adsense
adsense
pickup

先日ラスベガスにてキース・サーマンとの激闘の12ラウンドに渡るWBA世界ウェルター級タイトルマッチを行なった末に12ラウンド判定勝ちということで自身初のWBA世界ウェルター級スーパータイトルを獲得したマニー・パッキャオさん。フロイド・メイウェザーとのリマッチを目指しておりますがトレーナーのフレディ・ローチがパッキャオのパフォーマンスでメイウェザーがビビったかもしれないと話しております。

f:id:TBT:20190726185832j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

パッキャオは初回からかなりアグレッシブに出てきて先制攻撃。サーマンの目が慣れる前に右フックでフラッシュダウンを奪って優位に立つとパッキャオはより優れたハンドスピードで序盤を優位に進めます。

 

しかしサーマンもパワフルなショットをガードの上から出してさらには足を使って間合いを取り打ち終わりにカウンターをする作戦を機能させておりました。右フックでパッキャオを効かせる場面もありましたがパッキャオが10ラウンドに左右ボディでサーマンを効かせてサーマンの方が明らかに落としたラウンドが多かったのが敗因かな。

 

"メイウェザーのことはよくわからないな。なんだかこの話題を避けてるように見えてるよ。メイウェザーは本当に静かだったよね。彼がいつもしてるように試合の後に誰かを呼ぶこともしなかったし判定の結果が出たらすぐに帰ってたからね。多分マニーのパフォーマンスに少しビビってしまったんだろうな。パッキャオの名前がメディアに取り上げられる度に本当にボクシングのアイコンだなって思うよ。"

 

まぁそうなんやけどメイウェザーもうボクサーとはやらんかな笑笑。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて先日サウジアラビアで行われたアミール・カーンvs.ビリー・ディブのWBCウェルター級インターナショナル王座決定戦のリングの前座で元WBCヘビー級王者のサミュエル・ピーターと対戦してTKO勝ちを収めていたヒューイー・フューリーさん。自分はヘビー級で世界5位内に入ってると豪語しております笑笑。

 

ヒューイーさんはWBO王者であったジョセフ・パーカーと地元のイギリスで試合をしてこの時は2-0の判定負け。2-0ではあったものの内容的にはかなり乏しく運動量と手数のないヒューイーの惨敗と取る向きの方が多かったですな。その後はブルガリアでクブラト・プレフと対戦して目の上を負傷して判定負け。しかし今年再起戦で復活してきましたな。

 

"俺は自分のことを世界ランキング5位内に入れたいと思ってるんだ。俺はカムバックしてきてそのようなことをしてるんだ。俺と対戦したいやつなら誰とでもやるよ。誰と対戦すること恐れてはいない。俺は世界王者にならないと思ってるのならボクシングを続けてたりなんかしてないよ。俺は世界王者になるためにボクサーをしてる。それがゴールなんだ。"

 

ヒューイーがランキング5位ならえらい構図になる。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事