adsense
adsense
pickup

ウェルター級最強トーナメント開始…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーターの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!!世界を代表するプロボクサーで綺麗なワンツーと貫通力の高いパンチでファンを魅了してフェザー級、スーパーフェザー級、ライト級、スーパーアライト級を制してボクシング界の顔の一人として世界のトップの評価を得ているマイキー・ガルシア。そんな彼に新たな試練が来ようとしています。

2階級制覇王者のダニー・ガルシアとのウェルター級での対戦です。

f:id:TBT:20190520234742j:image

すでに4階級を制しているマイキーはここまでその圧倒的なまでの強さからパウンド・フォー・パウンドのリストにも入っており、強敵とのチャレンジから逃げない彼の試合は常に大きな注目を集めています。

これまでのキャリアでフェザー級ではオルランド・サリド、元王者のビクター・バロス、イレーネ・パチェコ、ファン・マヌエル・ロペス、スーパーフェザー級ではローマン・マルティネス、カルロス・ブルゴス、ライト級ではデヤン・ツラティカニン、ロバート・イースター、スーパーライト級ではセルゲイ・リピネッツ、エイドリアン・ブローナーといった王者クラスの相手を軒並み撃破。

タイミングのいいジャブで相手を支配して、カウンターの左フックで幾多の相手をマットに沈めてきました!!さらには彼の貫通力の高いワンツーは史上最高との呼び声も高く、スキルで相手を圧倒するアウトボクサーです。

現在3月に激戦区のウェルター級でIBF王者として君臨するエロール・スペンスと対戦して初の敗北となる判定負けを喫したものの12ラウンド一方的な展開ながら打ち返してストップされずに持ちこたえる優れた顎とタフネスを証明しています。

今後は低いウェイトで再起すると思われていたマイキーですがここにきてダニー・ガルシアとのPPVでの試合が夏の後半に交渉されていることが報道されています。

対するダニー・ガルシアといえばとにかく迷いなく振り抜く左右フックのカウンターが最大の持ち味で少し過小評価されていますがどんなパンチを受けたとしても効いたそぶりをあまり見せない打たれ強さも大きな武器です。

これまでのキャリアでは4階級制覇王者のエリック・モラレスを2度、元王者のケンドール・ホルト、元王者のネイト・キャンベル、元2階級制覇王者のザブ・ジュダー、強打のルーカス・マティセー、2階級制覇王者のレイモント・ピーターソン、スーパーライト級統一王者のアミール・カーン、4階級制覇王者のロバート・ゲレーロ、元ライト級王者のブランドン・リオス、2階級制覇王者のポール・マリナッジを破ってきています。

キャリアの中の2敗はウェルター級統一王者のキース・サーマン、ウェルター級二冠王のショーン・ポーターのみでいずれも世界戦。接戦を勝ち切ることに長けた選手でもあります。

試合もその強く振り抜くカウンターから戦慄のKOを生み出すような試合が多く、本場アメリカでの人気も高い選手で日本にもファンの方が多いボクサーですね!

この試合は強豪ひしめくウェルター級でかなり重要な試合となり勝った方が世界タイトルに挑戦することはほとんど間違いないとされています。ということで激戦区のウェルター級のビッグマッチを見る方法をまとめてみました!!

アジアのヒーローにしてボクシング界のヒーロー!!マニー・パッキャオ!

 

マイキーVSダニー・ガルシアの試合をテレビで見る方法

日本からテレビでマイキーVSダニー・ガルシアの試合を見るにはWOWOWのみ!

f:id:TBT:20190522181851j:image

結論から言うと、マイキーVSダニー・ガルシアの試合は、地上波はもちろん、スカパーなどでも生中継は致しません。
この試合をテレビで見るにはWOWOWと契約する必要があります!!
ただ、WOWOWと契約すると、この試合だけでなく他のエキサイトマッチや、スポーツ中継、映画なども楽しめるのでこれを機に利用してみてはいかがでしょうか?

