adsense
adsense
pickup

ウェルター級最強トーナメント開始…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーターの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!!現代を代表するボクサーの1人で一部ではパウンド・フォー・パウンドとして脚光を浴びる現IBFウェルター級王者のエロール・スペンス。圧倒的なパワーと強靭なフィジカルを生かしてぐいぐい前進する好戦的なファイトスタイルでウェルター級で最も恐れられる存在です。

f:id:TBT:20190725161302j:image

 

これまで世界戦に至るまで誰も彼と対戦したがらずに世界挑戦に必要な挑戦者決定戦の相手が決まらなかったり、王者になってからも選択防衛戦が決まらなかったりとその強さと釣り合わない報酬から苦しんでおります。

キャリアの中では元WBO世界スーパーライト級王者でマカオでマニー・パッキャオと対戦して6度ダウンしたものの立ち上がって判定まで粘ったクリス・アルジェリ、キース・サーマンの持つWBAタイトルに挑戦したイタリアのコンテンダーのレオナード・ブンドゥ、元2階級制覇王者でアミール・カーンやデビッド・アバネシヤン、ケンドール・ホルトに勝利してきたレイモント・ピーターソン、ショーン・ポーターからIBFタイトルを奪ったシェフィールドのスターであるケル・ブルック、4階級制覇王者で当時無敗のマイキー・ガルシアを下しております!

そんなあまりの強さに対戦相手が見つからないスペンス。今年の3月に4階級制覇王者のマイキー・ガルシアとの対戦を制して試合後にかのマニー・パッキャオがリングイン!!今後のビッグマッチに含みを持たせています!

9月28日にはWBC王者のショーン・ポーターとの王座統一戦が決定!ロサンゼルスのステープルズ・センターとのことでポーターの地元に近い場所での試合になりますね!

しかもプライベートではやたらと目立っているWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者でバッドガイのガーボンタ・デービスや元4階級制覇王者のエイドリアン・ブローナー、元IBF世界ライト級王者のロバート・イースター・ジュニアとアリーナで出くわした時に仲よさそうに話してたり対抗王者のWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォードとはモーリス・フッカーのカードでオクラホマ州のアリーナで出くわしてお前を潰してやると発言…少しバッドで怖い面も併せ持つ男です。

ということで、彼の試合をより楽しむためにスペンスの来歴をまとめてみました!!

センス抜群のワンタイム!!キース・サーマン!!

 

スペンスの戦歴

 f:id:TBT:20190727204108j:image
スペンスのプロフィール

エロール・スペンスは1990年生まれの28歳。アメリカのニューヨーク州ロングアイランド出身のアメリカ人ですね。

アマチュアボクサーとして活躍していたスペンスは全米選手権やナショナル・ゴールデングローブスにて優勝。世界選手権にも出場しており、ロンドンオリンピックにも出場しています。

残念ながらメダル獲得はならなかったもののオリンピック後にプロに転向。このころからアメリカボクシング界の次世代のスター候補としてかのレジェンドのシュガー・レイ・レナードにトレーナーになるよう志願するなど、大きな期待を背負ってきましたね!

オカンポさんスペンスの前に沈む…エロール・スペンスvs.カルロス・オカンポ

 

これまでの実績

f:id:TBT:20190727204134j:image

スペンスは2012年に22歳でプロデビュー。この頃から圧倒的な強さで連勝街道をひた走っていた彼はかのメイウェザーに自信の後継者に指名されるなど大きな注目を集め、世界的に最も層が厚いと言われるウェルター級の王者候補となります。

2016年には元WBO世界スーパーライト級王者のクリス・アルジェリと対戦。アルジェリは元キックボクサーでルスラン・プロボドニコフに挑戦して初回にダウンを奪われたもののアウトボクシングで巻き返す大番狂わせで王座戴冠。パワーレスながらも的確なジャブとフットワークで相手の攻撃をかわす選手です。

