adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2014年アメリカで行われたIBF世界ウェルター級タイトルマッチ

王者ショーン・ポーターvs.ポール・マリナッジの一戦です!!

f:id:TBT:20190330115423j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はポーターの初防衛戦。デボン・アレクサンダーをアップセットの判定で下したフィジカル重視の突貫ファイターは2階級制覇王者のマリナッジを相手に防衛に臨むこととなりましたね。

マリナッジはスーパーライト級とウェルター級で王座を獲得したスマートなジャバー。敵地ウクライナでタイトルを奪い去るなどかなりのメンタルの持ち主だがポーターの突進を止めるパワーがあるのかは疑問だ。

 

そしてこの試合はジュダーを下して波に乗るマリナッジをポーターがパワーと突進力であっさり制圧!マリナッジにゴリゴリ距離を詰めて4ラウンドにロープ下に突き落とすダウンを奪って勝負を決めました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

ポーターは開始から圧力をかけてジャブをどんどん飛ばしてくる。

マリナッジはジャブを出してボディに飛ばしてクリンチする。

ポーターは体ごと押し込んできてフィジカル的には絶対的に強い。

マリナッジはワンツーを出してポーターはボディで踏み込む。

 

2ラウンド

ポーターは遠い間合いからワンツーをボディに伸ばしてくる。

さらに頭から突っ込んでくると左右フックを振り回してくる。

前にガンガン出てくるポーターは思い切り右を振り回してくる。

さらに右フックを当てるとマリナッジは効いてしまいクリンチに逃げる。

 

 

3ラウンド

マリナッジはジャブを飛ばして間合いを保とうとするがポーターは御構い無しに来る。

ポーターはマリナッジのジャブにアッパーを合わせてワンツーを放り込む。

マリナッジはジャブを出してもみ合いの中でボディをねじ込む。

 

4ラウンド

開始早々ポーターがトリプルジャブから右を打ちおろすとマリナッジはダウン!!

ポーターは起き上がったマリナッジにどんどん前に出て詰めて左右フックを振り回してくる。

そしてポーターは飛び込んで左フックを当てるとマリナッジは腰砕けに。ポーターは右スイングからロープ際でクリンチしてくるマリナッジに左右フックを振り回してマリナッジは押し倒されるようにダウン!!レフェリーが試合を止めました!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

喧嘩かよ…

 

と言いたくなるぐらいこの頃のポーターの試合のスタイルは荒々しい。頭から突っ込んできて左右フックを振り回すスタイルはなかなか怖いですよね。

 

マリナッジからしたらもはや相性最悪の相手と言えます。マリナッジはパワーがないし間合いを取りたいけどポーターの突進を止められない。これは受けるべき試合ではなかったかもな。

 

ちなみにこれはマリナッジの最後の世界戦。多くの世界タイトルマッチを戦ってきましたがここまで圧倒されたのはカーン戦と同じくらいなのかな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事