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

WOWOWの月会費は?

f:id:TBT:20190522181933j:image

WOWOWの月会費は月額2,300円(税込2,484円)です。
これで、WOWOWライブ、WOWOWプライム、WOWOWシネマの全チャンネルが見放題なんですね。
ちなみにマイキーVSダニー・ガルシアの試合の放送はWOWOWプライムです。
また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の2,300円(税込2,484円)となるわけです。

当月内解約は可能か?

f:id:TBT:20190522181949j:image

結論から言うと、WOWOWの解約は加入月の翌月から可能となりますので、最低でも2,300円(税込2,484円)は必要です。
つまり契約するなら最低2ヶ月間WOWOWを楽しんだ方がお得ですね。
映画も幅広いジャンルでやってますし、スポーツもサッカーやNBAとかテニスとかアメフトとか、格闘技好きなら総合格闘技UFCの試合とかWWEとかやってるので損はないと思います

WOWOWを見るための環境にいるものは?

f:id:TBT:20190522182009j:image

WOWOWを見るにはWOWOWと契約した上で以下の機器が必要です。
1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ
既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでWOWOWが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でWOWOWが視聴可能となります。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

今年はスペンスイヤーになりそうやぞ…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーター予想

 

両者の紹介

マイキー・ガルシアの戦歴

マイキーのプロフィール

f:id:TBT:20190522182111j:image

マイキーは1987年生まれの31歳。アメリカのカリフォルニア州ベンチュラ出身のメキシコ系アメリカ人ですね。

父もアマチュアボクサーで兄のロベルトは元IBFスーパーフェザー級王者。現在トップトレーナーとして名を馳せており、彼の元には3階級制覇王者のアブネル・マレスや、元ライト級王者のブランドン・リオスなど多くのヒスパニック系の有力ボクサーが集っています。

アマチュアの頃から才能を発揮してきた彼はゴールデングローブや全米選手権に出場して2006年にプロに転向しています。

ブルゴスさんマイキーをフリーズさせる…マイキー・ガルシアvs.ファン・カルロス・ブルゴス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

これまでの実績

フェザー級

f:id:TBT:20190522182154j:image

マイキーは2006年に18歳でプロデビュー。ボブ・アラムのトップランクと契約してアメリカ式の先を急がないペースでじっくりキャリアを積みます。

2012年には元WBA王者のジョナサン・ビクター・バロスに8ラウンドKO勝ち。アメリカ期待の新鋭としてメキメキ成長していきます。

そして2013年に当時階級最強と目されたメキシコのタフファイター、オルランド・サリドの持つWBO王座に挑戦。サリドは元IBF王者でもあり階級最強と目されたファン・、マヌエル・ロペスを2度破ったメキシコのラフファイター。頭から突っ込んでくるスタイルで接近戦で強さを発揮するタフな選手です。

この試合はタイミングのいいジャブなどでサリドから4度のダウンを奪い、サリドのバッティングでマイキーは鼻の骨を骨折。8ラウンド負傷判定勝ちを収めて見事に無敗のまま王者に輝きました。

そして初防衛戦では2階級制覇で強打者のファン・マヌエル・ロペスと対戦。ロペスはかつてカリブの伝説とまで言われたサウスポーの強打者でカウンターの右フックを主武器にする選手。オルランド・サリドに敗れてから勢いを無くしたものの一発入れば試合は終わるほどの強打を誇ります。

しかしこの試合マイキーは体調不良で減量に失敗。王座をはく奪されたもののガードの甘いロペスに強烈な左フックで4ラウンド失神KO勝ちを収めてスーパーフェザー級へと進みます。

マイキーさん鼻の骨折れて負傷判定ってあんのかよ…マイキー・ガルシアvs.オルランド・サリド

スーパーフェザー級

f:id:TBT:20190522182234j:image

スーパーフェザー級に階級を上げたマイキーはいきなりWBO王者のローマン・マルティネスに挑戦して2度世界王者となったプエルトリコの強豪に不覚のダウンを奪われたものの8ラウンドボディブローで悶絶KO!!見事に2階級制覇に成功しました!!

さらに初防衛戦ではかつて日本で長谷川穂積と対戦したファン・カルロス・ブルゴスと対戦してブルゴスの左フックをまともにもらってピンチになる場面もありながらも大差判定勝ち。

しかし、ここでプロモーターのトップランクに契約の無効を訴えて裁判となり、約2年半キャリアが停滞します。そしてフリーエージェントとなった2016年にスーパーライト級にて再始動。元フェザー級王者でかつて日本で粟生隆寛から王座を奪ったエリオ・ロハスを5ラウンドでKOして健在ぶりをアピールしました!!

