adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年8月24日にロシアで行われる予定のWBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ

王者セルゲイ・コバレフvs.アンソニー・ヤルデの一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190412214134j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はコバレフの初防衛戦ですね!

 

両者の紹介

 

セルゲイ・コバレフについて

コバレフは1983年ロシア生まれの36歳。現在はアメリカのフロリダ州在住でこれまでライトヘビー級のトップとして長きにわたって君臨し続ける名王者として活躍しています。

 

身長183センチ、リーチは183センチでそこまで大柄ではないもののガタイはめちゃくちゃでかく、戦績は33勝28KO3敗1引き分け。76%のKO率を誇りライトヘビー級ではベテルビエフと並ぶ破壊的な強打者として鳴らしています。

 

コバレフは三度WBO王座を獲得したスリータイム王者。王座戴冠時は無敗でネイサン・クレバリーを敵地イギリスにてKO、元王者のジャン・パスカルも2度敵地カナダにてKO。WBA.IBF統一王者だった49歳のバーナード・ポプキンスをシャットアウトの判定で下して3団体をまとめ上げました。

 

しかしスーパーミドル級から上げてきた神の子と言われるアンドレ・ウォードに僅差判定で負けて陥落。リマッチではボディブローから右を思いっきりもらってストップ負け。二連敗を喫します。

 

しかし再起戦でシャブランスキーをKOしてWBO王座再獲得。しかし2度目の防衛戦でWBCの指名挑戦者だったエレイデル・アルバレスに 7ラウンドKOされてまさかの陥落。しかもこの試合の前に女性に傷害事件を起こしており現在も係争中。

 

しかーし今年の2月にアルバレスとのダイレクトリマッチに判定勝ちしてパワーだけではなくテクニカルなところと調整力を見せて3度目の戴冠。指名挑戦者のヤルデを迎えることなりました。

 

前置きが長くなりましたが選手としての特徴はその重い左右のパンチを振るう豪腕ファイター。しかし闇雲に振り回すのではなく、タイミングのいいジャブで相手の出鼻をくじいてから右クロス、ガードの外からのフックをねじ込んでくる。

 

彼のパンチはまさに殺人級で現に一人リング禍で命を落としています。まさに鈍器のようなパンチなので当たればダメージは避けられず、しかもアルバレス戦で打ってはサイドに流れるなどテクニックも見せましたね。

 

しかしながらこの選手は打たれ弱い。パスカル戦でもアルバレス戦でも効かされてましたし強打者であるヤルデとの試合は少し不安。ヤルデはボディ打ちも得意なのでコバレフの弱点の一つであるスタミナも削られてしまいそうだ。

www.boxsharpjab.com

 

 

アンソニー・ヤルデについて

ヤルデは1991年イギリスのロンドン生まれの27歳。現在はエセックスに在住しており、アマチュアの経験は少なく国際大会などに出たことはありません。相手がいないことからプロに転向したそうです。

 

ここまでの戦績は18勝17KO。戦績が示す通りかなりの強打者で判定まで行ったのは4回戦の時のみ。これまでの最長ラウンドは7ラウンドで苦戦らしい苦戦もありませんな。

 

WBOヨーロピアン王座、ならびにWBOインターコンチネンタル王座を保持しておりWBOのランキングを着々と上げてきたヤルデはイギリスでは南エリアのタイトルも獲得。前からかなり騒がれており今回ついに挑戦を迎えましたな。

 

選手としての特徴はジリジリ間合いを詰めて強烈な左右ボディ、右ストレートを叩き込んでくるスタイルで一撃で倒すというよりも相手を削って根負けさせてしまうスタイル。

 

コバレフはウォード戦で露呈したようにボディブローを嫌がる傾向があり、特にベルトラインへのボディには過剰に反応する。このあたりをうまく織り交ぜて削っていけば顔面への右フックも当たりそうだ。

 

ただコバレフクラスとの対戦経験は皆無。コバレフクラスの強打者との対戦もしたことがなくヤルデのパンチ力はいいけどもガードの低さ、パンチへの反応には不安が残る。コバレフが間合いから出ずにジャブをついてきた時に追いつける足があるかも疑問だ。

www.boxsharpjab.com

 

 

試合予想

 

今回の予想だがコバレフの判定勝ちで行きたいと思う!!

 

多分コバレフは今回アルバレス戦のように無理にKOを狙わずにアウトボクシングでくると思う。あの試合のコバレフは見事でアルバレスが射程距離に入る前にワンツーを放って射程距離外へ。徹底的に間合いを外してみせた。

 

ヤルデにはパンチが当たる。というか当たりやすいタイプ。ヤルデのパンチはかなり早いし接近戦で織り込むボディはかなり脅威だけどそこに入る前にコバレフがガードの上からでもワンツーを当ててすぐにサイドに逃げて淡々と12ラウンドを走り切りそうかな。

 

ヤルデが勝つとしたら多少の被弾を気にせずに前に出てしつこくボディ。判定での勝利を捨ててボディ攻撃、返しの顔面へのフックで肉薄していけるとメンタルのあまり強くないコバレフには効果はてきめんだと思う。

 

ただコバレフのパンチ力を感じて前に出れなくなる可能性の方が高いかな。正確には強く踏み込めずにサイドに回られてしまう。そのままずるずるとラウンドを消化するパターンに陥りそう。

 

まぁここでコバレフさんに勝利してもらってベテルビエフも勝ってもらうと夢の統一戦が出てくるしコバレフが負けたら多分またリマッチ。キャリアの終盤だし最後にベテルビエフとの剛腕対決を見たいな。まぁヤルデも充分豪腕だけど笑笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

adsense
おすすめの記事