adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年6月19日に日本で行われたWBA世界ライトフライ級スーパー王座戦

王者京口紘人vs.タナワット・ナコーンの一戦です!!

f:id:TBT:20190619195546j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合は京口の初防衛戦。前回の試合でヘッキー・ブドラーをマカオでKOして獲得した王座ですな。京口はここまで無敗のインファイターで元IBFミニマム級王座を保持していた2階級制覇王者として今後に期待がかかります。

ナコーンはタイのチャレンジャー。ここまで無敗でプロに入ってからまだ1年半しか経過していないもののタイトル挑戦を迎えましたな。サウスポースタイルでここまでのキャリアではOPBFシルバータイトルを保持しています。

 

そしてこの試合は京口が間合いを詰めてプレッシャーをかけ続ける展開となるものの意外に動体視力のいいタナワットがまともにもらわずに少しKOを意識しすぎの京口から逃げ切って判定までもつれ込む。アグレッシブさで優った京口が判定勝ちを収めましたが少し歯がゆい試合でしたね!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

京口はガードを固めてサウスポーのタナワットに間合いを詰めて右フックを強振する。

タナワットは左ストレートを放つがパワー差は歴然で京口は右ストレートから左ボディを返す。

間合いを詰めての左ボディがよく当たり左アッパーで上体を起こさせる。

京口は間合いを詰めての右ストレートを当てるがタナワットは重心を後ろにおいておりまともにもらわない。

 

2ラウンド

タナワットはジャブをついて京口は左ボディを当てるが少し単発だ。

タナワットは左フックを振り回してきて京口は間合いを詰めて左右アッパーを振る。

京口は左フックをショートで当てて左ボディを振るが腕でガードされている。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

京口はガードを固めて姿勢の低いタナワットにアッパーを出す。

京口は前進するがタナワットは必ず打ち返してきてペースを渡さない。

少し手数の少ない京口は間合いを空けられて空振りが目立つようになる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

タナワットはジャブを飛ばして間合いを詰められると左フックを振ってくる。

京口は右ストレートから左アッパーを返すが少し単調。

中盤タナワットの左ストレートの打ち終わりに右ストレートを返すが大きなダメージは与えられない。

 

 5ラウンド

京口はガードを固めてプレッシャーをかけるがタナワットはヘッドスリップがうまい。

京口のワンツーは浅く当たるものの少し狙いすぎか。

終盤に右フックを浅く当てるもののタナワットは打ち終わりに必ずパンチを返す。

 

 

 6ラウンド

京口はロープに詰めて左ボディを放つがタナワットはエルボーブロックがうまい。

タナワットは左ボディを返して動体視力がよくまともにもらってくれない。

京口は間合いを詰めてのワンツーを繰り返すが当たらずリズムが掴めない。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

タナワットは踏み込んで左ボディアッパーを繰り出して間合いを取る。

京口はプレッシャーをかけて右ボディで踏み込むがクリーンヒットを奪えない。

京口はロープに詰めるがタナワットは入り際にアッパーを狙っておりかなりやりにくい。

 

 8ラウンド

京口はワンツーでプレッシャーをかけて前に出るが浅くしか当たらない。

京口は左ボディを思い出したように放ってこれはよく当たる。

しかし返しの左アッパーがなかなか当たらず見切られている感がある。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 9ラウンド

京口はガードを高く上げて右ストレートをボディに放つ。

タナワットはロープには詰まるもののそこからのムーブが割とうまい。

タナワットは間合いができると左オーバーハンドを放ってきてなかなか気が抜けない。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

京口は左右アッパーをリードに使うが当たらない。

京口は右ストレートをジャブに合わせて打つが浅くしか当てられずに少し間合いが遠い。

京口は終盤コーナーに追い詰めて左右ボディを当てるがタナワットもよく耐える。

 

 

11ラウンド

京口はプレッシャーをかけるがタナワットは間合いを取る。

カウンターを狙うタナワットに京口はなかなか踏み込めなくなる。

手数で圧倒してアグレッシブさにも勝る京口だが少し単調な試合となる。

 

12ラウンド

タナワットは左ストレートを出して京口の顔をかすめる。

京口は間合いを詰めてワンツーとサイドへの動きに合わせて右ストレートを放つ。

間合いを詰めての左ボディでタナワットは少し効いているがすぐに下がってゴングが鳴る。

 

判定は117-111が2人、117-112が1人の3-0で京口!

ちなみに僕は117-111で京口でした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

タナワットさん強敵やん…

 

京口はやはり体をつけての打ち合いがめっちゃ強い。この試合でも至近距離からのボディブローでタナワットは効いていたけど誤魔化すのがうまかったな。

 

少しこの試合の京口はKOを意識しすぎたのかかなり大ぶりのパンチになっており空振りも目立つなど本調子とは言えない内容でしたね。まぁ勝ってるので良いのですが。

 

拳四朗が次は村田のアンダーでタコニングとやるということでこの2人の試合は見てみたい。でも拳四朗はあまり統一戦に興味ないらしいし実現しないのかな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事