これはまさしく死闘と言えるな…マニー・パッキャオvs.キース・サーマン

ライト級
f:id:TBT:20190522182307j:image

その後ライト級に転向したマイキーはいきなりWBC王者のデヤン・ツラティカニンに挑戦。ツラティカニンは無敗の王者であり、2階級制覇王者のリッキー・バーンズにも勝利しているモンテネグロ出身のブルファイター。フェザー級から階級を上げてきたマイキーとの間には大きな体格差があり予想はマイキー不利。ツラティカニンの圧力に飲み込まれるのではないかとの見方が大多数でした。

しかし、マイキーの前にはツラティカニンは全く歯が立たずに3ラウンド痛烈なアッパーで失神KO・・・しばらく立ち上がれないほどのダメージを与えて圧倒的な強さで3階級制覇をあっさりと成し遂げました。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ウクライナの最高傑作にして超精密なハイテク!!ワシル・ロマチェンコ!

スーパーライト級

f:id:TBT:20190522182352j:image

さらにスーパーライト級へと階級を上げたマイキーは4階級制覇王者でネームバリュー抜群のエイドリアン・ブローナーと対戦。ブローナーはかつてメイウェザーの後継者として大きな注目と期待を集めたものの、あまりにも傲岸不遜な性格が災いしてかここまで2敗。マイダナ、ポーターといったフィジカルファイターに敗れていました。

両者のこの試合はノンタイトルマッチだったものの大きな注目を集め、両者ともに1億以上のファイトマネーを稼ぎ出すビッグなファイトになりました。

そしてこの試合はマイキーが序盤から精度の高いワンツーとロングの左フックでブローナーをリード。後半ブローナーも持ち前のセンスの高さと運動量を増やして地力を見せたもののマイキーが明白な判定勝ちを収めてスーパーライト級でもやれることを証明しました。

さらに次戦でIBFスーパーライト級王者でカザフのセルゲイ・リピネッツに挑んだマイキー。リピネッツはカザフスタンの強打者で日本の近藤との決定戦を制して王座に就いた強打者。初防衛でマイキーを迎えることとなりました。

そしてこの試合はマイキーが精度の高いワンツーでガードの低いリピネッツを圧倒。打ち終わりを狙った左フックのカウンターでダウンを奪っての判定勝ちで4階級制覇の偉業を無敗のまま達成しました!!

リピネッツさんなぜ初防衛でマイキーを選んだのか…セルゲイ・リピネッツvs.マイキー・ガルシア

 

再びライト級へ

f:id:TBT:20190522182430j:image

マイキーはすぐにスーパーライト級IBF王座を返上。ライト級に戻ってWBC王者としてIBF王者のロバート・イースター・ジュニアと統一戦で対戦。イースターはブローナー一派でライト級では破格の長身とリーチを持つ強打者です。

しかし、経験で勝るマイキーはイースターから3ラウンドに左フックのカウンターでダウンを奪って容易に出られなくなったイースターをポイントアウト。イースターも長いリーチを生かしたジャブで地力を証明しましたが、マイキーが判定勝ちで統一王者に輝きました!!

イースターさん善戦やないですか…マイキー・ガルシアvs.ロバート・イースター・ジュニア

 

ウェルター級への挑戦と現在

f:id:TBT:20190522182537j:image

マイキーはその後IBFライト級王座を返上。ウェルター級にてパウンド・フォー・パウンドのリストにも名が挙がっているIBF王者、エロール・スペンスに挑戦することを表明。

スペンスはサウスポーの強打者で世界王者になる前より将来を嘱望されていたウェルター級のブギーマン。あまりの強さに対戦相手が見つからないほどの強豪でウェルター級屈指のフィジカルを持つ選手でこれまで全勝です。

マイキーはフェザー級上りということもあり体格で劣るため不利が予想されておりました。

そしてこの試合はやはりスペンスの牙城が高かった。サイズのアドバンテージ、リーチ、ポジショニングで全て圧倒されたマイキーはパンチをスペンスに当てることができずに9ラウンドにはストップ寸前に・・・兄のロベルトさんは試合を止めたかったようですがマイキーは逆転を信じて12タウン度を戦い抜きます。

そして判定は無情のフルマークの判定負け。初の黒星となりましたが、棄権してもおかしくないような試合で最後まで戦い抜く彼のハートと優れた顎は多くのファンに印象を残しました。

今後はスーパーライト級かライト級で再起することを明言しており、将来的にはまたウェルター級でタイトル挑戦したいそうです。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

マイキーさん耐え忍ぶ戦いになってしまう…エロール・スペンスvs.マイキー・ガルシア 試合後のコメントもあり!

