adsense
adsense
pickup

WBO世界フェザー級タイトル戦線ですが王者のオスカー・バルデスとWBOランキング1位でリオデジャネイロオリンピック銀メダリストのシャクール・スティーブンソンの試合が8月2日に入札を迎える模様です。

f:id:TBT:20190725081721j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

しかし2人のプロモーターは同じトップランクということもあり2人の対戦はまとまるかもしれませんしバルデスが王座を返上してスーパーフェザー級へ。もしくはスティーブンソンが今回の挑戦を辞退して来年以降にWBOタイトルを狙うことも考えられますな。

 

バルデスはメキシカンで2度のオリンピックに出ている左右フックを振り回してくる強打者。ミゲール・マリアガや元WBAスーパーバンタム級王者のスコット・クイッグなどを下しておりすでに6度の防衛というなかなかの長期政権を築いておりますな。

 

スティーブンソンはニュージャージー州出身で先日はニューアークで元世界タイトル挑戦者のアルベルト・ゲバラをKOしたサウスポーのテクニシャン。その前の試合ではスーパーフェザー級で世界タイトルに挑戦したクリストファー・ディアスに完封勝ちしておりそのスキルの高さは世界王者以上とされてます。しかしプライベートでの問題も多いですな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて元IBF世界ヘビー級王者のチャールズ・マーティンさん。先日ダニエル・マルツをKOしており試合後のコメントでボクシング界のレブロンのようになりたいと話しております。

 

マーティンはかつてIBFタイトルを獲得したものの初防衛戦で英国期待のロンドンオリンピック金メダリストのアンソニー・ジョシュアに2ラウンドでKOされて王座陥落しておりましたな。サウスポーの強打者ということでヘビーではめずらしいサウスポーのチャンピオンです。

 

ジョシュアはそのあとウラジミール・クリチコに勝利してWBAタイトルを吸収、さらにはWBO王者のジョセフ・パーカーを下してWBOタイトルも獲得しましたが今年の6月にアンディ・ルイスにまさかのKO負けを喫して初黒星。リマッチが確実視されておりますが打たれ弱さが取りざたされておりますな。

 

"俺はただ多くのことを学び続けてコンプリートファイターになりたいんだ。俺はボディ打ちをよりやりたかったしインサイドで試合をして多くのテクニカルなことを学びたい。俺はボクシングのレブロンのようになりたいんだ。まだ学ぶことが多いよ。"

 

マーティンさんまじでパワーはあるけど打たれすぎるからな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事