adsense
adsense
pickup

アメリカネバダ州のラスベガスにてコンテンダーのホルヘ・コタを3ラウンドKOで下して見事に再起戦をクリアした元WBCスーパーウェルター級王者のジャーメル・チャーロさん。自身からタイトルを奪ったトニー・ハリソンが試合を受けなくて正解だとしています。

f:id:TBT:20190624213720j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

チャーロはベテランのコタを相手に3ラウンド完璧なタイミングでのワンツーを当ててコタは頭からキャンバスに沈む強烈なKO。持ち前のパワーと破壊力を見せつけましたな。

 

ちなみにチャーロは昨年末にハリソンと対戦してハリソンのタイミングのジャブを被弾して微妙な判定負け。リマッチが決まってましたがハリソンが足首を負傷して延期になりましたな。

 

"コタに感謝したい。彼はリングに上がってくれたからね。タイトルを持ってるやつはビビって来なかったからな。俺は家族の前でKOしてやったよ。彼はまだ始まったばかりだったけど俺がクリーンなパンチを当てた。グレートになろうとしてる。次でリマッチして年末までに全てのベルトが欲しい。ハリソンは俺との試合を受けなくてラッキーだね。俺の方がずっといい選手だからな。"

 

いやーこの人の復帰はやはり熱いなぁ。ハマった時はすごいからな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて7月末のテキサス州ダラスで行われるホセ・ラミレスvs.モーリス・フッカーのWBO.WBCスーパーライト級タイトルの統一戦の前座で元IBF.WBAクルーザー級王者のムラト・ガシエフと対戦するジョーイ・ダウェジュコさん。トレーニングキャンプでのスパーリングについて語っておりガシエフを倒すことに自信がおありのようです。

 

ガシエフはクルーザー級王者としてデニス・レベデフ、ユニエル・ドルティコスを破ってきておりWBSSトーナメントにてファーストシーズンにおいて準優勝を飾っており敗れたのはオレクサンデル・ウシクのみ。ヘビー級への参戦をアナウンスしており今回がヘビー級デビュー戦ですな。

 

"俺のキャリアで負けがあるのには理由があって多くがキャンプに集中できなかったからだ。マーティンとの試合の前では本当に試合前に練習なんてできなかったけどそんなことが俺の味方になってくれてる。だから未来が楽しみなんだ。そしてこの試合では前の試合のようにはならないよ。ガシエフに勝つことができたら俺はヘビー級のトップのミックスに入ることになる。そのスキルが俺にはあるよ。"

 

ガシエフさんはあのプレッシャーが通じるかやな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事