adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年7月20日に行われたIBF世界スーパーミドル級タイトルマッチ

王者カレブ・プラントvs.マイク・リーの一戦です!!

f:id:TBT:20190720111558j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はプラントの初防衛戦。プラントは今年1月にPBCのトップバッターとしてホセ・ウスカテギと対戦して2度のダウンを奪った末に判定勝ち。ディフェンスに優れたアウトボクサーですな。

リーはここまで無敗のライトヘビー級コンテンダー。体格では上回りますがシカゴ出身のリーは1年ほど試合をしておらずプラントのレベルとの試合経験もありません。ウェイトを下げてきたことがどう出るかですな。

 

そしてこの試合はプラントがリーを開始から圧倒!!!パワーで上回るはずのリーから初回からダウンを奪って3ラウンドに2度のダウンを追加するとリーは立ち上がろうとしたもののレフェリーが試合をストップ!!プラントが快勝で初防衛に成功しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

プラントは開始からジャブをついて間合いを取りするすると下がるいつもの立ち上がり。

リーはガードを固めて前に出てきてプレッシャーをかけようとしている。

ラウンド30秒すぎプラントがリーの入り際に放った左フックでリーはダウン!!すぐに立ち上がったが反応が明らかに間に合っていなかった!

プラントはフィニッシュを狙って前に出てリーは打ち合いに応じる。

しかしリーはラウンド終了間際に右クロスを浴びて腰が落ちかけるほどのダメージを負ってしまう。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

2ラウンド

プラントはリーに対してかなり自信満々でいつもより強めの左ボディを打ち込んで離れる。

さらに顔面にもワンツーと左フックを返してリーが前に来るとさらりとかわす。

さらにリーは前に出てくるもののプラントが右ボディを差し込んでリーは動きが一瞬止まるなど減量の影響はありそうだ。

 

 

3ラウンド

プラントが30秒過ぎに右リードを放つとリーはまたもダウン!!

立ち上がってきたもののダメージはかなりあり足元がかなり怪しくなっている。そしてプラントが前に出て左フックをコネクトするとリーはまたもダウン!これはスリップとされたがかなり効いている!

リーは立ち上がったもののプラントが連打を放ってガードの上から左フックを連打!それから右の打ち下ろしを側頭部に当てるとリーはダウン!!立ち上がろうとしたもののレフェリーが試合をストップしました!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

プラントたん強い…

 

この人がこのようなパワーファイトをするのは珍しいんですけど相手を効かせた後に一気に詰めてくるのもかなり迫力があるしスーパーミドル級なのでというのもあるかな。

 

プラントさんの強さはなんと言ってもディフェンス力。ヘッドスリップがめちゃくちゃうまいし動体視力が高い。この試合でもパンチまともにもらいませんでしたからね笑。以下はコメントですな。

 

プラント"俺がプランしていた通りに事が進んでくれたよ。12ラウンドまで行かないことは予告していたしその通りにするためにトライしてきたんだ。みんなが楽しんでくれてたらいいな。このリングに上がれるのは優れたボクサーだけだしマイクには脱帽だよ。だけど予想していた通り聞いたのは俺の名前がまだチャンピオンだってことだったな。"

 

リー"違いはスピードだよ。彼はとても速くて正確だった。俺は何発か右を当てられたんだけどね。それを続けて当てることができなかったよ。"

 

いなーこれは楽しみやなぁ。今年が終わる前にウスカテギとリマッチとかありそうやけどアンドレ・ディレルとかともやってもらいたいなぁと思いますね。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事