adsense
adsense
pickup

先月ラトビアにて行われたWBOクルーザー級タイトルマッチでWBSSトーナメント準決勝戦で敗れたクリシュトフ・グロワッキさん。ブリエディスのエルボーを喰らい、しかもレフェリーがラウンド終了のゴングを聞き逃してダウンさせられて次のラウンドでKOされてしまい異議申し立てをしておりましたがWBSSトーナメント決勝となるブリエディスとドルティコスの勝者への挑戦をWBOが認めましたな。

f:id:TBT:20190708100216j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ブリエディスは現在WBOタイトルを保持しておりドルティコスはIBFタイトルを保持。決勝戦ではWBC王座決定戦も兼ねるとされておりWBAを除くタイトルが集まることになりますがグロワッキもチャンスがあることになりますな。以下はWBOのチャンピオンシップ委員会のルイス・バティスタさんのコメントです。

 

"WBOとしてブリエディスとグロワッキの試合の結果を変えることはない。WBOとしてはWBSSトーナメントの決勝となるブリエディスとドルティコスの勝者と120位内のグロワッキとの対戦をオーダーする。WBSSトーナメントが拒否するのなら対応を協議する。"

 

グロワッキさんもあれでは浮かばれんからなぁ。ドルティコスさんとやればいい。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてWBC世界ライト級ランキング3位のトップコンテンダーのデビン・ハニーさん。ランキング2位のザウル・アブドゥラフとの指名挑戦者決定戦がオーダーされてますがこの試合は9月13日にラスベガスで行われることで話が進められているようです。

 

WBCライト級タイトルは8月31日にイギリスのロンドンでWBA.WBO統一王者のワシル・ロマチェンコとWBC指名挑戦者のルーク・キャンベルの間で争われることが既定路線でありなんとも奇怪な形の王座決定戦。そのためハニーとアブドゥラフの勝者はこの試合の勝者に挑む形になりますな。以下はハニーのプロモーターのエディ・ハーンさんのコメントです。

 

"デビンは次の試合でホームで試合をすることになるだろうな。多分カネロの夜の前夜のラスベガスでロシアンと対戦することになるよ。俺たちはまずファーマーの試合をしてアンドラーデの試合もホームでした。デビンは前例のないファイターだしまだ20歳だからね。デビンは全てを兼ね揃えてるファイターだしラスベガスでも元々の出身であるカリフォルニアのベイエリアでもアリーナを満杯にできるよ。"

 

ハニーの将来は楽しみやな。だからこそじっくり育ててな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事