adsense
adsense
pickup

先日ラスベガスにてWBA世界ウェルター級王者のキース・サーマンを下してスーパー王座を獲得した40歳のマニー・パッキャオさん。引退するかどうかは本人のみが語れることだとトレーナーのフレディ・ローチが語っております。

f:id:TBT:20190725162652j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

"サーマンはパッキャオを引退させると話してたけどパッキャオはそれを拒否していたよね。だから引退するのを決めるのはパッキャオ本人なんだ。他の誰でもないよ。この試合の前にもパッキャオと対戦してきた奴らはパッキャオを永遠に引退させるつもりで挑んできて跳ね除けられてる。今俺に言えるのは次に名があるのかはわからないことだね。まずは少し座ってみることが必要だとは思う。まずはパッキャオを家族とともに休ませて議員としての役割を果たさせることが大事だね。マニーはWBAのベルトを統一したばかりなんだ。ポーターやスペンス、クロフォードと統一戦をやる必要がある。だけど今は誰も対戦相手がいない。俺たちはただの楽しみのためだけに試合をしてるんじゃないよ。メイウェザーが引退から出てきたらいいんだけどね。でも他の奴らとでもタフな試合になるよ。"

 

パッキャオとポーターならパッキャオ勝てそうな気がするぞ。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてヘビー級コンテンダーで先日フィンランドの巨人であるロバート・ヘレニウスをまさかの8ラウンドTKOで破ったジェラルド・ワシントンさん。ヘレニウスを破るために全てのことを尽くしたと試合後に話しております。

 

ワシントンはかつて無敗だった時にWBC世界ヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダーに挑んで 5ラウンドTKO負け。その後はコンテンダー達の踏み台として扱われておりコンテンダーのジャレル・ミラーに昨年敗れており今年の1月にはアダム・コウナッキにKO負け。今回のヘレニウス戦でも厳しいと見られてましたがなかなかのバウンスバックとなりましたな。

 

"俺はここ数戦の間トレーナーを変えたりしていたんだよ。スタイルも取っ替え引っ替えしていたんだ。今夜俺がこのようなパフォーマンスでヘレニウスに勝てたのは1つのことに固執してそのことをやり通したからだね。それが俺の今回の勝因さ。そのことに全てのことを捧げてきたんだ。俺はただそれに全てを集中させてやりたかったんだ。もちろんしばらくの間はハードだったけどワンツーを放ってストレートで当てることができたな。"

 

ワシントンさん悪いファイターではないからなぁと思う。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事