マイキーのファイトスタイル

f:id:TBT:20190522182613j:image

www.youtube.com

マイキーのファイトスタイルは高く掲げた左右のガードから放たれるワンツーパンチャー遠い間合いで相手と対峙して相手の動き出し、うち終わりにパンチを充てるのが極めてうまいカウンターパンチャーです。相手の入り際に合わせるアッパーも強烈で貫通量の高いパンチを武器に数々の相手をマットに沈めてきました。

マイキーの動き出しを狙ったジャブは特に秀逸で相手の動きを寸断して、相手がカウンターを警戒して前に出れなくなりアウトボクシングしながら相手を下がらせてしまう天才的なボクサーですね!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ノックアウト・オブ・ザ・イヤーきたか!?ワシル・ロマチェンコvs.アンソニー・クローラ 試合後のコメントもあり!

 

今後期待される試合

f:id:TBT:20190522182653j:image

マイキーに今後期待される試合は当然ですが強豪たちとの対戦です

マイキーはキャリア停滞後階級のトップ選手たちと拳を交えており、怒涛の勢いで4階級を制してきました。失った二年間を取り戻したい気持ちは特に強く、今回のスペンス戦は両者にとってキャリアで最も重要な試合でしたがウェルター級では少しサイズが小さかったですね。

しかしウェルター級の他にもマイキーを取り巻く環境には強豪が揃っています。ライト級のロマチェンコやリナレス、スーパーライト級のWBSSの覇者との試合など実現可能なマッチアップはフリーエージェントのマイキーにとって多いのでこれからも目が離せないですね!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

また面白そうな試合が決まったもんやな…アルツール・ベテルビエフvs.オレクサンデル・グヴォジク予想

 

ダニー・ガルシアについて

ダニー・ガルシアの凄さ

f:id:TBT:20190522183046j:image
ダニー・ガルシアはペンシルベニア州フィラデルフィア出身で1988年生まれの31歳。異名は素早いという意味を持つ"swift"ながらも実際はスピードではなく思い切り振り抜くカウンターに大きな魅力のある選手ですね!

ダニー・ガルシアは10歳の頃から父で元ボクサーののアンヘルにボクシングを教わっていたそうでアマチュアでは2005年にアンダー19で王者に。さらに2006年の全米選手権ではかのテレンス・クロフォードを破って優勝。

2007年はデビッド・ソロモンに敗れて連覇ならず。北京オリンピックの選考会でも2度敗北を喫して出場権を逃してプロへと転向します。

ゲレーロさんガルシアのカウンター作戦に屈する…ダニー・ガルシアvs.ロバート・ゲレーロ

これまでの実績

f:id:TBT:20190522183303j:image

ダニー・ガルシアは2007年にプロデビュー。スーパーライト級、ウェルター級のウェイトで試合をこなしていき連戦連勝。一時期4戦連続判定勝利となったもののそこからはKOの山を積み重ねていっています。

2009年には10回戦を戦うようになったダニー・ガルシアはエンリケ・コリンとのWBCユース王座決定戦を2ラウンドKOで制して初タイトルを獲得。しかしメイウェザーと仲良しで後にエイドリアン・ブローナーに挑戦するアシュリー・シオフェンには大苦戦して2-1の判定勝ち。キャリア初の苦戦を味わいます。

そして2011年には元ライト級統一王者のネイト・キャンベルと対戦。キャンベルは3度目の世界挑戦で当時ライト級最強とされたファン・ディアスに大番狂わせの判定勝ちで統一王座を獲得したベテランです。

しかしダニー・ガルシアは正確なカウンターと動き出しを狙ったジャブ、パワフルな右でキャンベルを圧倒。大差の判定勝ちを飾ります。

そして世界戦を見据えたダニー・ガルシアは次戦で元WBOスーパーライト級王者のケンドール・ホルトと対戦。ホルトはティモシー・ブラッドリーとの統一戦に敗れて王座を失ったもののパッキャオと対戦する前のブラッドリーに最も強かったと語られるほどのカウンターパンチャー。ダニー・ガルシアと似たタイプで相手の打ち終わりに豪快なカウンターを合わせてくるタイプです。

