやるべきことは入り際にカウンターを合わせること。マチャドが初戦にしたように入り際にアッパーを合わせられたらかなり最高だけどそんなにうまくはいかないかな。

カンシオはここで勝てたらまた評価が上がる。マチャドとのリマッチではカットしたぐらいしかダメージがないしこの試合に勝てたら今度はマジでIBF王者のファーマーとかジョセフ・ディアスとのリマッチもあり得る。

マチャドとの二連戦で階級の4天王になれたことは間違いない。俺の中ではデービス、ベルチェット、カンシオ、ファーマーの順番かな。ヘリングさんは圏外笑笑。デービスとベルチェットには勝てないだろうけどディアスとファーマーなら良い試合になりそう。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

メイウェザーさんお抱えのスーパーバッドなタンク!!ガーボンタ・デービス!!

 

adsense
おすすめの記事