adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年に行われる予定のWBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

王者トニー・ハリソンvs.ジャーメル・チャーロの一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190306220246j:image

[:contents]

www.boxsharpjab.com

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

 

この試合はハリソンの初防衛戦となる見通しで、立場を入れ替えてのリマッチ。日時は未定ですが対戦は確実視されています。

 

両者の紹介

 

トニー・ハリソンについて

ハリソンは1990年生まれの28歳。ミシガン州デトロイト出身でアマチュア時代から活躍していたそうです。ちなみに元IBF王者のコーネリアス・バンドレイジもデトロイトですな。

 

ハリソンはここまで28勝21KO2敗。2敗のうち一敗はIBF.WBA統一王者のジャレット・ハードと空位のIBF王座を争った時に喫したものでこの試合ではハードを効かせる場面もあったものの 9ラウンドに捕まってTKO負け。2度目のアタックで王座をつかんでいます。

 

前戦ではチャーロの動き出しにジャブ、打ち終わりにジャブをコツコツ当てて常にアウトサイドに。サイドに動いて時折パワフルなコンビネーションを見せて接戦を見事にものにし、番狂わせを演じました。

 

ちなみにハリソンはめちゃくちゃいい人。地元のデトロイトでジムを開いていますが、治安が悪いため子供達をストリートから遠ざけるためにジムを解放したり、ホームレスのために炊き出しやおもちゃを分け与えたりといった活動をしております泣。

 

選手としての特徴は身長185センチ、リーチ194センチのこのクラスでは破格の体格を生かした懐の深いアウトボクサー。ジャレット・ハードやハイメ・ムンギアと比べると線が細いが思いっきり振り抜く右ストレートと鋭いジャブには非凡なセンスを感じる。

 

ただあまりスタミナはないようで、ハードやムンギアのように打たれ強いわけではない。これまでの二度の敗北は失速してきた9ラウンドに捕まったものでチャーロがめちゃくちゃパワフルに迫ってきてハリソンが疲弊すると後半に捕まるかもしれない。てゆーか初戦の前はそうなると思ったな。

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ジャーメル・チャーロについて

チャーロは1990年生まれの28歳。テキサス州リッチモンド生まれで現在はヒューストンに在住。無敗の現WBC世界ミドル級暫定王者のジャーモル・チャーロは双子の兄で世界初の同階級同時双子世界王者となってます。

 

ここまでの戦績は31勝15KO1敗。唯一の敗戦は12月に喫したハリソン戦のみで判定はめちゃくちゃ微妙。ハリソンの正確なジャブを取るかチャーロのパンチの効果の差を取るかかなり難しい判定だったがジャッジはハリソンに付けていた。

 

ちなみに前戦について少し触れると個人的にはドローかなと思った。ただあそこまでハリソンの運動量が少なくチャーロがアウトワークされるとは思わなかったし、後半巻き返してなければハリソンの勝利と採点してたかな。

 

これまでのキャリアで世界に3度挑戦したバネス・マーティロスヤン、トップコンテンダーのエリクソン・ルビン、元世界王者のオースティン・トラウト、ヨアキム・アルシンを破っており文句なしの階級の主役の1人である。

 

その実績を持って期待されていたのはWBA.IBF王者のジャレット・ハードとの階級最強決定戦。しかしハリソンに思わぬ番狂わせを食らって足踏みしてしまった。

 

選手としてはスーパーウェルター級では破格のフィジカルを持つ剛腕ボクサー。強靭な肉体から放たれるワンツーは強力で、ジャブを多用するアウトボクサーである。

 

兄のジャーモルはパワフルで攻撃的だがジャーメルはどちらかというとカウンターパンチャー。相手の入り際に合わせたアッパーや右ショートがかなり強く、これまでKOが示す以上に強烈なKOシーンを生み出してきた。

 

しかしチャーロはあまりパンチへの反応がよろしくない。ハリソン戦でも露呈したようにガードの隙間からジャブをコツコツシーンがトラウト戦でもよく見られた。前回は手数も少なくカメラが拾えるパンチが少なかったことも影響したと思われアグレッシブさがキーになるだろう。

www.boxsharpjab.com

 

試合予想

 

 

今回の予想だがハリソンの判定勝ちでいきたいと思う!!

 

多分この2人の試合はあんまり面白い試合にはならないと思う。なぜなら2人ともカウンターパンチャーだから。イメージはジャーメイン・テイラーvs.コーリー・スピンクス的な。2人ともアウトサイドから基本出ない試合。

 

チャーロは基本待ちなスタイルだし、今回出てくるとはあまり思えない。出てきたとしてもハリソンには過小評価されているソリッドな右ストレートがあるし、あれをまともにもらうとチャーロも結構やばい。

 

ジャレット・ハードとの試合ではハードの入り際に右ショートを合わせてあのハードを効かせたハリソンの右のカウンターがあったからこそチャーロも安易には出られなかったわけだし今回も同じかな。

 

だからといってチャーロがハリソンとジャブの差し合いで勝てるとも思えない。ディフェンス、パンチの反応はハリソンの方が上だし、リーチも上。ハリソンが失速して捕まらない限りは似たような展開で僅差判定かドローで逃げ切りそうな気がする。

 

だけどもまぁぶっちゃけわからない。ハリソンって打たれて強くはないし、パワーではチャーロの方が上。初戦であの右を何発か食らって効いた場面もあったし大崩れさえしなければハリソンかな。

 

そしてチャーロが前回から大幅にスタイルを変えてめっちゃ前に来るとはあまり思えない。そもそもカウンターパンチャーだし、一撃狙いのカウンタースタイルで勝負をかけてきそうだな。

 

でもまぁ個人的にはハリソンには頑張ってもらいたい。なぜならハードと並んでいい人だから。一方のチャーロはボクサーとしては素晴らしいけどDVしていたこともあるしやっぱり応援するならハリソンかな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com

 

 

adsense
おすすめの記事