そしてこの試合はダニー・ガルシアが的確なジャブとワンツー、カウンターのフックでホルトをギリギリ上回ります。少し接戦となりましたが2-1の判定を制してWBC.IBF王座への指名挑戦権を得ます。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

モラレスさん若手にしばかれる…ダニー・ガルシア vs.エリック・モラレス1

 

モラレスとの連戦とカーン戦

f:id:TBT:20190522183328j:image

ランキングで上位に顔を出すようになったダニー・ガルシアはWBCスーパーライト級王者であるメキシカンレジェンドのエリック・モラレスに挑戦。

モラレスは4階級制覇王者でマニー・パッキャオ、マルコ・アントニオ・バレラと壮絶な試合をしてきたレジェンド。36歳にして引退から復帰して王座を獲得してきました。

そしてこの試合はモラレスが試合前にまさかのウェイトオーバー!ガルシアのみに王座がかけられますがダニー・ガルシアはこの試合でモラレスを圧倒。正確なワンツーを中心にモラレスから11ラウンドにダウンを奪って大差判定勝ち。無敗のまま王座に輝きました!

そして迎えた初防衛戦はものすごいビッグマッチに…WBAスーパー王者のアミール・カーンとの統一戦が決まります。

カーンはこの試合の前レイモント・ピーターソンにまさかの判定負けを喫してWBA.IBF王座から陥落したもののピーターソンが試合後にドーピング検査で陽性となったことからWBA王座を差し戻されていました。

しかしながらカーンは英国の誇るスピードスターで銀メダリスト。打たれ弱さはあるもののボクシング界で最も速いパンチを持つと言われてダニー・ガルシアは圧倒的に不利でした。

しかしこの試合はダニー・ガルシアのキャリアハイとも言える試合となります。序盤からカーンは飛ばしてダニー・ガルシアは目をカット。苦しい立ち上がりとなりながらもカーンの打ち終わりにフックのカウンターを必ず返して3ラウンドにカーンの首に大きなフックがクリーンヒット!ばったりと倒れたカーンを4ラウンドに仕留めて王座統一に成功しました!!

番狂わせを演じたダニー・ガルシアは次の試合でモラレスとのリマッチに臨みます。モラレスはこの試合ではウェイトを作ってきましたね。

しかしダニー・ガルシアは勢いに乗っておりモラレスはついていけませんでした。3ラウンドの終了間際に右ストレートでダメージを受けたモラレスは4ラウンドに左フックのカウンターを食らってロープ下に頭からダウン!!10カウントを聞いてダニー・ガルシアが圧勝しています。

ちなみにモラレスはこの試合で現役を引退。最近は元のミドル級王者のセルヒオ・マルティネスとエキシビションマッチをする話がありますな。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ガルシアのキャリアハイだと思うんだけどなー ダニー・ガルシアvs.アミール・カーン

防衛と苦戦。スーパーライト級卒業へ…

f:id:TBT:20190522183356j:image

実力を証明したダニー・ガルシアは元2階級制覇王者でベテランのザブ・ジュダーと対戦。ジュダーは天才のサウスポーでかのメイウェザーから幻のダウンを奪った元統一王者です。

ダニー・ガルシアは35歳となっていたジュダーに楽勝と見られており、8ラウンドにダウンを奪いますがジュダーはいつもとは逆の後半に逆襲開始。試合後半にまさかのキレを取り戻して強烈な左ストレートでガルシアが思わず背後を向きかけるシーンもある苦闘となった末にダニー・ガルシアが判定勝ちを収めています。

そしてガダニー・ルシアはメイウェザーvs.カネロの超ビッグカードの前座でWBC暫定王者のルーカス・マティセーと統一戦。

マティセーは当時スーパーライト級のブギーマンと言われており、その爆発的な強打で相手をことごとくKO。IBF王者のレイモント・ピーターソンをノンタイトルマッチにて3ラウンドでKOしており、敗れたのは敵地でのデボン・アレクサンダー戦、ザブ・ジュダー戦のみでどちらもダウンを奪っています。

予想不利だったダニー・ガルシアですが追い込まれると強いこの男はマティセーとの激闘に競り勝ちます。マティセーはガルシアのカウンターで大きく目を腫らして11ラウンドにダウン!!ダニー・ガルシアがまたも下馬評を覆して大きな勝利を挙げました!

