adsense
adsense
pickup

6月15日にラトビアで行われるWBC.WBO世界クルーザー級タイトルマッチはWBCがオレクサンデル・ウシクの名誉王者認定につき決定戦。WBOはグロワッキが暫定王者でしたがウシクがタイトルを返上したことでグロワッキが正規王者として初防衛となりブリエディスが指名挑戦者となりましたな。

f:id:TBT:20190608210040j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はWBSSトーナメントの準決勝として行われることが決まっておりブリエディスは元WBC王者。WBCダイヤモンド王座を保持しておりグロワッキは2度目のWBO王座獲得となりましたな。ちなみにこの試合はブリエディスの地元のラトビアのリガにて行われることとなっております。以下はWBO会長のフランシスコ・バルカッセルさんのコメントです。

 

"ウシクがヘビー級に階級を上げたからグロワッキを正規王者としてWBOのチャンピオンに認定する。そして15日にグロワッキと試合を行うマリウス・ブリエディスをWBOクルーザー級の指名挑戦者として認定する。"

 

おおおご都合主義と言えばそうなるのかもしれないけどなかなか熱くなってきたな。こうなるとドルティコスとタビチの試合も IBF王座決定戦に昇格とかあるのかな?放置かな?

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて英国スーパーフェザー級コンテンダーのフレデリック・ジェンセンさん。6月22日にスペインのルーベン・ガルシアと6回戦を行うことをアナウンスしましたな。

 

スーパーフェザー級はかなり熱い階級でありIBFにはテクニシャンのテビン・ファーマー、WBCには激闘王で手数の多いミゲール・ベルチェット、WBOには伊藤を破った元オリンピアンのジャメル・ヘリング、WBAにはレギュラー王者にカリフォルニアで大人気のアンドリュー・カンシオ、WBAスーパー王者には強打者でメイウェザーの秘蔵っ子で将来のボクシング界を背負って立つと言われるガーボンタ・デービスがおります。将来的にはライト級王者のワシル・ロマチェンコもまた戻ってくると言われてますな。

 

"俺はガルシアのことをとてもいいファイターだと思うんだ。彼のランキングは確かに低いかもしれないけどね。彼は多くのいい選手たちと対戦してるし経験豊富だと思う。彼をリスペクトしてるしこの試合を軽く見てないよ。この試合において目指すゴールは勝つことのみだ。大きな試合に向けてこの試合は落とせないとコーチとも話したよ。"

 

英国のスーパーフェザー級って誰がいるかな?キャロルかな?

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事