adsense
adsense
pickup

明日幕張メッセにてアストン・パリクテとWBO世界スーパーフライ級王座決定戦に臨む3階級制覇王者の井岡一翔さん。4階級制覇をするために引退から復帰したと話しています。

f:id:TBT:20190618234400j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

井岡はミニマム級、ライトフライ級、フライ級を制してきた3階級制覇王者。昨年引退から復帰してきてドニー・ニエテスとWBOタイトルを争い僅差判定負け。ニエテスが王座を返上したためチャンスが巡ってきましたな。

 

ちなみに井岡はかつてフライ級タイトルを5度防衛した後突如として引退をアナウンス。父親であるトレーナーの一法との不仲が噂されて現在もジムを変えて復帰してきておりましたが一法さんはアメリカでの復帰戦となったアローヨ戦も見にくるなどかなり心配な様子です。

 

"俺は人生で今回ほど勝利に対してハングリーになったことはないな。4階級制覇王者になるということは俺がカムバックしてきた大きな理由の1つだよ。それは日本ではまた新しいレコードになるんだ。だから俺はこのレコードを日本人で初めて記録するボクサーになりたい。"

 

井岡さんはかなり強いんやけど幕張メッセを満杯にできるのだろうか。試合はなかなかにしてつまらん試合が多いからな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてスーパーライト級プロスペクトでオーストラリアンのダーレイ・フォーリーさん。6月21日にアイルランドのベルファストにてタイロン・マッキーナとWBCインターナショナルタイトルを争いますな。

 

この試合はトップランクがプロモートしているようでESPNが全米に中継。かなり大きなチャンスとなりそうですな。

 

スーパーライト級は激戦区でIBFタイトルは同じくスコットランドのジョシュ・テイラーが保持、WBAタイトルを保持しているレジス・プラグレイスとWBSSトーナメントの決勝で当たることが確実となっております。

 

WBOタイトルを持つモーリス・フッカーは地元のテキサスで7月末にWBC王者のホセ・ラミレスと統一戦。つまり王者は2人となることが確実視されており4団体統一戦も行われそうですよね。

 

"俺はリングの中央にいるよ。俺たちなら信じられないような試合ができるしエキサイトしてる。この試合は多くのことを意味してる。プロとしてはアイルランドの土地で試合をしたことがないから楽しみだよ。俺は世界タイトルの扉を叩くレベルにあると信じているんだ。"

 

スーパーライト級のタイトルは少し待ったら多分一斉に返上されるよな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事