adsense
adsense
pickup

今週末アンソニー・クローラとの試合を控えるWBA.WBOライト級統一王者のワシル・ロマチェンコさん。スーパーライト級への転向は急いでいないようですが、スーパーフェザー級に下がることは考えているようです。

f:id:TBT:20190410231647j:image

メイウェザー"ロマチェンコはデービスのお下がりと判定まで行ってた!"ホワイトupdates!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ロマチェンコは以前から言っている通りライト級を統一した後はスーパーフェザー級に戻る意向のようですな。そしてスーパーフェザー級ではメイウェザーの秘蔵っ子のデービスとやりたいようです。

"多分ライト級の後はスーパーフェザー級に戻ってデービスとの試合を実現させたい。本当だよ。デービスとなら無料でやってもいい。別にお金はいらないよ。目標のためにやることだからね。でもデービスは無料では決してリングに上がることはしないだろう。絶対にね。俺たちはプロモーターが違うからね。これはビジネスだからみんなもわかるだろ?"

ちなみに以下はアラムさんのコメントです。

"ロマチェンコはデービスとの試合をやりたいと思ってる。でもそれはPPVにはならないからビジネスにならない。IBFにはコミーもいるし、マイキーもライト級に残るかもしれない。テオフィモ・ロペスだっているしね。"

無料でやるとかありえへんしデービスとやるならPPVなるんちゃうかな。

ウクライナの最高傑作にして超精密なハイテク!!ワシル・ロマチェンコ!

 

続いて元WBOスーパーライト級王者で現在は地元のロシアで議員か何かをやってるルスラン・プロボドニコフさん。復帰についてはまだ可能性はゼロではないとしています。ちなみに2016年からリングには上がっていませんな。

"今はオフィシャルに休暇を取ってる感じだ。どのくらい長くなるかはわからないな。自分の健康をリスクに晒してるってことを考えなきゃならないよ。ハングリーな時はこの質問を自分にしないよね。でも満たされていて富も名声もあるのなら別にリングに戻る必要はない。だから今はあまりアクティブとは言えないな。若い奴らをモチベーション高くさせて政治的な活動に身を捧げている。"

プロボドニコフはかつてWBOウェルター級王者だったティモシー・ブラッドリーに挑戦。パッキャオに疑惑の判定で勝ったブラッドリーに肉薄してダウンを奪った末の僅差判定負け。この試合はファイト・オブ・ザ・イヤーとなりWBOスーパーライト級王者のマイク・アルバラードをKOして王座戴冠。しかしながら当時無名のクリス・アルジェリにまさかの僅差判定を落として負け、その後はマティセー、モリナに負けてしまいましたな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

リングに吹き荒れる砂嵐 ティモシー・ブラッドリー

 

adsense
おすすめの記事