adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2014年イギリスで行われたWBO世界ライト級タイトルマッチ

王者リッキー・バーンズvs.テレンス・クロフォードの一戦です!!

f:id:TBT:20190430215416j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はバーンズの5度目の防衛戦。スコットランドの英雄はスーパーフェザー級でも王座を獲得している技巧派で、ここ最近の2試合は負けていたけど相手が負傷して棄権、ベルトラン戦は疑惑の判定で引き分けとホームタウンでなんとかしのいできた。

クロフォードはNABO王座を獲得してきたエリートファイター。カーンを破ったプレスコットを判定で下してから注目され始めたスイッチヒッターでボブ・アラムに大いなる期待をされていたネブラスカ州の誇りですな。

 

そしてこの試合はクロフォードが長い間合いを保ったままバーンズを射程距離に入れない内容で圧倒!スピードとスキルで現役王者のホームタウンで王座を獲得して自身初となる世界タイトルを獲得しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

クロフォードはオーソドックスでスタートしてバーンズはジャブをつく。

クロフォードはクイックな左フックをガードの外から伸ばして右クロスをいきなり合わせる。

バーンズは右ボディを当ててクロフォードは右ボディからアッパーに繋げてくる。

クロフォードはワンツーをガードの上から当ててバーンズは右フックを返すなど対抗してくる。

 

2ラウンド

クロフォードはサウスポーにスイッチしてバーンズは思い切って踏み込むがうるさい右ジャブに寸断される。

クロフォードはワンツーに合わせてジャブを軽く当ててワンツーからスリーまで返す。

バーンズは少し間合いが遠くなり、クロフォードは入り際に右フックを狙う。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

バーンズは接近戦で右フックを決めてうるさくジャブをついてワンツーを出す。

バーンズはワンツーをボディについてクロフォードは間合いを取って外す。

クロフォードは終盤長い間合いから左ストレートをボディに当てて動き出しにジャブを当てる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

バーンズは勢いよくワンツーをついてかなり気合が入っている。

クロフォードはジャブのうち終わりにジャブを当てて左フックからのボディブローでバーンズはロープに下がる!!

さらにクロフォードは終盤左ボディを叩いて間合いを保つ。

 

 5ラウンド

バーンズはクロフォードのジャブに合わせて右ストレートを放ちガードを高く上げる。

クロフォードは右ボディを差し込んでオーソドックススタイルでプレッシャーをかけてくる。

接近戦で左右ボディを当ててロープに押し込むなどクロフォードは多彩な戦い方を見せる。

クロフォードは終盤に右アッパーを決めてバーンズを下がらせるなどかなり強気にくる。

 

 6ラウンド

バーンズは接近戦で左右フックを叩き込むがクロフォードは右フックをカウンターして下がらせる。

クロフォードはワンツーから左フック、ボディのコンビネーションを当ててバーンズを削る。

ロープに詰まるバーンズはボディをもらってかなり苦しい。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

クロフォードはジャブをダブルでついてバーンズの右をダッキングでかわす。

クロフォードは左ストレートをカウンターで当てて左フックで顔面を弾く。

中盤ワンツーを当ててガードの上からボディを叩いてバーンズのワンツーはバックステップで外す。

 

 8ラウンド

バーンズは右ストレートを当てるがクロフォードはすぐさまワンツーを返してボディでロープまで追い込む。

クロフォードはさらに左フックを当ててバーンズは効いてしまいボディブローをお見舞いされてクリンチに逃げる!

 

 9ラウンド

バーンズはジャブを当てるがクロフォードはアウトプットを増やしてすぐに対抗してくる。

クロフォードはワンツーから左ストレートをついてバーンズは右フックを返す。

バーンズは接近戦で左右フックを振り回して勝利への執念を見せる。

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 10ラウンド

クロフォードは間合いを取りながら右ジャブをついて顔を軽く弾く。

クロフォードは右フックをインサイドでカウンターしてバーンズはプレッシャーをかける。

クロフォードはワンツーから組みついて左ボディを当ててヒットを奪う。

 

11ラウンド

クロフォードはバーンズの打ち終わりに右フックを出してくる。

バーンズは大振りの右ストレートを思い切り振ってくる。

クロフォードはワンツーの左をボディに持って行ってバーンズは下がらされる。

 

12ラウンド

バーンズはジャブを出すがクロフォードはコンパクトな左フックをヒットさせてバーンズは効いてロープにて連打をまとめられてレフェリーも様子を見ている。

中盤にはクロフォードが左右ボディからワンツーをガードの上から当てていく。

バーンズはかなり効いておりなんとか立っているがクロフォードのプレッシャーの前に下がらされてしまう。

 

採点は116-112が2人、117-111が1人の3-0でクロフォード!!

ちなみに僕は117-111でクロフォードでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

クロフォード珍しくチャレンジャー気質…

 

現在では世界王者として試合に臨むことが当たり前のクロフォードがチャレンジャーとして前にガンガン出るなかなか珍しい試合ですね笑笑。それでも長い間合いも使い分けてるけど。

 

バーンズはこの試合の前までやたらと優遇された判定で王座を守ってきたけどこの試合ではクロフォード相手にかなり頑張りましたな。ただボクシングの幅とスキルが違うかったかな…

 

ちなみにバーンズはこの後もしれっとWBAスーパーライト級王座を獲得しており3階級制覇。現在はライト級に舞い戻ってきておりネームバリュー的にまたジョシュ・テイラーとのオールスコティッシュ対決とかありそう笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事