6階級制覇王者のマニー・パッキャオにもマカオにて挑戦。6度のダウンを奪われる内容で圧倒され、ポイントではコールド負けほどの大差の判定で敗れましたが何度ダウンしても立ち上がり、大きなハートを世界に見せましたね。

しかしこの試合はスペンスがジリジリ距離を詰めてロングレンジでも接近戦でもアルジェリを圧倒!圧倒的な内容でパッキャオの猛攻に12ラウンド耐えたアルジェリを5ラウンドでKOし、世界王者になる前ですが、スペンスはこの試合で2500万もの大金を稼いでいます。

さらにIBF指名挑戦者決定戦でトップランカー達に対戦を断られた挙句ベテランのレオナルド・ブンドゥと対戦。6ラウンドにロープ際で強烈な左アッパーを決めてKO勝ちを収め、IBF王者のケル・ブルックへの挑戦権を獲得しました。

えらい奴が現れたもんやな…エロール・スペンスvs.クリス・アルジェリ

 

最も恐れられるウェルター級王者として

f:id:TBT:20190727204232j:image

そして迎えた世界初挑戦。敵地イギリスにてスペンスと同じく階級屈指のフィジカルを持つシェフィールドの英雄ケル・ブルックの持つIBF王座に敵地挑戦します。

ブルックは前戦でミドル級に一気に階級を上げて最強王者だったゲンナジー・ゴロフキンへと挑戦しましたが、予想以上の善戦の末 5ラウンドTKO負け。初黒星を喫しており、最早ウェルター級のウェイトを作るのは厳しいと見られましたが、スペンスの挑戦を受ける男気を見せました。

さらにブルックの王座戴冠試合は現WBCウェルター級王者のショーン・ポーターからアメリカに乗り込んで奪ったもの。圧倒的な突進力を誇るポーター相手に一歩も引かずに打ち合ってフィジカルの強さとスキルを証明しましたね!

そして大きな注目を集めたこの試合はスペンスが全力で肉薄してくるブルックを徐々にパワーで突き放して11ラウンドにTKO勝ち!!ブルックのジャブや右ストレートを浴びる場面もありましたが、左右ボディと強烈な左ショート、ストレートのようなジャブでブルックの目の骨を折るパワーを見せましたな・・・

そして迎えた初防衛戦ではかつてブルックへの指名挑戦者決定戦での対戦を断ってきた2階級制覇王者のレイモント・ピーターソンを相手に迎えます。

ピーターソンはスーパーライト級とウェルター級を制した2階級制覇王者。ここまでWBOスーパーライト級暫定王座、WBAスーパー、IBFスーパーライト級王座、WBAウェルター級王座を獲得してきた強豪です。

対戦相手としてはアミール・カーンに勝利、元王者のケンドール・ホルトをTKO、ティモシー・ブラッドリー、ルーカス・マティセー、ダニー・ガルシアなど一流どころには敗れましたが、前戦ではデビッド・アバネシアンに判定勝ちして2階級制覇。ビッグマッチを求めて王座を捨ててスペンスに挑んできました。

試合前から圧倒的優位を予想されたスペンスはピーターソンにほとんど何もさせないまま ロングレンジに釘付けにする8ラウンド終了TKO勝ち!!圧倒的なパワーでピーターソン陣営をギブアップに追い込みましたね!!

そして2度目の防衛戦では指名挑戦者のカルロス・オカンポと地元のテキサス州にて対戦して初回ボディ1発でKO…怪物ぶりを見せつけました。

ブルックさんまたも重傷を負う…ケル・ブルックvs.エロール・スペンス

 

マイキーとの対戦

f:id:TBT:20190727204322j:image

スペンスの3度目の防衛戦は4階級制覇王者のマイキーと対戦します。

マイキーは4階級制覇王者でフェザー級からスーパーライト級までを無敗のまま制した怪物ボクサー。貫通力の高いワンツーと精度の高いジャブで相手をコントロールするアウトボクサーです。

これまでのキャリアでオルランド・サリド、デヤン・ツラティカニン、ファン・マヌエル・ロペス、セルゲイ・リピネッツ、エイドリアン・ブローナー、ロバート・イースターといった王者たちを危なげなく倒してきたパウンド・フォー・パウンドの一人と目される強敵ですね!!

