adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年5月18日にロンドンで行われたWBO世界スーパーミドル級暫定王座決定戦

ビリー・ジョー・サンダースvs.シェファット・イシュフィの一戦です!!

f:id:TBT:20190518114706j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合は正規王者のヒルベルト・ラミレスがライトヘビー級の転向をしていることから設けられましたね!

サンダースはここまで無敗で元WBO世界ミドル級王者。試合間隔の長い王者で昨年は禁止薬物で試合ができなくなり王座を返上。スーパーミドル級に階級を上げて2階級制覇を狙い、カラム・スミスとの統一戦を睨みます。

イシュフィは指名挑戦者でクルーザー級からウェイトを徐々に下げてきた強豪。ジリジリ間合いを詰めて左右フックを振り回してくるタイプでスーパーミドル級では無敗にして現在10連勝中ですな。

 

そしてこの試合はサンダースがイシュフィとは全く違った体のキレで楽々アウトボックス!イシュフィはほとんどサンダースの動きについていけずにサンダースが大差の判定勝ちで2階級制覇に成功しました!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

サンダースはいつも通り半身に構えてイシュフィはガードを固めて前に出てくる。

サンダースはバックギアを踏みながら打ち合う気はないようで下がりながら速いジャブを放つ。

イシュフィは間合いを詰めて左右フックを放つが振りが大きく当たらない。

 

2ラウンド

序盤サンダースがイシュフィの動き出しにジャブをダブルでヒット。見切るのが速い。

イシュフィは組みついて左右フックをねじ込むがあまり効果的ではない。

中盤イシュフィの右フックが怖いタイミングでかすめるがサンダースは左ストレートを返す。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

サンダースはイシュフィの左右フックの打ち終わりにジャブをちょこんと返す。

イシュフィはガードの低いサンダースに右ストレートを浅く中盤に当てる。

しかし終盤はサンダースがワンツーをガードの上から当てて間合いを取る。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

イシュフィは前に出てサンダースに肉薄してロープに詰めて左右フックを放つ。

サンダースはまともにもらうことなく態勢を入れ替えて動きのキレがかなりある。

コンディションの良いサンダースはあまり無理をせずこのラウンドは手数が少ない。

 

 5ラウンド

イシュフィは前に出てくるがサンダースは左右ボディをクリーンに当ててイシュフィの動きが止まる。

イシュフィはクリンチしながら左右フックを振り回すがほとんど空振りしてしまう。

サンダースはクレバーに間合いを詰めて左をこめかみに当てる。

 

6ラウンド

イシュフィは前に出て右フックをサンダースにヒット!サンダースは動きが止まるがクリンチしてしのぐ。

サンダースは離れるとフットワークを露骨に使ってイシュフィから間合いを取る。

イシュフィは終盤も追いかけ回すがどうしても追いつけない。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

サンダースはすっかり回復したようで左右ボディを当てては離れてを繰り返す。

イシュフィは打たせているもののボディは少し効いたようでスタミナも少しキレてきた。

それでも前に出るがサンダースは鼻先でかわしてしまう。

 

 8ラウンド

足を使ってワンツーで間合いを取るサンダースはガードの上からでも当ててスペースを作る。

イシュフィはとにかく前に出るがいかんせん当たらない。

サンダースは終盤イシュフィの左フックに左ストレートをショートで当ててリングを舞う。

 

 9ラウンド

ヒラリヒラリと舞うサンダースはイシュフィの動きを見切っており動き出しにジャブを当てる。

イシュフィは多少被弾しても前に出るが左ボディを当てられると動きが一瞬止まる。

さらにサンダースは終盤もサイドに回りながら左ショートを当てて立ち回る。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

イシュフィは前に出て一撃を狙うがサンダースは徹底的に間合いを取る。

近づかれるとクリンチしてポイント有利を確信しているようだ。

中盤にもジャブをダブルで当ててイシュフィは顔が弾かれる。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

11ラウンド

イシュフィは前に出ていくもののボディブローなどが少なくサンダースの動きを止められない。

サンダースは中盤笑みを浮かべながらワンツーをガードの上から放って左ボディに返すなど余裕がある。

足を使うサンダースは打ち合うかがなくても楽々ポイントアウトしてしまう。

 

12ラウンド

前に出るイシュフィは左右フックと右ストレートを振り回すが間合いが遠くて当たらない。

イシュフィはガードの上から右フックを叩きつけるがサンダースは打ち合う気もなくするする逃げる。

サンダースは足を使ってワンツーで間合いを取りゴールテープを切る。

 

判定は120-108.117-111.118-110の3-0でサンダース!

ちなみに僕は118-110でサンダースでした!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

こういうタイプにはめっぽう強いよな…

 

サンダースはイシュフィのように攻防分離でさらにあまり動きが早くなく、回転力のないタイプにはめっぽう強い。イシュフィはボディを効かされて苦しかったな。

 

サンダースの強いなと思うところはメイウェザー方式でパンチがないと思って前に来た相手に強いパンチを振るため安易に踏み込めなくなりペースを手繰り寄せるのが上手い。

 

次の試合はより圧力の強いカラム・スミスを希望してるらしいけど本当にやるのかな?まぁサンダースも29やしそろそろビッグマッチやりたいやろうけど流石にきつそう。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事