しかしこの試合の後はまさかの苦戦。自身のルーツであるプエルトリコにて試合を行うこととなったダニー・ガルシアはマウリシオ・エレーラと対戦。無名のエレーラ相手に楽勝が期待されました。

しかしこの試合はエレーラがダニー・ガルシアをコントロール。何度もジャブと右ストレートを当ててダニー・ガルシアのヒット率はかなり低く、2-0の判定勝ちとなったものの判定は大いに疑問符がつけられておりダニー・ガルシアの負けとする見方が大半です。

そして自信を失ったダニー・ガルシアはロッド・サルカをノンタイトルマッチで2ラウンドKO。IBF王者のレイモント・ピーターソンとのノンタイトルマッチに挑みます。

ピーターソンはWBO暫定王座、WBA.IBF王座を獲得してきた強豪でティモシー・ブラッドリー、ケンドール・ホルト、アミール・カーンとの対戦経験があります。

そしてこの試合もダニー・ガルシアは大苦戦。序盤大きく脚を使うピーターソンに対して追いきれないながらも手数でポイントを奪いますが、ピーターソンは後半猛チャージ。ダニー・ガルシアは何度もふらつかされて辛くも2-0の判定勝ちとなりますがピーターソンの戦略によっては確実に負けてましたね…

ダニー・ガルシアは減量がもう限界だと悟ってウェルター級に階級UP!王座を返上します。

負けに等しいガルシアさん…ダニー・ガルシア vs.レイモント・ピーターソン

 

ウェルター級とサーマンとの統一戦

f:id:TBT:20190522183958j:image

ウェルター級に転向したダニー・ガルシアは元2階級制覇王者のポール・マリナッジとテストマッチ。パワーレスなマリナッジを終始攻め立てて 9ラウンドにストップ勝ちを収めてウェルター級初戦を飾りました!

そして2016年に迎えた次戦で4階級制覇王者のロバート・ゲレーロとメイウェザーが返上した空位のWBC王座を争います。

ゲレーロはフェザー級、スーパーフェザー級、ライト級、ウェルター級を制した男でフェザー級から上げてきたとは思えないフィジカルを誇るサウスポー。

これまでのキャリアでガマリエル・ディアス、ホエル・カサマヨール、アンドレ・ベルト、マイケル・カツディスに勝利してきた強敵です。

そしてこの試合はダニー・ガルシアがゲレーロの打ち終わりに的確なフックを当てて見栄えのいいヒットを重ねる判定勝ち。ゲレーロは判定に不満だったようですがダニー・ガルシアが2階級制覇に成功しました!!

しかし防衛戦が決まらないダニー・ガルシアは後にカーンと対戦するサミュエル・バルガスをノンタイトルマッチでKO。WBA王者のキース・サーマンとの統一戦を迎えます。

サーマンはセンス抜群の強打者。ディエゴ・チャベス、ショーン・ポーター、ロバート・ゲレーロ、フリオ・ディアスを破ってきた階級の第一人者ですね!

ミリオンダラーファイトとなったこの試合はサーマンが脚を使ってダニー・ガルシアのアタックをかわす展開に。サーマンは初回にダニー・ガルシアをダウン寸前に追い込み、後半は逃げる作戦で2-1の判定はサーマンに。ダニー・ガルシアは初黒星となりました

サーマンさんガルシアをエッジる…キース・サーマンvs.ダニー・ガルシア

復活とポーター戦、現在まで

f:id:TBT:20190522184030j:image

サーマンに敗れたダニー・ガルシアは1年後に再起戦。元ライト級王者のブランドン・リオスとWBC指名挑戦者決定戦を行います。

リオスは常に前に出るタフなファイターで激闘王。ティモシー・ブラッドリーに敗れて引退したものの復帰してきましたな。

そしてこの試合は序盤前に来るリオスの圧力の強さにダニー・ガルシアは苦戦。何度もロープに押し込まれてしまうものの9ラウンドに強烈な右ストレートのカウンターを当てるとリオスは背中からバッタリとダウン!!立ってきたもののストップとなりトップ戦線に戻ってきました!

