adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2014年アメリカで行われたWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

王者マイキー・ガルシアvs.ファン・カルロス・ブルゴスの一戦です!!

f:id:TBT:20190518210214j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はマイキーの初防衛戦。フェザー級でサリドとロペスを下したもののロペス戦でウェイオトーバーしたマイキーはスーパーフェザー級に上げてローマン・マルティネスをボディでKOして2階級制覇を達成しましたな。

ブルゴスはこれが3度目の世界挑戦。かつて日本で長谷川穂積と空位のWBCタイトルをかけて破れてマルティネスに挑んだものの多くの人がブルゴスの勝ちと見ながらもドロー。三度目の正直をかけて挑んできました。

 

そしてこの試合はマイキーが長いワンツーと貫通力の高い右でブルゴスをコントロール。しかしブルゴスも左フックでマイキーを効かせるなど窮地に追い込むシーンを作って実力を見せましたな!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

ブルゴスはガードをがっちり固めて前に出てきて右ボディを伸ばす。

マイキーはガードを上げてブルゴスはワンツーをガードの上から当てる。

マイキーはクイックなワンツーのコンビネーションを当ててスピードの違いを見せる。

ブルゴスは終盤右クロスを狙うがマイキーはしっかりブロックする。

 

2ラウンド

ブルゴスは右アッパーを狙いジャブをしっかりガードする。

ブルゴスはガードの外からの左フックを伸ばすがマイキーはガード。

マイキーは中盤ワンツーを当ててブルゴスもジャブを多くつく。

そして終盤接近戦でブルゴスが左フックをカウンターするとマイキーが腰砕けに!!

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

マイキーは落ち着いて間合いを取り右クロスを決めて今度はブルゴスがふらつく。

それでもブルゴスは右クロスを返して勝負を全く捨てない。

ブルゴスは右ストレートを伸ばして前に来るがマイキーはバックステップで外す。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

マイキーは貫通力の高いジャブを出してアウトワークする。

マイキーはワンツーをガードの上に当てて攻防分離気味のブルゴスを釘付けにする。

2人はお互いにカウンターを警戒しあってアウトサイドからジャブをつきあう。

 

 5ラウンド

マイキーは下手に踏み込まずアウトサイドからジャブをついてサイドに回る。

マイキーはブルゴスの下がるタイミングでラウンド1分過ぎ右ストレートを当ててタイミングの良さを見せる。

ブルゴスはワンツーとフックを放つがブロックされてスキルでは及ばない。

 

 

 6ラウンド

ブルゴスは長いジャブをついて前に出てくるなどかなり頑張る。

マイキーはジャブをガードの隙間に当てて軽く顔を弾きブルゴスはガードの上から重いワンツーを放つ。

中盤マイキーはブルゴスの踏み込みに右ショートを当ててブルゴスは一瞬動きが止まる。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

マイキーはジャブを放ってブルゴスはガードの上からでもワンツーを出す。

マイキーは中盤ガードの上からワンツーを当ててブルゴスの体が揺れる。

マイキーは力を込め始めてブルゴスが間合いを取るシーンが増えてくる。

 

8ラウンド

マイキーはハードな右を序盤当ててブルゴスは少し下がる。

さらにマイキーは左ボディを当ててアウトプットを増やしてくる。

ブルゴスは長い間合いからワンツーを放ちガードの上を叩くがダメージは与えられない。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 9ラウンド

ブルゴスは正面からワンツー返してくるが目が少し腫れている。

マイキーはプレッシャーをかけてジャブで顔を弾く。

さらに中盤ジャブで顔を弾いてブルゴスがロープに下がるシーンが増える。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

ブルゴスは近づかれると左フックを振るがマイキーはアグレッシブに出てくる。

さらに中盤左ボディをカウンターで当たるとブルゴスの表情が変わる。 

マイキーは終盤接近して右ストレートを放ちどんどんプレッシャーをかける。

 

 

11ラウンド

マイキーはロープに詰めてワンツーを放ちボディをえぐる。

ブルゴスは耐えるがかなり苦しく中盤ワンツーを被弾する。

さらに最短距離を走るジャブで顔を跳ねられてマイキーが完全に抜け出す。

 

12ラウンド

ブルゴスはジャブをついて勝負を捨てずに前に出てくる。

マイキーは中盤顔面をジャブでついて顔を弾いて付け入る隙を与えない。

マイキーは無理をせずにアウトサイドからジャブを放ちゴールテープを切る。

 

判定は118-110が2人、119-109が1人の3-0でマイキー!

ちなみに僕は119-109でマイキーでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

さっすがのマイキーさんやな…

 

マイキーが強いなと思うのは適応力の高さと幅の広さ。この試合でも容易に接近して左フックをもらってしまいましたがそのあとはアウトサイドから削り続けることを選択。

 

ここが勝負の分岐点でアウトワークされたブルゴスは手も足も出ずにマイキーがポイントアウト。さらにアウトプットを増やして精神的にも追い込みましたよね。

 

ブルゴスはマルティネス戦で王座を戴冠するはずだった選手。要は世界王者クラスの選手だと思うけどマイキーさんの前には手も足も出なかったな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事