adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年5月4日にアメリカのラスベガスで行われたWBC.WBA.IBFミドル級王座統一戦。

WBA.WBC王者カネロ・アルバレスvs.IBF王者ダニエル・ジェイコブスの一戦です!!

f:id:TBT:20190505154150j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はカネロ、ジェイコブスお互いのの初防衛戦。カネロはゴロフキンと引き分けた後僅差判定勝ちを収めて王座を奪取。昨年末にはWBAスーパーミドル級王座を獲得したメキシコのスーパースターですな。

ジェイコブスは元WBA王者でもあるミドル級二冠王。ジェイコブスはアマエリートのセルゲイ・デレビヤンチェンコを下して王座を獲得して今回の当日計量でウェイトオーバーして罰金を払っての試合となりましたね。

 

そしてこの試合はかなりハイレベルなカウンター合戦に。前に出るカネロが前半有利に折り返したもののジェイコブスも後半コンビネーションを放つなど甲乙つけがたい展開の末にアグレッシブさで上回ったカネロが判定勝ち。しかし個人的には2人の間にそこまで差はないと見えましたね。

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

ジェイコブスは間合いを取り、カネロはジリジリ間合いを詰めてジャブを放つ。

カネロは左フックを放ちジェイコブスはジャブを少し放つ。

サイドに動きまくるジェイコブスはかなり慎重なスタイルでカネロもカウンターを警戒している緊迫感のある立ち上がりとなる。

ジェイコブスは終盤軽くワンツーから左アッパーをガードの上から当ててくる。

 

2ラウンド

ジェイコブスは間合いを取りジャブをダブルでガードの上に放つ。

カネロは右ボディを放ち圧力をやや強めてくる。

カネロは中盤相打ちのタイミングで左ボディを放ちジェイコブスもボディを返す。

カネロは右ボディをロングで放ち、右アッパーを出すなどアウトプットを増やす。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

カネロはプレッシャーをかけてより重いパンチを振るってくる。

カネロはラウンド1分過ぎ左右ボディからロープに詰めるシーンを作る。

ジェイコブスはロングレンジから出てこないためカネロのヒット率もよくはない。

終盤ジェイコブスが少し前に出て左フックをガードに当てるが少し手数は少なめだ。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

カネロは開始早々ワンツーから左フックを踏み込んで放ってジェイコブスの顔をのけぞらせる。

ジェイコブスは中盤左右ボディを当ててすぐにクリンチするがカネロはどんどん前に出てくる。

カネロは残り1分で右フックを浅く当てて体を振りながら調子を上げてくる。

さらに終盤ジャブで顔を跳ね上げて距離感を掴んできた。

 

 5ラウンド

ジェイコブスはワンツーから右フックを振ってカネロは体を振る。

カネロはサイドに左ボディを当ててカネロのアウトプットが増えてくる。

ジェイコブスは少しカウンターを狙いすぎなのかアウトプットが少ない。

 

 6ラウンド

カネロは先手でジャブを放って積極性で勝る。

カネロはさらにジャブを顔についてジェイコブスはインサイドでコンビネーションを放つ。

ジェイコブスは中盤ロングの左アッパーを浅く当ててそのままクリンチなどこの辺りはうまい。

ジェイコブスはスイッチして左ストレートを終盤に当てる。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

ジェイコブスはサウスポーでスタートしてカネロはコンビネーションで追い回す。

カネロはロープに詰めてコンビネーションを放つがジェイコブスは左アッパーを当てて脱出。

中盤ジェイコブスはひっぱたくような左フックを浅く当ててヒットを奪う。

さらに右ジャブをボディに当てていくがカネロは前に来る。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 8ラウンド

ジェイコブスはまたサウスポーでスタート。そしてすぐにオーソドックスに戻す。

ジェイコブスは中盤右アッパーを当ててカネロは左ボディを返す。

ジェイコブスは前に出てきてコンビネーションを放つがカネロは左フックをカウンター。しかし残り1分でボディへのコンビネーションを当ててカネロも右アッパーを返す。

ジェイコブスはインサイドではやはりカネロの回転力に及ばず押されてしまう。

 

 9ラウンド

ジェイコブスはサウスポースタンスで間合いを保つ。

カネロは中盤右ボディを決めて右リードを放って左フックを当てる。

少し動きの止まったジェイコブスだが左フックを当てて一歩も引かない。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

カネロは左フックをリードに使ってジェイコブスは入り際に右フックを狙う。

カネロは中盤ジャブを当てて左アッパーで上体を起こす。

しかしジェイコブスはコンビネーションから右フックを返してカネロはスリッピングアウェイ。

ジェイコブスは左右フックとアッパーを当ててロープに詰めて組み合っても右フックをねじ込む。

 

11ラウンド

カネロは左アッパーをいきなり放ってジェイコブスはサウスポーにスイッチ。

カネロは自分から前に来てジェイコブスは入り際を狙う。

ジェイコブスにカネロが右ストレートを打ち込んでジェイコブスは少し手数が少ない。

カネロは前に来るジェイコブスにインサイドの右フックをショートで決める。

ジェイコブスはそれでも前に出るがカネロはクリンチしてしのぐ。

 

12ラウンド

ジェイコブスはカネロのワンツーの打ち終わりに左アッパーを巧打する。

ジェイコブスは前に出てコンビネーションを放ってカネロはボディワークでかわす。

ジェイコブスは前に出てカネロが少し下がるシーンが目立ちポイントはかなり微妙だ。

 

判定は2人が115-113.1人が116-112の3-0でカネロ!!

ちなみに僕は114-114でドローでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

やっぱりジェイコブスはやりにくい…

 

ジェイコブスはかなり器用で噛み合わない試合をするのがめっちゃうまい笑。それがファンにとっていいかどうかは別としてカネロ相手にここまでやれるのは大したものである。

 

個人的にはジェイコブスが前に出てきた時カネロが下がるシーンが目立ち、そのラウンドはジェイコブスに与えていました。他の人たちはカネロのヒット率を取ったようですが見る人によって変わる試合でしたね。

 

カネロはこれで4団体全てのベルトを獲得。4団体を統一するためにはWBOのアンドラーデさんになるけどこれはカネロにとって無理がありそうな…相性的にはアンドラーデが輝くと思うな笑笑

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事