そして次戦はサーマンが怪我で王座を返上したためアンドレ・ベルトとの指名挑戦者決定戦に勝利していたショーン・ポーターと決定戦に出場。

ポーターは元IBF王者のノンストップファイター。とにかく前に出て圧力をかけては突進する選手でマリナッジ、アレクサンダー、ベルト、ブローナーに勝利してきています。

そしてこの試合はダニー・ガルシアがいつもの通りカウンター作戦でいるとポーターもまさかのカウンター作戦。ダニー・ガルシアの打ち終わりにカウンターを合わせてくるポーターに対応できずダニー・ガルシアは判定負け。大きな差はなかったものの負けてしまいましたな。

ダニー・ガルシアは負けてしまったものの評価は落としておらず次戦はアドリアン・グラナドスとの再起戦。

グラナドスはブローナーを2-1の判定まで追い込んだ男で、ポーターとも対戦したコンテンダー。ここまでKO負けもなかったのですがダニー・ガルシアはグラナドスを再三ダウンさせてKO勝ち!!見事に復帰戦を飾りレベルの違いを示しましたな!!

そしてマイキーとの試合の交渉に入ったダニー・ガルシアはこの試合に勝てば3度目のタイトルも見えてくるとても大事な試合になりますね!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

グラナドスさんガルシアのフックの前に沈没…ダニー・ガルシアvs.アドリアン・グラナドス 試合後のコメントもあり!

ファイトスタイルについて

f:id:TBT:20190522184059j:image

www.youtube.com

ダニー・ガルシアのスタイルは思いっきり左右フックを振り回すカウンターパンチャー。基本的には相手に先に手を出させて打ち終わりに左右フックを思い切り叩きつけてくる豪快なスタイルです。

またパンチへの反応はあまり良くなく、よく被弾しているもののかなり打たれ強いため効いたそぶりを見せません。時折フックを見せていたと思ったら右ストレートを打ち込むなどスマートさもかなりありますね!

ただダニー・ガルシアはあまり身体能力は高くないようでサーマンやポーター、カーンなどのように脚を使われてしまうとかなり苦しくなります。それでも相手の打ち終わりにカウンターを合わせますが後半に追いつくケースが多く接戦になりやすいのが特徴ですね!

ジュダーさんガルシアを弱気にさせる…ダニー・ガルシアvs.ザブ・ジュダー

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

トレーナーのアンヘルさんについて

f:id:TBT:20190522184123j:image

ダニー・ガルシア自身はあまりプライベートについて悪い噂やトラブルなどの醜聞は聞かれていません。

ただ、父親でトレーナーのアンヘルさんはかなり過激な発言を繰り返しており、サーマン戦の前には黒人差別の用語を容赦なくトークして会見に出られなくなったりしています…

ダニーはアンヘルのことを常にかばいますが、世間の親子へのイメージはあまり良くないようでアンヘルが表に出ることはあまりなくなりましたね…

センス抜群のワンタイム!!キース・サーマン!!

まとめと試合予想

f:id:TBT:20190522184147j:image

その破壊的で思い切り振り回す大振りのフックのカウンターでスーパーライト級、ウェルター級の主役として活躍してきたガルシア。ウェルター級でも10位内には確実に入るビッグネームですね!

それに対してマイキーは貫通力の高いワンツーと打ち終わりを狙った左フック、動き出しを狙ったジャブと攻め手の多さ、手数やスキルでは大きく勝ることが考えられます。

個人的にはこの試合は体格に勝るダニー・ガルシアに対してマイキーが足を使ったボクシングをして当て逃げするのではないかと考えています。そしてダニー・ガルシアのフットワークではマイキーに追いつけないかなと思うのでマイキーの判定勝ちを推したいと思います!!

しかしダニー・ガルシアも思い切り被弾覚悟で前に来て左右フックと重い右ストレートを放ってきます。あれが当たればマイキーがダメージを負い一気にストップに持ち込まれる可能性もあります!!

WBAレギュラー王者のパッキャオ、WBC王者のポーター、IBF王者のスペンス、WBO王者のクロフォードを中心に、コンテンダーも4階級制覇のブローナー、2階級制覇のジェシー・バルガス、WBAスーパー王者のキース・サーマン、イギリスのスーパースターのアミール・カーン、元王者のアンドレ・ベルト、パッキャオを破ったジェフ・ホーンと層の厚さが尋常じゃないウェルター級で世界タイトル戦に最も近い男達と言われている二人の試合なので見逃せませんね!!

この試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ウェルター級最強トーナメント開始…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーターの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!!

 

adsense
おすすめの記事