試合は2019年3月に行われ、PPVの試合として大きな注目を集めます。マイキーはこの試合のために2階級あげてスペンスに挑みましたが試合内容は一方的に。。マイキーはスペンスのサイズとリーチに対抗できずシャットアウト。スペンスはこの試合で1000発以上のパンチを放って、スペンスが大差の判定勝ちでパウンド・フォー・パウンド対決を制しました!!

そしてこの試合の後に6階級制覇王者でWBAレギュラー王者のマニー・パッキャオがリングイン!!対戦を希望する旨の発言をして両者の対戦の機運が高まっています!!

しかしパッキャオはその数日後ツイッターでファンに次の対戦相手は誰がいい?と聞いてその中の名前にスペンスは入ってませんでした笑。そしてスペンスは9月28日にロサンゼルスのステープルズ・センターにてWBC王者のショーン・ポーターと対戦!王座統一戦となりますね!!

マイキーさん耐え忍ぶ戦いになってしまう…エロール・スペンスvs.マイキー・ガルシア 試合後のコメントもあり!

 

今後期待される試合

f:id:TBT:20190727204344j:image

世界的な評価を受けるスペンスに期待される試合は同じウェルター級にいる、WBAスーパー王者のマニー・パッキャオ、WBC王者のショーン・ポーター、WBO王者のクロフォードらとの対戦です。

スペンスはウェルター級の中でも特に大柄で最強候補間違いなしです。これまで世界戦では苦戦したこともないですし何よりも無敗のマイキーにあったり勝ってしまったことからパウンド・フォー・パウンドとされているテレンス・クロフォードと同格かそれ以上とする声もあります。

しかしあまりの強さに対戦を避けられている点と、他の王者達も狙われる存在のためすんなりとは実現していません。しかしマイキーを破ったことでまずはWBC王者のショーン・ポーター、次にマニー・パッキャオと対戦する機運が高まっており今後は間違いなくビッグマッチ路線に行きそうですね!

今年はスペンスイヤーになりそうやぞ…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーター予想

 

スペンスのファイトスタイル

f:id:TBT:20190727204502j:image

www.youtube.com

スペンスのスタイルはガードを高く上げてジリジリ前進して下がる相手には左ストレートを顔面、ボディに散らして中間距離に釘付けにしてしまうスタイル。または、接近して強烈な左アッパーを中心とした攻撃で相手を削るパターンがあり、どちらも相手の心を折るスタイルと言えます。

しかもマイキー戦ではそのコンビネーションで試合中1000発のパンチを放つなどスタミナも驚異的。普段のウェイトは180ポンドでクルーザー級ですがそこから絞ってもそこまで動けるんですね・・・

スペンスの強打はWBAミドル級王者のブラントの右手をガードの上から打撲させるほどなのでウェルター級ではかなりのものです。そのパワーを最大限生かしたゴリゴリのファイトスタイルですね!!

スペンスさん2階級王者のピーターソンを物ともせず…エロール・スペンスvs.レイモント・ピーターソン

 

まとめとスペンスの今後

f:id:TBT:20190727204646j:image

いかがでしたでしょうか?圧倒的なパワーとフィジカルでパウンド・フォー・パウンドの1人として君臨するエロール・スペンス。彼の試合は日本でも人気が高く、多くのファンが付いており、今後も数多くのビッグマッチを戦う可能性が極めて高いです。

今後の対戦相手候補としてWBC王者のショーン・ポーター、WBAスーパー王者のマニー・パッキャオが挙げられておりどちらとやることになってもビッグイベント間違いなしですね!

ちなみにスペンスの試合をテレビで見るにはWOWOWのエキサイトマッチが最適です。過去の試合もリピート放送でされていますし、WOWOWを是非試してみてはいかがでしょうか?

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ウェルター級最強トーナメント開始…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーターの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!!

 

adsense
おすすめの記事